« モラルを | メイン | 次はFKで »

出て行く理由はない

2007年05月01日

セビージャのデンマーク代表MFポウルセンは母国デンマーク紙のインタビューに対し、セビージャの街とクラブを気に入っており、ここから出て行く理由はひとつもないと他クラブが興味を示しているとはいえ、ネルビオネンセでプレーしていくことを望んでいる。

また、クラブが違約金、契約内容の見直しを検討していることに関してもポジティブに考えており、他クラブが自分に手を出すことを警戒しているのだろうと話した。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com