« 期待の新人獲得 | メイン | 夢だった »

一番悲しいゴール

2007年01月26日

バレンシアMFホアキンは古巣ベティス戦でバレンシアの選手として初ゴールを決めても、サッカー選手として一番悲しいゴールになると喜びよりも悲しみのが大きいと話している。とはいえホアキンはプロとしてバレンシアが勝利をものにするならゴールを決めたいとまとめている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com