« 2007年5月 | メイン | 2007年7月 »

才能がつぶされないか心配です。

070314Osasuna_RGarcia_016.jpg

ナバーラのランパードことラウール・ガルシア

なんか強そうだ

地元紙報道ではアトレティコ・マドリーがビジャレアルのFWフォルラン、MFリケルメ獲得に興味を示しており、数日中にも正式に発表されると言われているが、そのほかにも噂されているクアレスマや、ガジェッティの代わりとなる出戻り組のルイス・ガルシア、既に獲得済みのラウール・ガルシア、アッビアーティ、そして移籍が噂されているがフェルナンド・トーレスと豪華なメンバーがそろっており、来季も「もしや」と思わせるメンバー構成とコルチョネロはなっている。

どちらにしても…

レアル・マドリーはカペッロ監督の解任を決定。契約解除金として500万から1000万ユーロがイタリア人監督に支払われるとのこと。監督就任が噂されているシュスターとは既に仮契約を結んでおり、契約が破棄された場合はシュスターに100万ユーロを払う条件がついていると言われているが、どちらにせよ、マドリーは無駄な金を使うことに。

かわらないのは

セビージャ会長ホセ・マリア・デル・ニードはペーニャとの討論会でセビージャの中で変わらないものはチームフラッグ、エンブレム、サポーターだけで後は代わりが効くものとコメント。

チームにはその時の最高の人物がいなければいけないし、チームを去りたいものがいるのであれば引き止める理由はないと話し、選手、フロントを含め今季以上のチームを作り上げていくことを目標に挙げている。

又、マドリーが獲得に興味を示しているダニエル・アルベスについては、もし市場価格以上のオファーが届いた場合はアンタッチャブルな選手はいないし、アルベスの件も同様とマドリーのオファー次第では移籍に合意する考えを明かしている。

セビージャに似ている

セビージャからレバンテに移籍したダビ・カステードはレバンテのプロジェクトは自分がセビージャに入団した時と似たプロジェクトで、自分がセビージャで得た幸運の半分でもレバンテで獲得出来ればと話している。

また、来季の目標として、「一歩ずつ進んでいくことが大事で、まずは苦しまないでプリメーラに残留することが目標。もし何節か残して残留を決めた場合はプラスアルファを求めていく」とコメント。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

ギリシャへ

アトレティコ・マドリーは元アルゼンチン代表MFガジェッティのオリンピアコス移籍を発表。違約金について正式な発表はないものの、2500万ユーロと言われている。

サラゴサから移籍してきたガジェッティだったが、期待されたほどの活躍を見せることは出来なかった。2シーズン72試合で5得点の成績を残すだけに終わった。

フリーでお願いします

来季のバルセロナの構想外となっているモッタは、他チーム移籍の道を探しており、そのステップとしてクラブと代理人が交渉し、違約金のかからないフリー選手での移籍を望んでいる。

ロナウジーニョの親友であるブラジル人MFの移籍先はイタリア・セリエAが有力と言われている。

子供の夢のクラブか

ヘタフェからバレンシアに移籍したアレクシスはアリスメンディ同様に、「自分にかけたクラブの信頼に感謝しているし、それをピッチの上で返していきたい。子供の時と同じ思いを持ってバレンシアにやってきたし、その夢が現実になった」とバレンシアでプレーできることの喜びをあらわしている。

又アレクシスはチームを退団したアジャラを素晴らしい選手ではあるが、自分は自分で彼は彼と比較されることを嫌い、自分がすることは厳しいトレーニングを積んで大きなタイトルを取ることとコメント。

いつものアスレティックに戻れるように

600万ユーロでオサスナからアスレティック・ビルバオに移籍したMFダビド・ロペスは、入団発表でアスレティックが以前のような順位に戻れるようにチームに力になりたいとコメントした。

ダビド・ロペスはオサスナに別れを告げることは苦渋の決断だったと話した。オサスナは何度もオファーを出してくれたものの合意に達することが出来ずなかったがその時にアスレティックからのオファーが届いたとのこと。ダビド・ロペスはこのオファーに感激し、その時点からオサスナ、選手両者にとって良い道を探したとのこと。

もう、リーガではみられない…

Zipango_0705_009.jpg

その判断はどうなんだ

ウエストハムに所属しているアルゼンチン代表FWテベスはレアル・マドリーが獲得に興味を示していたことを明らかにしたが、マドリーのオファーよりもセリエAのチャンピオン、インテル・ミラノのオファーのが魅力的だと20世紀最高のクラブでプレーするチャンスを蹴っている。

テベスは、「インテルはビッグクラブで自分が来季プレーする可能性のあるチーム。マドリーも興味を示したけど、代理人は自分の考えを分かっており、マドリーよりもインテルの方が良い」とコメントしている。

以外にあってるかも

マルセリーノに袖を振られたベティスは新たな監督候補として元バレンシア、マジョルカ監督のクーペル就任を検討しているとのこと。アルゼンチン人監督にはレッドスターからもオファーが届いており、現在検討しているとのこと。

クーペルはサイドを基点としたカウンターサッカーをスタイルとしており、マジョルカでは成功することは出来なかったが、オドンコル、エドゥとクーペルサッカーを体現させる選手はそろっている。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

戻らないと

ボカ・ジュニオールズにレンタル移籍していたビジャレアルのアルゼンチン人MFリケルメはボカの活躍から代表にも復帰し、満足しているとのことだが、コパアメリカ終了後は2年契約が残っているビジャレアルに戻らなければいけないとコメントしている。

とはいえ、既にビジャレアルでの居場所はリケルメにはなく、この夏の移籍市場の主役となることは間違いない。

結果は違うもの

永遠のライバルセビージャとベティスのサポーターの数はアンダルシアではセビージャがベティスを上回り、スペイン国内ではベティスがセビージャを上回る結果が出ている。

また、今シーズンの結果について、セビージャはクラブ、フロント、選手全ての成功だと答える声が一番多いのに対して、ベティスは最高株主であるマヌエル・ルイス・デ・ロペラの責任と答える声が一番多かった。それを象徴するようにベティスに栄冠をもたらしたセラ・フェレールがクラブの百周年行事に参加した際、フェレール会長コールをサポータは行っている。

明と暗

喜びにわくセビージャメンバー

Zipango_070623_002.jpg

がっくり肩を落とすメンバーを励ますヘタフェサポーター

Zipango_070623_001.jpg

晴れて入団

アーセナルからバルセロナへと移籍したフランス人FWアンリの正式入団発表に30,000人のサポーターが駆けつけた。午前中にメディカルチェックを行い、古傷を重点的に検査した結果、筋力差から来る問題であることが判明し、プレシーズン前までに足りない筋力をアップさせることが課題としてアンリに課されている。

アンリは、「バルセロナのユニホームに袖を通すことが出来、満足している。早くプレーがしたいし、サポーターに自分の力を証明したい誌、大きな期待をかけてくれたクラブの期待を裏切らないようにチームに貢献したい、多くのタイトルを取ることを期待している」とアスールグラナの一員としての初コメントを残している。

ライバルチームへ

デポルティーボ・ラ・コルーニャは退任したカパロスの後任としてロティーナが監督に就任することを正式に発表。ラ・レアルとの契約が切れたロティーナは「スペイン、そしてヨーロッパで実績を残したチームを指揮できることは誇りに思えること」と就任を喜んでいる。

ロティーナはちなみに過去にセルタで監督をしており、来季は実現しないが、ガリシアダービーの因縁を深めるものとなりそうだ。

小マドリー化へ

中堅どころの選手をしっかりと補強し、若手の出番が少なくなり始め、小マドリー化の道を進んでいるビジャレアルは今季セグンダに降格したセルタのMFボルハ、レアル・ソシエダのシャビ・プリエト獲得に興味を示しているとのこと。

セルタの元スペイン代表MFにはトッテナム、エバートンのイングランド、そしてフランスのリヨンが同様に獲得に興味を示しているとのこと。スペイン国内ではビジャレアルをはじめ、バレンシア、サラゴサが興味を示しているが、セルタの違約金設定によるとのこと。

また、シャビ・プリエトはラ・レアルの中でも高額年棒の選手で、さらに契約が残り1年のため、放出の可能性が高く、サラゴサ、エスパニョールが興味を示している。

ビルバオもいいね

カヌーテ、ルイス・ファビアーノ、ケルジャコフ、チェバントンの実力派FWとのポジション争いに敗れているFWケパには多くのクラブからオファーが届いており、その中のひとつとしてウルサイスが退団したアスレティック・ビルバオがある。ケパ自身もビルバオ移籍を悪く思っておらず、以前から届いてヘタフェ、レバンテとのオファーを比べ、検討するとのこと。

どっちだ?

セビージャか

Zipango_0705_013.jpg

それともヘタフェ

Zipango_0705_007.jpg

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

夢がかなった

バレンシアと6年契約を結んだFWアリスメンディは、「プロを目指す少年であれば誰もが持つ夢、ビッグクラブでプレーするという夢を自分は実現できて満足している」と喜びをあらわした。

またアリスメンディは、ビジャ、モリエンテス、シルバとの厳しい先発争いが待っているが、「自分は選手として成長する気持ちがあるし、彼等との競争はそれを手助けするものだし、クラブにとって良いこと。とにかく自分に期待をかけてくれたクラブを裏切らないようなプレーをしていく」と前向きなコメントを残している。

日本はどうでしょう

11シーズンのアスレティック・ビルバオでのプレーに終止符を打ち、35歳という高齢のため、引退が噂されていたウルサイスだが、自分の納得できるプロジェクトがあれば現役を続行する意思があることを伝えている。

現時点ではリーガ、海外でやるかは未定とのことだが、プレミアリーグの下位チーム、メジャーリーグサッカーのオファーも検討の余地があることを明らかにした。

空気が読めない奴

国王杯決勝を前にカヌーテの代理人がプレミアリーグ復帰をマリ代表FWが希望しているとコメントしたことについて、セビージャ会長デル・ニードは「カヌーテの代理人は空気を読むことが出来ない人物だ。スペインにいないのだから、いうべきことを知らない。選手と話したが、やる気にあふれていてスペインのチャンピオンになることを考えている」と批判した。

さらにデル・ニード会長はカヌーテ自身も代理人の発言の意図が分からないと告げたことを明らかにし、時にひとは間違いを犯すものと寛大なところを見せている。

でれなそう

エスパニョールは来季のUEFA杯特別枠の申請をしていたものの、UEFAは却下したことが判明。エスパニョールはセビージャが来季CLで戦うこと、同大会で一度も負けずにPK戦でカップを獲得することが出来なかったこと、フェアプレー賞を理由に挙げ申請していたものの、UEFAは叙情酌量の余地はあるが、基準を変えることは出来ないとカタルーニャのクラブの申請を受け入れることは出来なかったとのこと。

決勝にいないのが残念です

070401Getafe_Pato_005.jpg

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

どうしても欲しい

リバプールはアトレティコ・マドリーのスペイン代表FWフェルナンド・トーレスを補強リストの1番に上げており、違約金2400万ユーロ取るいす・ガルシアのオファーを提示したとイギリス紙が伝えている。

同紙によると他クラブが食指を伸ばす前に移籍を成立させたいと考えており、水曜日に既にクラブ同士のコンタクトを取ったと報じている。

居場所がない

レンタル先のボカ・ジュニオールズを南米王者に導く活躍を見せたMFリケルメだが、所属先のビジャレアルでプレーする可能性はないとのこと。ボカ会長マクリも同選手のアルゼンチンクラブ残留を不可能とみており、他クラブへの移籍が濃厚となった。

ビジャレアルの取締役の1人であるジャネサは「リケルメがワールドクラスの選手であることを証明したが、ビジャレアルでプレーする可能性はない。今は移籍の一番のオプションを探しているところ。オファーには事足りており、現在検討中である」とコメント。

マラドーナはナポリへの移籍を進めているが、現時点ではリケルメの来季はまったくもって未定の状態である。

どこへ?

レクレアティーボ・ウエルバの監督の座を今季限りで退くマルセリーノ。ベティスの監督就任が濃厚だが、代理人のエウヘニオ・ボタスは来週月曜日まで決断を待つことを明らかにした。マルセリーノにはベティスのほかにもポルトゥガルが退団したラシン・サンタンデールも興味を示しており、動向が注目されている。

これ以上は負けん

サラゴサはレアル・マドリーが興味を示しているアルゼンチン代表DFガブリエル・ミリートの違約金を2500万ユーロ以下に下げることはないと伝えた。

エドゥアルド会長はスペインのクラブにサラゴサの選手誰一人違約金以下の金額では譲渡しないことを宣言。既にディエゴ・ミリートはマドリーと口約束を結んでいるというが、アルゼンチン人DFがリーガに来た時にひざに問題があると難癖をつけたのはそのマドリーである。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

あなたはどこへ?

070401Getafe_Schuster_007.jpg

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

出来ないことをやりたい

オサスナからアトレティコ・マドリーに5年契約で移籍したMFラウール・ガルシアは「アトレティコはビッグクラブでオサスナで出来なかったことを達成したい」と新天地での活躍を誓った。

また、アトレティコでプレーすることのプレッシャーについては、「どのチームでもプレッシャーはかかるもの。それにアトレティコでプレーすることの難しさもわかっている」と強気の姿勢を見せている。

どこ?

マジョルカ戦のヒーローレアル・マドリーMFレジェスにスペインのクラブ3チームからオファーがあることを代理人のモヤがBBCのインタビューで明らかにしている。レジェスの移籍はアーセナルとオファーの内容次第とのこと。

移籍が噂されていたアトレティコ・マドリーは現時点ではセビージャ出身MFに対しての興味はないことを明らかにしている。

契約延長

バレンシアはMFバラハとFWシルバと契約延長で合意に達したことを発表。両者とも契約年数はクラブの意向で明らかにされていない。バラハは来年、シルバは2011年までの契約があった。

戻ってみせる

再びじん帯損傷の重症を負ったビジャレアルDFゴンサロは医師に症状を告げられた時に全てをやめようかと思ったと絶望の淵にたったことを告白している。とはいえ、チームメートをはじめ多くの人の励ましによって勇気付けられ、再びピッチに立つという意思が湧き上がって来たこともコメント。

またゴンサロは、「リハビリは心身ともに苦しいものだが、6,7ヶ月で再びプレーが出来るようにする」とミニャンブレス、バレロンと度重なる同箇所の故障で元のレベルに戻ることが出来てない選手もいるが、自分は絶対にピッチに戻ると宣言している。

金を払え

エスパニョールの第2GKゴルカはチームを退団しアスレティック・ビルバオへ移籍する意思があることを会長のサンチェス・リブレに伝えている。サンチェス・リブレは「選手が移籍したいときは90%チームを離れることになるだろうが、その前に違約金があり、アスレティックの提示したものはエスパニョールを満足させるものではない」と合意に達していないことを明らかにした。

エスパニョールはゴルカの違約金を600万ユーロと設定している。また同様に来季の補強としてレアル・マドリーからGKカシージャを獲得したことを発表している。

またあの舞台に

今季でクラブと契約の切れるエスパニョールMFデ・ラ・ペーニャはカタルーニャ第2のクラブと2年の契約延長に合意したことを発表した。また、目標として再びUEFA杯決勝の舞台に立ち、勝利することを挙げている。

契約延長を決めた理由としてデ・ラ・ペーニャは、「入団してからずっとクラブは自分に素晴らしい接し方をしてくれていたし、多くの友達がここにいる」ことをあげている。

申し訳ないけど…

セグンダに降格したレアル・ソシエダはFWサビオに契約延長のオファーをしたものの、15年間トップカテゴリーでプレーしていたことと、テクニックよりフィジカルがものをいうセグンダでプレーすることに不安を感じたことからブラジル人FWはラ・レアルがセグンダに落ちた悲しみに満ち溢れながらもオファーを受け入れることは出来ないと断りを入れている。

また噂されているレバンテ移籍については現時点では何もないと否定をしている。

ごめんなさい

オサスナはグラスゴーレンジャースからDFクエージャルにオファーが届いていたものの、正式に断りを入れたことを発表。拒否の理由としてスポーツディレクターのロレンソは金額が選手を本当に欲しいと思えるものではなかったと語っている。

また、来季契約の切れるダビド・ロペスに契約延長のオファーをしたものの、MFに契約延長の意思はなくチーム退団を考えているとロレンソは語り、他クラブへの移籍も検討せざるを得ないと話している。移籍先としてはアスレティック・ビルバオが濃厚とのこと。

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

有終の美を飾った2人

despedidas de dos clacks.jpg

王者に挨拶をしろ

リーガタイトルを獲得したレアル・マドリー。サポーターは2年前バルセロナが優勝した時のエトーの叫びを許すことなく、マジョルカ戦中、優勝パレードが行われたシベレス広場、優勝報告会の市庁舎で「エトー、くそったれ。王者に挨拶しろ」と何度も歌っていた。

シベレス広場には日曜日の深夜に関わらず25万人以上の人々が訪れ、30回目のリーガタイトルを祝福。とはいえ、パレード終了間際に警官隊とのいざこざがおき、100人以上が軽症という騒ぎとなった。翌日、マドリーは市庁舎、市役所、大聖堂に優勝報告を行い、沿道には老若男女が集まり、ラウール、グティの両キャプテンが掲げるカップに感嘆の声を上げている。

契約延長

マジョルカとDFバジェステロスが2009年までの契約延長で合意に達したことをクラブが正式に発表。現在マンサーノマジョルカで必要不可欠な存在のブッファローだが、クーペル監督時代は起用方法に不満を示し、ベッカムと同じようにメンバーから外されていた。

お隣へ

リーガ優勝を決める2ゴールをマジョルカ戦で決めたレジェスだが、マドリー退団は濃厚。イングランドの気候を気に入っていないことからアーセナル復帰を拒否しており、スペイン国内への移籍が話され、地元ラジオはお隣のアトレティコ・マドリーへの移籍が来週にも成立するとのこと。

セグンダでも

セルタ会長カルロス・モウリーニョはストイチコフが来季も監督を続けることを確認した。ストイチコフは続投会見の中で、「プリメーラに昇格すること、自分達を支えてくれているサポーターを助けることが主要の目的」とコメントしている。

El principal objetivo es "subir a Primera División y ayudar a la afición que tanto nos ha apoyado", señaló Stoichkov, que añadió que se modificaría el horario de entrenamientos del fútbol base para posibilitar su supervisión, de los que apuntó "que debe ser el tesoro de este club", mientras que Ramón Carnero evitó por el momento dar una opinión sobre las posibilidades de ascenso del equipo.

カテゴリ - セルタ

固定リンク

かっときゃ良かった

アトレティコ・マドリーが獲得を目指しているFCポルトのポルトガル代表FWクアレスマの違約金は合意寸前までいった冬の移籍市場より1000万ユーロ高い2500万ユーロに設定されていることが明らかに。

ポルトはナニをマンチェスター・ユナイテッドに売却したことからクラブの経済事情が回復したことと、クアレスマが今シーズン素晴らしい活躍を見せたため、強気の違約金設定をしている。もし・アトレティコがポルトガル代表FWを獲得したなら、クアレスマはクラブ史上最高金額での移籍選手となる。

ありえないこと

試合出場を巡りFIFA、マリ代表、クラブの3者にもてあそばれたと怒り心頭のセビージャのマリ代表FWカヌーテは、「FIFAはアフリカの代表を軽視しているし、クラブも自分を重要な選手だと思っているなら契約の見直しをすべきだ」と爆発。

セビージャのスポーツディレクターモンチはこの発言を受けながらも特に問題視するつもりがなく、報道されていることは選手本人の意思とはまったくかけ離れたものとコメントしている。

早く探さないと

今季終了後に退団が予想されるガブリエル・ミリート(ユベントス移籍)、ピケ(マンチェスター・ユナイテッド復帰)の後釜としてサラゴサはデポルティーボ・ラ・コルーニャのアルゼンチン人DFコロッチーニ、そしてウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンの獲得を検討している。コロッチーニには多くの恋人がいるものの、いかれの違約金は400万ユーロまで下がってきている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

幸せなきがしない

シーズン最後の試合の前に今季の総括を質問されたバレンシア監督、キケ・サンチェス・フローレスだったが、数日前にサポーターが練習場で抗議を取ったことなどから、ここ数週間幸せだと感じるモチベーションがないとコメント。

けが人が続出し限られた戦力の中で戦い抜いた難しいーシーズンながら、目的であるCL出場を確約しても認められず、サポーターから罵倒され、選手たちも気持ちが切れ、早くシーズンを終えバケーションに入ることを望んでいる暗い雰囲気に包まれた悲しいシーズンの終わり方と意気消沈している。

マジョルカ戦出場となったが、何故?

Zipango_0705_010.jpg

終わった

サラゴサのアルゼンチン代表DFガブリエル・ミリートはスペインでプレーするサイクルは終わったと考え、新たな挑戦として来季ユベントスでプレーすることを認めている。
ミリートはイタリア誌のインタビューで、来週が自分の将来を決定する大事な一週間で、全てが上手く解決する音を望んでおり急いではいない。とにかく今の自分の気持ちはユーべでプレーすることとコメントしている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

不安が一番の敵

プリメーラ残留を争っているアスレティック・ビルバオのユーティリティープレーヤー、イラオラはレバンテとの試合の前に普段どおりにプレーすることが一番で不安を取り除くことが何よりも大事なことと話している。

イラオラ
「平常心でプレーすることは十差には不可能なことだが、自分達は不安が自分達に影響しないよう、影響したとしても少なく影響するようにしなければいけない。難しい試合になることは間違いない。レバンテは全力で来るだろうからね。けど、自分達は勝ち点を重ねる自信を持っている。今シーズンはずっと降格圏内か、その近くをうろついていた。望んではいなかったが避けることは出来なかった。前向きに考えると、自分たち自身で残留が決められることだろうね」

また怪我…

4月に十字じん帯断裂の怪我から半年振りに復帰したビジャレアルのアルゼンチン人DFゴンサロ・ロドリゲスだが、木曜日の練習で再び右ひざ十字じん帯を痛め全治6ヶ月の診断が下されている。

ゴンサロは約1年の間で右足首のじん帯、そして2回のじん帯損傷と3度の重症を負ってしまった。そのため期待されていたアヤラとのアルゼンチン人CBコンビも早くても冬の移籍市場前後となる。

タオルは投げない

前節、終了間際のPKをサビオが外し、指先だけでプリメーラ降格の崖を必死で耐えているレアル・ソシエダ。FWコバセヴィッチは自分たち自身で決められない厳しい状態だが、決してタオルを投げずにバレンシア戦に勝利し、吉報を待つことを望んでいる。

コバセヴィッチ
「自分達がひどい状態にいることは分かっている。他のチームの結果次第だからね。けど最後まで挑まなければいけない。サッカーではいろんなことが起こりえるもの。オサスナ、ラシンに勝つと思っていたけど勝つことは出来なかった。自分達のいい結果が出ることを望んでいる」

この場で解任って…

070217Betis_LuisFernandez_.jpg

カテゴリ - ベティス

固定リンク

勝利

レアル・マドリーはロビーニョの次節マジョルカ戦の出場をFIFAから許可するFAXを受け取ったことが判明した。ブラジルサッカー協会はコパアメリカ準備のためにロビーニョの早急の代表合流を要求し、要求が飲まれない場合は14日前合流の規則をたてにマドリーをFIFAに訴えるとしていたが、FIFAはマドリーの主張を認めている。

また同様にマリ代表ディアラーも出場が認められたことが明らかになっている。

ウルトラス、選手に罵声

レバンテとのダービーで大敗を喫したことで我慢の限界に達したウルトラスが13日、練習場に訪れ、カニサレス、モリエンテス、ビジャなどをはじめ多くの選手に罵声を投げ掛け、胸にユーロのマークをかいたユニホームの横断幕を出すなどを出したために練習は中断し、グラウンドを変えざるをえなかった。

走らない、傭兵、女好き、良い選手は退団し、腐ったチームにしか選手は残らないと言いたいことをいうバレンシアサポーター、選手たちが出てくるときにも、まだお前たちは二日酔いか、恥ずかしくないのか、何でそんな大敗ができるんだ、誇りなんて何もない、体が痛いならもう2度と日曜日にプレーするなといった罵声を飛ばし続けていた。

後悔するよ

マジョルカのバルセロナ出身DFフェルナンド・ナバーロはラモン・カルデロン会長がウィ人グランをしたことは見ていないが聞いており、またチャンピオンにもなっていないのにそのような行為をしたことはきっと後悔することになるとコメントし、マジョルカが全力をかけてベルナベウでの勝利を目指していくことを宣言している。

また、元チームメートから一泡吹かせるように注文されていることもモチベーションにつながっているとのこと。

苦労するよ

ナスティック・タラゴナの元レアル・マドリーFWポルティージョはホームスタジアムではセビージャ、サラゴサも勝てず、バレンシアも引き分けにするのがやっただったと話し、まるで勝利が規定路線のようであるバルセロナだが、勝つためには一汗かかなければいけないとやすやすと勝利を譲るつもりがないことをコメント。

風が吹いている

サラゴサの左サイドバックフアンフランは金曜日の練習で鎖骨を骨折し緊急の手術が必要の重症でレアル・マドリー戦の欠場が決まった。エスパニョール戦、レクレアティーボ・ウエルバ戦そして今回のサラゴサ戦を前に相手チームのレギュラー選手が離脱とタイトル獲得の風はレアル・マドリーに吹いている。

また、UEFA杯出場権を確定させたいサラゴサにとっては出場停止のディオゴとあわせて、左右の両バックが欠場と苦しい状態に追い込まれた。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

言われたとおりにするだけ

クラブ憲章がかわる為、新オーナーが生まれる可能性のあるデポルティーボ・ラ・コルーニャ。MFクリスティアンはもし新オーナーが他の街へ行けといわれれば選手たちは行くだけで誰がNOと答えることが出来るのだろうと答え、経済に問題のあるクラブにお金を持ったオーナーが来て、いい選手をとったら誰も文句は言わないだろうし、それが出来なければカンテラを育てるしかないと話している。

体が言うことを聞かなかった

オサスナ退団が決まったバルドは退団を決めた理由として経済的なものでなく体が新しい挑戦を望んでいたことを話し、プリメーラデビューのチャンスを与えてくれ、選手として成長できたオサスナには感謝しているし、誇りと満足感、いつも心にはオサスナを抱いていくとコメントしている。

またエスパニョールへの移籍が噂されているも現時点ではどのクラブへ移籍するかは決断していないことを明らかにしている。

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

期待の若手獲得

レバンテは来季の補強としてカステジョンの若手FWナタリオを獲得することが濃厚となった。来週中にも交渉をまとめるとのこと。契約期間は4年となる。ナタリオはスピードと得点感覚が売りの今季のセグンダで活躍を見せたニューフェースでプリメーラの数チームが獲得に興味を示していた。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

同じ制裁を受けなきゃ

元ブラジル代表仲間であるバルセロナFWロナウジーニョのカードの取り消しをを訴えている点について、エメルソンはレッドカードに相当するファールを犯したのだから他の選手同様に制裁を受けなければいけないとカード取り消しに否定的なコメントを残した。

眼中なし

バルセロナのポルトガル代表MFデコは自チームをはじめ、レアル・マドリー、セビージャにとって大事な節であることを認めており、「今週が決定的な節になる。何故なら2チームは躓かないだろうと南のチームのことを忘れたコメントをしている。

また、バルセロナダービーについては相手も死ぬ気で戦ってくるはずだが、気を抜くことは出来ないとエスパニョールを警戒している。

3選手退団

オサスナはミロセヴィッチ、ムニョス、バルドの3選手が来季オサスナのユニホームを着てプレーしないことを発表。ミロセヴィッチには契約の意思がないことを伝え、ムニョスには契約延長の打診をしたものの、オサスナ育ちのMFは1年の契約延長オファーでは納得せずにアスレティック・ビルバオへの移籍が濃厚とのこと。

またバルドにも昨年12月30日に3年契約のオファーをしたものの合意に達せず今回の決定となっている。また元レアル・マドリーのMFがスペインのクラブへ移籍した場合はリーガ規則によってオサスナに獲得クラブから140万ユーロが支払われるとのこと

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

片手で足りる

ディオゴが不在のため右サイドバックでプレーするかもしれないサパテルはプロとして同ポジションでやったことは片手で足りるくらいで、左サイドでは去年国王杯でマドリーを6対1でプレーしたことがあると戸惑いを見せている。

ともかく、監督がどのような決断をするかわからないが、今はチームを助け、勝ち点を重ねることだけを考えているとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

オーバーヘッドは決めたものの…

Valencia_Villa.jpg
欧州選手権予選対リヒテンシュタイン戦で、ロスタイムのPKをはじめ、多くの決定的なチェンすをふいにしてしまったビジャ。

来季は8月26日開幕

今季はどのリーグよりも長い日程だったリーガだが、来季はユーロコパの関係から8月26日に開幕し、5月18日に閉幕することが濃厚となった。また、国王杯決勝は4月16日に開催されることに。

また、代表戦、ヨーロッパ戦などで水曜日の日程が埋まっており、リーガ第5節、10節、36節の3節が水曜日開催になるとのこと。問題は試合が順延された場合に代替開催日がないことで、まずは両クラブから合意が得れた場合に月曜、もしくは火曜日に開催することが検討され、合意が得られなかった場合にはスペインサッカー協会が開催日を決定するとのこと。

カテゴリ - その他

固定リンク

続けますよ

昨シーズンに比べて出場回数が減ったため、ローマをはじめ多くのクラブがラブコールを送っていたセビージャのイタリア人MFマレスカだが、代理人は将来的にはイタリアに戻るだろうが、来季もセビージャでプレーすると明言している。

代理人は残留の理由として選手本人がセビージャの街を、クラブの雰囲気、チームを気に入っており、移籍をする理由は見つからないとのこと。

2人そろって

レンタル移籍中だったディオゴとダレッサンドロの2人が正式にサラゴサの選手となったことをクラブが発表。両者とも4年の長期契約となりサラゴサの中心選手としての更なる活躍が期待されている。

両者の交渉は数ヶ月前から行われていたが、今週になってようやく話し合いに決着がついている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

頑張ります

ヘタフェのウルグアイ人MFアルビンは今季怪我がちだったため、満足のいくシーズンを送ることは出来なかったが、アンヘル・トーレス会長が来季の一番の補強になると声をかけてくれたことにとても光栄なこととクラブの最高責任者が信頼してくれたことに喜びと来季の活躍を誓っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

続けるよ

レアル・マドリー移籍が噂されているACミランのカカーはイタリア紙ガゼッタ・デッロ・スポルトのインタビューで、共に2011年まで契約のあるアンチェロッティ監督と話をし、多くのタイトルをミランで取っていくことを語り合ったことを明らかにし、未来を自分達は決断したとコメントしており、ブラジル代表FWを熱望しているラモン・カルデロン会長に大きなダメージを与えている。

また副会長のガッリアーニはリーガ今季終了後にFWの補強としてラブコールを送り続けていたロナウジーニョではなく、市場に出るかどうかは分からないがエトー、そしてマドリーのエメルソン獲得に乗り出すことを宣言している。

うちの元会長だから

ベティスDFフアニートは月曜日、筆頭株主のマヌエル・ルイス・デ・ロペラがペーニャに対して6000万ユーロで株を売却することを発表したに関して、ロペラはベティコで自分達を助けたいと思っているし、今の地位をつづけたいと考えているから、設定した高い値段で株を売ることはないと元会長の心理を読んでいる。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

タイトル戦だ

サラゴサDFセルヒオはレアル・マドリーとの試合はUEFA杯をかけた大事な一戦でモチベーションは上がるものだし、サラゴサにとってタイトル戦と同じものだと息巻いている。

また、シーズン終盤恒例の第3者ボーナスについてはサラゴサには必要のないものとだけコメントし,力以上の何かが働いているといわざるをえないマドリーの快進撃についてはマドリーが自信をつけていることは認めているが、試合はして見ないと分からない毎回違うものと特に警戒をしていない。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

意味がない

セルタのブラジル人FWバイアーノはアスレティック・ビルバオ、ベティスが負けることを望む前よりも自分達が全力を出し、プリメーラ残留のラストチャンスとなるアトレティコ・マドリーに勝利することが何よりも大事であるとメンバーの決起を期待している。

セルタは次節の敗戦がセグンダ行きを決定するため、ヨーロッパを狙うアトレティコからの勝利が絶対必要。

カテゴリ - セルタ

固定リンク

わからない・・・

今季開幕前には大きな期待と共に迎え入れられたカペッロ監督は、結果が出ないだけでなく、つまらないサッカーと批判をされ続けてきたが、ここに来てリーガのタイトル争いをしているからか、MARCAのアンケートでもリーガを獲得した場合、マドリーの監督をイタリア人は続けるべきと56%が答えている。

CL敗退後などは、シュスター監督待望論が占めていたものだが、結果を出すだけで趨勢が大きく変わるスペイン人の気持ちの切り替えの速さを褒めるべきか、一貫した主義主張のなさを嘆くべきかは判断に迷うところ。

笑うしかない

2試合の出場停止処分を受け、今季の出場が不可能となっているベティスMFカピは同様の立場であるロナウジーニョが1試合の出場停止の裁定が下された上、その上その制裁も解かれるようなことがあった場合はもう笑うしかないと現在のサッカー界に失望している。

カピは空を見上げて叫んだことが審判への暴言となり、2試合の出場停止処分となったにもかかわらず、ロナウジーニョの明らかなラフプレーが1試合の出場停止になったことに不満とのこと。

またフアンデ・ラモス監督にサポーターがペットボトルを投げたことでホームスタジアムでの3試合の開催を禁止されたベティスと、有名な子豚の丸焼きの頭を投げ入れ、ホームスタジアムの試合開始が禁止されながらも引き伸ばされているバルセロナと今のサッカーは全てビジネスがまとわりついていると辟易している。

現在カピは2試合の出場停止処分が少なくとも1試合になることを望んでいるとのこと。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

俺らのせいじゃない

エスパニョールDFラクルスはカンプノウで行われるバルセロナダービーでエスパニョールが勝ったとしても、自分達の勝利がバルセロナがタイトルを逃した最大の原因ではないことを強調。

もちろん、ラクルスはダービーは重要な試合で、余計な雑音には惑わされずにサポーターに喜びを与える勝ち点3を取りにいくことを宣言。また、それぞれのチームが長いシーズンの中で自分達に相応しいポジションを目指して戦っていると話した。

帰らない

母国アルゼンチンでリーベルプレート復帰が噂さされているダッレサンドロだが、その噂を可能性はゼロと完全否定し、サラゴサに残り長くプレーすることを希望し、クラブが早くパスを買うことを望んでいる。

また、ダブル司令塔の相棒であるアイマールにはトルコのブルサスポルが興味を示しているとのことだが、手放すつもりはなく、獲得資金の約3倍となる違約金3000万ユーロを伝えたとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

頭を打ち付けたい

バルセロナのアルゼンチン人FWメッシはレアル・マドリーと最大10ポイント差があったにもかかわらず、今では立場が変わってしまったことにチーム内は壁に頭を打ち付けたいと思っていることを明らかにした。

ともかく、今は過去を振り替えらず、残り2試合に勝利し、マドリーがタイトルを獲得しないように取りこぼしを期待しているとのこと。

選手より大事なこと

ビジャレアルのフランス人MFピレスは強いチームを作るには良い選手を集めることよりも、良いロッカールームの雰囲気を作ることのが大事だとビジャレアルが好調の理由画ロッカールームにあることを上げている。

ピレス
「強いチームを作るうえでの成功の秘訣は良い選手を集めることより、良いロッカールームの雰囲気を作ること。もしロッカールームの雰囲気が良ければ、選手たちは一つになり、楽しめるし、誰がでても同じような力を発揮できる。今、チームはその状況になっているし、以前はいろんなことが起こりすぎた。ソリン、リケルメの移籍、戦線離脱を余儀なくされたけが人とかね。だけど、バルセロナ戦の前に話し合いともに夕食をとり、リーガを戦うための一つのグループを作った」

やれるはずだったけどね

ベティスのブラジル人MFアスンサオは議論となっている審判、協会からひどい仕打ちをチームが受けているとは考えておらず、チームはもっと上位を狙える力があったが、今シーズンはプレシーズンから上手くチーム作りが出来なかったことがチーム低迷の要因になっていると冷静なコメントを残している。

また、噂となっているローマ復帰については正式に否定している。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

まだ分からん

今季でオサスナとの契約が切れるMFバルドだが、現時点ではまだ来季のプレー先については決めかねているとのこと。オサスナでのプレーが最優先に考えているが、国内からのオファーも検討しているとのこと。

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

10日で治す

AMadrid_FTorres.jpg

ガセです

ボカ・ジュニオールズのアルゼンチン人FWパラシオとバルセロナが合意に達したと報道されているものの、同選手の代理人ロベルト・デピエトリは両者の間で合意に達した事実は一つもなと否定し、ヨーロッパのクラブと正式なコンタクトも内とコメントしている。

とはいえ、バルセロナ移籍の可能性を全て消したわけではなく、リベルタドーレスにパラシオは集中しており、その後どうなるかは見てみないと含みのあるコメントを残した。

売り時ですよ

セビージャのブラジル代表DFダニエル・アルベスの代理人は同選手にレアル・マドリーをはじめ、リバプール、バルセロナ、ミランが興味を示しており、セビージャにとっても放出するにはいいタイミングであるとこの夏の移籍市場での移籍を示唆している。

残留です

3角トレードでアトレティコ・マドリーに復帰したあとデポルティーボ・ラ・コルーニャへ移籍するといわれていたヘタフェFWマヌ・デ・ラ・モラルだが、アンヘル・トーレス会長、そして選手本人自身が、既に契約はヘタフェだけとなり、アトレティコに戻る義務もなく4年契約を全うすることを明らかにした。

アンヘル・トーレス会長はもしどこかのクラブがマヌ・デ・モラルを獲得したいというのであれば、アトレティコも例外なく違約金を払わなければいけないと話した。また、マヌも紙面に出ていることはうそだし、自分はヘタフェを気にっているし、来季ヨーロッパで戦いたいとコメント。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

うそです

ビジャレアルの地元紙がレクレアティーボ・ウエルバのシナマとビジャレアルが合意に達したと報道したものの否定している。地元紙によると、ビジャレアルがフランス人FWの権利を持つリバプールに400万ユーロを払い合意に達し、来季レンタルの形としてレクレアティーボ・ウエルバでプレーするというものの。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com