« ヨーロッパに名を知らせたい | メイン | 15分出場できないようにすればよい »

自信はあったが…

2007年04月11日

解任された元セルタ監督フェルナンド・バスケスは最後の会見で「チームをプリメーラに残留させる自信はあった。結果はついてきていなかったが、チームのプレー内容は勝利をしてもおかしくないものであった」と最後までチームを指揮することのできなかった無念さをみせている。

フェルナンド・バスケスは監督人事は政治のようなもので自分は会長を信頼していたが、状況がそれを許さなかったと今回の解任劇を振り返っている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com