« お怒りのことでしょう | メイン | マドリーダービーが放映されなかった事の真相 »

思いは届く

2007年08月27日

開幕戦、対ヘタフェ戦で突然倒れ、心肺機能停止と生命の危機にさらされたセビージャDFプエルタ。最悪な状態は免れているものの、引き続き危険な状態が続いており、緊急治療室での治療が必要とされている。

セビージャはプエルタ、そしてその家族を勇気付けるためのメールを受け付けている。言語の違いがあってもその思いはきっとプエルタの元に届くはず。

メール先
puertaestamoscontigo@sevillafc.es

プエルタ・エスタモス・コンティーゴ:プエルタ、自分たちは君と共にいるよ

セビージャFC公式HP

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com