« オファーはない | メイン | 歓迎はしてくれないだろう »

息子だった

2007年01月24日

ベティス監督ルイス・フェルナンデスはクラブW杯選手権のため延期となっていたバルセロナ戦でパリSG時代に関係が上手くいかなかったと言われているロナウジーニョと対戦することについて世界一の選手だし、自分の息子のようなものだったとコメントしている。

ルイス・フェルナンデス
「ロナウジーニョの1年目は半年間、フランスサッカーに適応するのに時間が必要だった。その後W杯で優勝し持っているタレントを証明したが、2年目は全く持って違うシーズンを送ってしまった。とはいえ彼は自分の息子のようなもの。彼が選手として成長していく姿を見ている。もう一流の選手で、世界一と言っても過言ではない」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com