« 一人を除いて全ての人に感謝したい | メイン | 理解している »

4点は良い薬だ

2007年02月01日

エスパニョール監督バルベルデはナスティック・タラゴナに4失点と大敗した事はチームの現状を明らかにし、新たなモチベーションになったと話し、チームに活を入れる良い薬になったと前向きに考えている。

バルベルデはチームは4失点の汚名を晴らすためにサラゴサ戦に向けて高いモチベーションを持っているし、サラゴサ戦の勝敗いかんで今季のエスパニョールの目標が決まってくると話している。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com