« 次はFKで | メイン | 交渉中 »

牽制球

2007年05月01日

チェルシー、ユベントスが興味を示しているバレンシアのスペイン代表FWビジャの代理人は7000万ユーロを準備していると噂されているチェルシーとは一度も交渉の席についたことはないが、現状から言うと、来季開幕前の移籍市場では他クラブと交渉をすること、オファーを選手に伝えることは避けれないものと話している。

また代理人は、もし、他クラブへビジャが移籍した場合は現在の倍近くの年棒を稼ぐことが出来ると、サラリーキャップ制を導入しているバレンシアが、レアル・マドリー、バルセロナ、チェルシー、インテルのように選手に高い年棒を払うことが出来ないのは理解しているが、一流選手とサラリーキャップの壁を破り契約をし、チャンピオンを目指すか、それとも許された範囲の中でチャンピオンを目指すのか2択をせまり、契約内容の見直しを訴えている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com