« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

一人を除いて全ての人に感謝したい

ACミランへの移籍が決定したロナウドはサポーター、自分を支えてくれた全ての人、チームメート、一人を除き自分を起用してくれた全ての監督に感謝したいとレアル・マドリーの選手として別れのコメントを残している。

違約金は750万ユーロ、ミランがCL圏内に入賞した場合は新たに50万ユーロの支払いオプションつきで、契約は2008年までの1年半となる。ACミランの公式HPは契約合意後すぐにロナウドの文字がトップを飾っていた。

え、移籍ですか

デポルティーボ・ラ・コルーニャは今季レアル・マドリーから獲得したDFアルベロアをリバプールに400万ユーロで放出した事を発表。

アルベロアはデポルで長くプレーする事を考えていたし、多くの事をコルーニャに残しており、チームを離れる事は辛いことだが、選手としてこのチャンスを逃すことは出来なかったと移籍を承諾した事を話している。

またアルベロアはカパロスから激励の言葉をもらった事を明らかにし、デポルで出場機会を与えてくれた事、移籍が冗談だと信じてくれなかった仲間たちに感謝の気持ちを表しえいる。

苦笑い

ベティスはスロベニア人の右サイドバックイリッチ、アルゼンチン人MFのカッファを獲得した事を正式に発表。発表の席に出席したルイス・ロペラ最高株主はご機嫌で舌も良くまわり、2人の親族にはそれぞれベティコがいると話し、両選手とも苦笑いを浮かべるしかないほどであった。

カッファはベティスのイメージとしてどの選手も今の状況を脱出しようとチームが一つにまとまっていると話し、監督が望めば木曜日のセビージャとの国王杯からでも試合に出る準備は出来ているとやる気を見せている。

イリッチはベティスがしっかりとした組織で凄くクラブを愛している会長がいる事に驚いたと第一印象を語り、カッファ同様に木曜日からプレーをする準備は出来ていると話している。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

下を向いていても始まらない

バスクダービーで0対2と結果以上に敗戦が重くのしかかったレアル・ソシエダ。シャビ・プリエトはダービーに負けた事は大きなダメージではあるがいつまでも引きずっていても何もポジティブなものは生み出すことはないと話し、チームは今こそ顔を上げ、精神的に強くなりウエルバでのミニキャンプ、そしてジョイ対決が続く後半戦に集中していかなければならないとコメント。

またプリエトは自身のPK失敗を含め決めるところで決めれない決定力の無さをいちばんに改善しなければいけないと話している。

契約解除

ラシン・サンタンデールはDFネルと両者合意のもと契約解除に達した事を正式発表。ネルはポルトガル監督の構想に入っておらず今季は1試合も出場しておらず、セグンダのいくつかのチームからオファーを受けていたが、モラン、セサルと元チームメートのいるDFを強化したいカディスへ移籍することに。

契約延長

バルベルデ監督の指揮のもとリーガ15試合の出場を果たしたカンテラ出身のエスパニョールDFチカは自動的に2009年まで契約が延長されることに。

ダビド・ガルシア、セサルの怪我でプリメーラデビューを果たしたチカは背番号もアルマンド・サーがつけて来た2番に変更とペリコの主軸になることを期待されている。

リーガが見れる

YOUTUVEなどの動画サイトが盛り上がりを見せている中,スペインの新聞紙HPサイトエル・パイスでリーガのダイジェストがリーガ第19節から見れるように。

http://www.elpais.com/deportes/futbol/liga/2007/

カテゴリ - その他

固定リンク

まとまらず

ロナウドの移籍で話し合いの場をもったレアル・マドリーとACミランだが、交渉は平行線のまま終わり、30日に持ち越しとなっている。800万ユーロの一括払いを求めるマドリーと700万ユーロの4回払いを望むミランと両者の間には100万ユーロと支払方法で差がある。

また、カッサーノとオリベイラの今季終了までのレンタルでのトレードの可能性が浮上している。

負けてるチームは文句を言う

議論を呼んだバルセロナ対セルタ戦についてMFデコは負けたチームはいいわけを探すものと話している。デコは現場でなくビデオを通してならどのようなプレーが起きたかはわかるが、一瞬で次のプレーに移るグラウンド上では判断はとても難しいものでバルセロナ、セルタに与えられたPKのシーンでは自分はPKだとおもったと話している。

正当な扱いをされてない

レクレアティーボ・ウエルバ戦で貴重な先制点を決めたものの、イエローカード2枚により次節デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦出場停止が決定的なDFバジェステロスは審判は「接触プレーがあると自分のイメージだけでカードを出しているように思えてしまう」と審判から正当な扱いを受けていないと嘆いている。

2枚目のカードをもらったプレーについてバジェステロスは「カードのプレーじゃない。触っていないし、それを審判が見たとは思えない」と説明した。

戻りたい

マンチェスター・ユナイテッドから1年間のレンタル移籍でサラゴサに加入したDFピケはレンタル期間終了後にはイングランド復帰を希望しているとUEFAのHPで告白。

ピケはサラゴサでプレーし、ゴールを決めるなど問題はないが、来シーズンはサラゴサでの経験を生かして所属先のマンチェスターで勝負したいとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

フランス人FW獲得

セルタは得点力不足解消のためにオリンピック・マルセイユからフランス人FWハビブ・ボモゴを今季終了までのレンタル移籍、4年契約で獲得した事を正式発表。

マヌエル・カルロス会長はセルタが探していた「若く、将来性に優れたエリア内で勝負のできるCFで不振から脱出する大きな力になるだろう」と大きな期待をかけている。

ボモゴも「セルタには多くのフランス人が所属していたから知っているし、18歳の時からセルタが興味を持っていてくれていたから今回の移籍が成立してとても満足している」との事。

カテゴリ - セルタ

固定リンク

プリメーラのレベルじゃない

監督交代のカンフル剤も未だ効果を見せず、2年前同様に失速し降格圏内にポジションを落としてしまったレバンテ。GKモリーナはチームはプリメーラのレベルに達していないから、今の位置にいると歯に衣着せぬ発言をし、チームはもちろん、個人レベルでもレベルアップをしなければ今の状況を脱出する事は出来ないと厳しいコメントを残している。

モリーナは他チームが負ける事を期待するよりも自分たちが勝利をつかむ事が大事だと話し、勝利できなければチームはセグンダに落ちるだけだと話し、プリメーラ残留はレバンテのチーム力が上がるかどうかにかかっているとコメントしている。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

フランス人獲得

エスパニョールに4対0と圧勝し、プリメーラ残留への再スタートを上手く切ることが出来たナスティック・タラゴナはベルギーリーグ、シャルルロアからフランス人の守備的MFチャバウーを今季終了までのレンタルで獲得。

DFセサル・ナバス、ホセ・マリア・カルボに続く3人目の補強となった。

何が悪い

アトレティコ・マドリー監督アギーレはトーレス、ペレアと選手たちがヨーロッパそしてタイトルを口にしている事、19節のうち14節がCL圏内に位置していたことからアトレティコがタイトルを目指すことは別に無謀な目標ではないとバルセロナ、セビージャ、レアル・マドリー、バレンシアと共にリーガタイトルを争う事をあきらめていない。

モチベーションになる

クラブW杯後、勝ち点を伸ばせないチームの原因とされカンプノウのサポーターからもブーイングを受けているバルセロナのブラジル人FWロナウジーニョだが、よい時は歓声を悪い時はブーイングを受けるのは当然と話し、ブーイングは選手にとってよりよいプレーをするためのモチベーションにつながるとコメント。

またチームが良いプレーが出来ていない理由として今のチーム内に以前あった試合の中での信頼関係がないということは否定し、バルセロナの選手たちはどのようにプレーすべきかを知っているしこれまでどおりのバルセロナのサッカーをしていく事を明らかにしている。

行かないよ

ロナウドのACミラン移籍が確実となりレアル・マドリー,ACミラン両クラブの関係が少し修復された事から再びカカーのマドリー移籍話が再燃し始める兆しをみせているが、カカーはミランで満足しているしキャプテンを務めマルディーニやコスタクルタのように長い間クラブに愛される選手になりたいと話し、マドリーの事情で自分がミランを離れる事はない事を明らかにしている。

今いても無理でしょ

レアル・マドリーから今季デポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍してきたDFアルベロアは若手にシフトチェンジしているとはいえ、もし自分がマドリーに残留していたとしてもチャンスは無いだろうし、デポルでプレーしており満足しているとコメントしている。

アルベロアは下部の選手がマドリーでプレーする事はクラブが高額の違約金を払って他クラブから選手を補強し、その選手とポジションを争わなければいけないから簡単な事ではないとマドリーでの内部昇格の難しさを説明している。

全責任をもって

マラガから今季終了までのレンタル移籍でレバンテに加入したサルバは自分に何を期待しているのかは充分わかっていると得点不足に悩むレバンテの問題を解消するために来たとやる気に満ち溢れたコメントを残している。

サルバはバレンシアで成功を収める事が出来なかったことは過去は過去で良い事も悪い事もこれからには関係ないと話し、新監督アベル・レシノの元、チームの目標である残留を果たすための力になりたいと話している。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

歓迎だよ

レアル・マドリーFWバン・ニーステルロイは来季加入が噂されているマンチェスター・ユナイテッド時代のチームメート、クリスティアーノ・ロナウドについて元々素晴らしい才能を持っているが今シーズンは素晴らしい活躍を見せているし、また同じユニホームでプレーできるのであれば歓迎であると話している。

また、練習中の乱闘騒ぎからクリスティアーノとの不仲が心配されているが、イギリスのメディアが面白おかしく書いていただけで問題はないとコメント。

夢だった

ビジャレアルに加入したデンマーク人FWトマソンはリーガでプレーする事は自分にとって夢の1つだったとビジャレアルでプレー出来る事の喜びを表している。リーガでプレーする事はサッカー選手としてかけがえのない経験で、他のクラブでCLなどを戦ってきたがいつも強く、テクニックに溢れるリーガを見ていたと話している。

怪我が心配されているものの、クリスマス休暇の間ドバイで親善試合を行っており、体の調子は問題ないと次節レアル・マドリー戦でのデビューを目指している。

一番悲しいゴール

バレンシアMFホアキンは古巣ベティス戦でバレンシアの選手として初ゴールを決めても、サッカー選手として一番悲しいゴールになると喜びよりも悲しみのが大きいと話している。とはいえホアキンはプロとしてバレンシアが勝利をものにするならゴールを決めたいとまとめている。

期待の新人獲得

セビージャはブエノス・アイレスの地方裁判所の判定の結果、アルゼンチンのU-20代表DFファシオの優先獲得権を与えられ、ケルジャコフに続く2人目の冬の移籍市場での獲得となった。ファシオは195cm、85kgの大型DFでセビージャは5年のオファーを出していた。

これでどうだ

ACミランはロナウドに対して正式にオファーレアル・マドリーに届けた事を発表。具体的な数字は明らかにされていないがガッジアーニはロナウドはミラン以外のクラブに興味が無く、問題がなければ月曜日にはマドリーへ移籍し話をまとめたいとコメントしている。

世界一の選手を獲得

アトレティコ・マドリーはインテルナシオナルからブラジル代表DFファビアーノを獲得した事を発表。所有権をもつトラブソンスポルと条件面で合意に達したとの事で木曜日には正式発表の予定。

トマソン獲得

ビジャレアルはシュツットガルトからデンマーク人FWトマソンを買い取りオプション付きの今季終了までのレンタル移籍で獲得した事を正式に発表。

ビジャレアルは今季主軸と期待していたニハトが練習中にじん帯断裂の重症を負い、今季絶望のためFW陣補強を一番にニューカッスルのルケ、マラガFWサルバなどを調査していた。奇しくもニハトとトマソンの代理人が共通しているため、今回の移籍話は順調に進んだとの事。

検討の価値はある

UEFA杯決勝で活躍をしたセビージャのイタリア人MFマレスカだが、今季は怪我などから先発出場を果たすことなどが少なく、セビージャの町やクラブは気に入っているが、オファーが届いたら検討する価値はあると退団の可能性を示している。

マレスカにはこの夏にもオファーが届いていたが、セビージャでプレーする事を望みオファーを拒否していたが、サッカー選手である限りプレーがしたいと話し、オファーを検討するとコメント。

歓迎はしてくれないだろう

アスレティック・ビルバオDFスビアウーレは古巣レアル・ソシエダ戦でアスレティックのユニホームを着てデビューをする可能性が高い事について、サポーターには歓迎して欲しいけど、ここまでの17ヶ月の事を考えれば、エチェベリアのように自分を彼らが歓迎してくれることは難しいだろう」と覚悟を決めている模様。

とはいえ、デビューに関しては全く心配をしておらず落ち着いているとの事。

息子だった

ベティス監督ルイス・フェルナンデスはクラブW杯選手権のため延期となっていたバルセロナ戦でパリSG時代に関係が上手くいかなかったと言われているロナウジーニョと対戦することについて世界一の選手だし、自分の息子のようなものだったとコメントしている。

ルイス・フェルナンデス
「ロナウジーニョの1年目は半年間、フランスサッカーに適応するのに時間が必要だった。その後W杯で優勝し持っているタレントを証明したが、2年目は全く持って違うシーズンを送ってしまった。とはいえ彼は自分の息子のようなもの。彼が選手として成長していく姿を見ている。もう一流の選手で、世界一と言っても過言ではない」

カテゴリ - ベティス

固定リンク

オファーはない

レアル・マドリーのスポーツディレクター・ミヤトビッチはACミランからオファーが届いていないことを明らかに。ロナウドが前日マドリー退団を予想させるコメントを残し、ミランのスペイン地区スカウト担当ブロンゼッティが60%の可能性でミランにロナウドが来るなど徐々にブラジル人FWのイタリア復帰が現実味を浴びてきているが、大事なクラブ間交渉が未だスタートもしていないという現状。

ミヤトビッチ
「選手の移籍をまとめるにはオファーが必要だ。現時点ではミランからのオファーはひとつもない。新聞情報からするとミランがロナウドを獲得したがっているようだが、ミランとマドリーのクラブとしての話し合いは今のところない」

処分決定

規律委員会はリーガ第19節でカードを受けた選手たちの処分を決定。主力メンバー4人が退場処分となったオサスナではFWソルダードが2試合の出場停止、クエージャル、リカルド、ラウール・ガルシアは1試合の出場停止処分が決定。

オサスナはこれらの選手の処分を受け止めることをすでに決定しており、上訴する方針はないとのこと。また、FW、MF、DF、GKとたてのラインすべての主力が出場停止なため、ヘタフェ戦での苦戦が予想される。

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

必要ない

デポルティーボ・ラ・コルーニャ監督カパロスは冬の移籍市場でチームが選手補強に動いていないことに関しては特に重要性を持たしておらず、現状の選手たちの成長を期待している。

カパロスは「チームの今の状態を見れば新たに選手を獲得する必要性は特にない。その理由として今のチームには可能性があるからだ。自分がやらなければいけないのはこのメンバーをどのように起用し、成長させ結果をだすことに頭をつかっていくこと」と補強の必要性を否定している。

戦力面だけではない

バレンシアのスポーツディレクター・カルボーニはアヤラとの契約延長で大事なことはチームが戦力として考えていること以外にもドクター、クラブの決定が必要となると慎重な姿勢を見せている。

カルボーニはすでにアルゼンチン人DFの代理人と接触をしており、クラブの決定が決まり、来期の所属先がまだ決まっていない場合に連絡を入れることを明らかにした。カルボーニは自分自身の例を出し年齢が問題ではないが、選手との契約問題は金銭や、戦力であるかどうかだけの簡単なものではないとコメント。

ここに未来はない

マドリー退団を噂されているレアル・マドリーブラジル人FWロナウドはパリのファッションショーでカペッロに必要とされていないからマドリーから心が離れているとコメントしている。またロナウドはベルルスコーニ、アンチェロッティが獲得を望んでいる事に対して彼らのような人物にそういってもらえる事は栄誉な事とACミランへの移籍に前向きなコメントを残した。

爆発力と新鮮さがない

バルセロナMFシャビはヒムナスティック・タラゴナ戦でスタジアムからブーイングが出た事について人々はチームの勝利とスペクタクルを見に来ているのだから当然の事と話し、チームに今爆発力と新鮮さがないことを認めているものの数週間でもとのレベルに戻ると確信している。

充分狙える

バレンシアMFビセンテはチームがセビージャ、バルセロナ、レアル・マドリーと共にリーガを狙う4強の一つであると話し、タイトル獲得は充分狙える位置にあるとコメントしている。

セビージャは調子を落としているし、バルセロナ、マドリーも問題を抱えているからシーズンはまだ折り返し地点だし、バレンシアの問題であったメンバーも回復して着ており、開幕当初の強いチームを再び形成しはじめているとビセンテ。

怪我についてはもう完全に忘れたと頭の中に残っていないことを宣言したが、これからという時の新年早々の怪我は残念なことだと振り返っている。

イメチェン

マジョルカのベネズエラ人MFアランゴはロングヘアーをばっさりと切りショートカットへ。ここ数試合先発出場できていないことについては特に心配はしていないが、それよりも自分のプレーが満足のいくレベルに達していないことを心配していると話している。

楽しみだ

ファンに向かって中指を突きたてたカペッロにレアル・マドリーは罰金をくだしており、同監督も自分の行動を反省し素直に制裁を受け入れることを記者会見でコメント。

またカペッロは自分の件で制裁があったのだからクラブのイメージを悪くしたラモン・カルデロン会長の発言についても何らかの制裁が加えられるべきでどのようなものになるか楽しみにしているとコメント。

カペッロは同記者会見でACミラン移籍が噂されているロナウドについてマドリーとの契約がある限りはマドリーの選手だし、戦力に考えているとコメント。

一足お先

サラゴサはセビージャ、バレンシアも興味を示しているオリンピック・リヨンの左サイドバックアビダル獲得を目指しすでに契約期間5年のオファーを出しているとの事。

2009年に同選手と契約が切れるため、リヨンもこのオファーを検討しているとの事で、獲得となればフアンフラン・アランサバルと高齢化が進んでいる同ポジションの大きな補強となる。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

居場所がない

5試合連続で招集メンバーから外れたデポルティーボ・ラ・コルーニャDFコロッチーニは今のチームには居場所がないと感じると現状を告白。

アルゼンチン人DFは下部組織の若手が起用されながらも自分が起用されていないことからチームに居場所がないと感じているとの事だが、デポルで契約を全うすることだけを考えているとの事。

とはいえ、チームのためになるのであれば他クラブへの移籍も喜んで受け入れると話している。

エチェベリア骨折

アスレティック・ビルバオMFエチェベリアは月曜日に痛めた右足を審査した結果、右足人差し指の骨折が判明しレバンテ戦の出場が不可能との事。

また怪我で戦列を離れていたFWウルサイスとMFガルメンディアは17日から練習に復帰し先発組みと思われるグループでトレーニングを行っている。

中国と親善試合

レクレアティーボ・ウエルバはレアル・マドリー戦へ向かうバスのアクシデントでなくなったサポーターの追悼試合として18日中国代表と対戦するとの事。入場料は3ユーロから10ユーロと低い設定にされており、収益は犠牲者の家族たちに受け渡されるとの事。

両MFが復帰

日本から帰国後勝ち点を伸ばせていないバルセロナ。戦列を離れているMFデコ、イニエスタだが、エスパニョールに続くバルセロナダービー第2戦となるヒムナスティック・タラゴナ戦では復帰濃厚との事。

ブラジル発

ブラジル国内では世界クラブ選手権でバルセロナを破り優勝を果たしたインテルナシオナルに所属するファビアーノ・エレルがアトレティコ・マドリーと合意間近であることを報道。契約は3年となることで、インテルナシオナルに今季終了までのレンタル移籍の可能性はないとのこと。

補強は要らない

バレンシアGKカニサレスはカルボーニが新しいGKを探していることについて、チームには自分もそしてサラゴサ戦で素晴らしいプレーを見せたビュテルもいるし探す必要はないとコメント。

また、カニサレスは噂から来季新しいGKを来ることは受け入れているもの、フランス人GKにはもう少し愛情と評価を与えていいものだと話している

あいつが来るなら行かない

元アスレティック・ビルバオ監督のハビエル・クレメンテは古巣の監督交代についてマネを選んだのはアスレティックにとって最高の選択だったと話しているものの、ベンベティス監督のルイス・フェルナンデスがもし監督に就任していたらアスレティックのソシオをやめていたと話している。

クレメンテはその理由としてルイス・フェルナンデスはアスレティックの監督をするには真剣さが足りないとして闘牛やフェリア・デ・アブリルのあるセビージャが彼には相応しいとコメント。

子ども殴るよりマシだ

ヘタフェ監督シュスターは今週末のバルセロナ、レアル・マドリーの両監督の行動について家に帰ってから子どもを殴るよりはベンチのクリスタルを壊す方がましだと特に大きな関心を示していない。

シュスターはダービー戦で無様な試合を自チームがしたのであれば、監督としていらだつのは当然だと話し、監督の前に人だからしょうがないとコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

とりあえずは安心

デポルティーボ・ラ・コルーニャMFバレロンは練習中に左ひざを痛め、古傷を再発させたかと心配されたが、マドリーに移動し、2度の手術を執刀した担当医の検査の結果、じん帯に損傷は無く、痛みが引くまでの練習参加を禁止する全治8日の診断が下されている。

バレロンは最悪の事態が避けることが出来てほっとしていると話し、これからは膝の強化を集中していくことをコメントしている。

3ヶ月ぶり

半月版を負傷し戦列を離れていたバルセロナのカメルーン人FWエトーが3ヶ月ぶりにチーム練習に合流した。国王杯対アラベス戦に向けちーむは非公開練習をおこなったtめ具体的にどのような練習が行われたかは不明だが、早ければセルタ戦での復帰がささやかれている。

エトーは復帰日については特別固執しておらず、ドクターの出場許可が出るまでしっかりと体を作り、怪我をしない100%の状態にすることが大事だとコメントしている。

あしらわれた

レアル・マドリー会長ラモン・カルデロンはロス・アンジェルス・ギャラクシーに移籍するベッカムについて、最初からアメリカに移籍するつもりで家も購入予定だったのに関わらず、望んでもいないクラブとの契約延長交渉を続けていたと批判し、マドリーはベッカムにいいようにあしらわれたと不快感を示している。

やっぱり解任

バレンシアとのバレンシアダービーで0対3で敗れたレバンテはロペス・カロを更迭し、昨季セグンダでシウダー・デ・ムルシアを4位に導いたアベル・レシノを過信監督に招聘したことを発表。

ここまで2度の解任の危機を乗り越えてきたロペス・カロだが、降格圏内まで勝ち点2差とセグンダ降格圏内が近づいてきたことでフロントの信頼を失ってしまった形となった。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

契約延長

ビジャレアルは今季終了後に契約が終わるペジェグリーニと1年の契約延長で合意に達したことを正式発表。

クラブと監督が合意に達したことは現在ペジェグリーニとの関係が悪化し、4試合連続メンバー外のエース、リケルメに強烈なメッセージを送ったことに。アルゼンチン人MFにはバイエルン・ミュンヘンが興味を示しており、今後の動向が注目される。

ご褒美

バルセロナとのバルセロナダービーに圧勝したエスパニョールは監督バルベルデと来季の契約延長交渉を開始したことを報告。同様に今季契約の切れるイバン・デ・ラ・ペーニャ、ダビド・ガルシアとも交渉を開始したとの事。

スポーツディレクターのエレラは3者との交渉が大きなニュースになることなく終わり、チームがリーガに集中できるようにしたいと展望を話し、エスパニョールのもう1つの大きな案件であるサビオラ獲得については高額な選手で手が出ないとコメントしている。

ねたみなんて無い

sevilla chevanton copia.jpg
セビージャのウルグアイ人FWチェバントンはFWの中にねたみや嫉妬などないと話し、カヌーテ、ルイス・ファビアーノ、ケパ、ケルジャコフと厳しい先発争いを受けて立っている。

キャラクターのかぶる新加入のロシア人FWケルジャコフについても問題なく一緒にプレーが出来ると歓迎している。またウルグアイ人FWはサポーターが負傷中もあたたかい声援を絶え間なく自分に注いでくれセビージャでプレーすることに幸せを感じているとの事。

前から好きでした

アラベス戦で2ゴールの活躍を見せたバルセロナのアルゼンチン人FWサビオラ獲得にエスパニョールが興味を示しているとの事。エスパニョールがコネホに興味を示したのは今回が初めてでなく、エスパニョールディレクターのセバスティアン・ハビエルはいつも獲得を望んでいた選手だったが、自由に交渉が出来るようになり注目しているし、自分だけでなく、会長もサビオラを獲得することを望んでいるとコメントしている。

クラブとの契約延長も検討

バレンシアのアルゼンチン人DFアヤラはチームとの契約延長に前向きなコメントを公の場で初めて残している。アヤラはバレンシアとの契約延長で一番大事なことはクラブが自分を必要としているかどうかで、選手個人としてはクラブが望むのであれば契約延長に何の支障も無いとの事。

2人が復帰へ

開幕前の親善試合でじん帯を断裂したビジャレアルのアルゼンチン人DFゴンサロとMFロペルト・ピレスが11日全体練習に参加し、国王杯に先発出場しなかったメンバーと共にミニゲームで汗を流している。とはいえ試合復帰までにはまだ時間を必要としており、2月末までの復帰を目指している。

何も変っていない

レアル・マドリーのソシオでもアルヘタフェ会長アンヘル・トーレスはラモン・カルデロン会長が毎日新聞紙面を飾るように表に出過ぎで、は会長が代わってもレアル・マドリーは何も変っていないと批判。チームに問題があるのであればすぐに再選挙をすべきだとソシオとしての意見を述べている。

また、レアル・マドリー会長就任についてはヘタフェの会長をしていなければ喜んで就任したいが、ヘタフェで満足しており何の不満も無いとコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ガラスのエース

バレンシアMFビセンテは11日の練習を最後まで消化することが出来ずに途中で切り上げており、検査の結果、先週から痛めていた左足肉離れが悪化していることが判明。2007年、怪我のため未だ出場はない。

一方デル・オルノは順調な回復を見えており、ボールを使った練習が出来るまで回復している。

不快だ

レアル・マドリーDFロベルト・カルロスはチーム状況の悪く、チームが改革を進めるとしてブラックリストが出ている事に選手は状況を脱するために全力を尽くしているのにそれを妨げるような話が出ていることは不快感を示している。

またマドリーと契約延長合意に達したロベルト・カルロスだが、その後契約内容見直しの段階となり話が進んでいないとの事。

我慢が必要だ

レアル・ソシエダに入団したレアル・マドリー、サラゴサでプレーしたブラジル人FWサビオは10月の負傷したことと12月に休暇にはいったことから100%の状態になるにはまだ時間が必要でサポーターに理解を求めている。またラ・レアルでプレーできることに満足しているとコメントしている。

だから駄目だ

ヘタフェMFナチョはコパ・デル・レイ対バレンシア戦でミゲルに対しスタンドから人種差別の野次が飛んだことに対したことを認めたものの、大多数は人種差別の野次を飛ばしてはおらず心無い一部から飛んだけどそれは差別の意味的でやったものではないと擁護している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

オレは代わりじゃない

レバンテのアルゼンチン人FWレッジにはゴンサロ・イグアインをレアル・マドリーに放出したリバープレートを初め古巣のヒムナシア、エスグリマ・デ・ラ・プラタが獲得に興味を示しているが、レバンテでプレーすることを望みオファーを拒否している。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

まだ早い

2試合連続でチームに勝ち点3を導く決勝ゴールを決めたバレンシアMFアングロだが、4月か5月に3つのタイトルを争える位置にいることが重要で今からタイトル獲得の話をするのはまだ早いとコメントしている。

また、アングロは今季は主役になるようなゴールを決める運が自分にはあるが、自分自身は何も変っていないと話している。

子どもに叱られた

サラゴサDFディオゴと漫画のような殴り合いを試合終了後に行ったセビージャFWルイス・ファビアーノはチームメート、チーム、そしてスタジアムにいた全ての人に謝罪したいと反省の弁を述べている。

ルイス・ファビアーノは殴り合いになった理由をディオゴが自分の手を踏んだ上、公共の場ではいえないような侮辱を受け、殴りかかってきたので手を出してしまったと真相を明かしている。

またファビアーノは帰宅した際に娘にけんかをしてはいけないと叱られたことが一番答えたと話している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

早く終わらせてくれ

会長、監督とスター選手が対立という内紛が起きているビジャレアル。選手たちはチームが結果を出すためにもこの問題は解決すべきだし、3者とも冷静に物事を判断できる人物だから時間はそうかからないだろうとコメントしている。

任せるかな

ここまで解任の話が上がっては消えているレバンテ監督ロペス・カロはラシン・サンタンデール戦に7試合ぶりに勝利したことで再びクラブの信頼を勝ち得ることに成功している。

昨年12月28日に首脳陣が集まり、ロペス・カロの監督問題について話し合った際にも続投派が解任派を上回っていたことも今回の決定の大きな要因となっているとのこと。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

そこのポジションにはいっぱいいるのに

アトレティコ・マドリーが獲得をねらいすでに500万ユーロのオファーを出したアルゼンチンのエストゥディアンテMFソサにはアトレティコのほかにもベンフィカ、ACミランも興味を示しており、交渉は難しくなることが予想されている。

同ポジションにはマニーチェ、リュクサン、コスティーニャ、ガビ、フラードらがいるアトレティコだが、リバプールのシャビ・アロンソにも興味を示すなど、一番の補強ポイントと考えている。

まだまだ若い

マジョルカはマンサーノと2008年までの契約延長で合意に達したことを正式に発表。ビセンテ・グランデ会長はマンサーノはマジョルカを率いることを希望しているし、クラブも彼にチームを率いてもらいたいと両者の思惑が一致したもので、私よりも若いマンサーノにはこれからもチームに活をいれて欲しいと注文をしている。

売らん

エスパニョール会長サンチェス・リブレはタムードにボルドーが、サバレタにミランが興味を示していると言われているが、チームは彼らを放出する気はないと宣言している。

サンチェス・リブレはもし両選手を獲得したいのであれば違約金(タムード2400万ユーロ、サバレタ2000万ユーロ)をエスパニョールに提示しなければならないと話し、リーガ、UEFAを戦っているチームから一人も選手を放出する気はないことを明らかにした。

どっちだ

レアル・ソシエダ移籍が濃厚と言われているフラメンゴに所属する元サラゴサ、レアル・マドリーFWサビオだが、代理人は現時点では正式なオファーはどこからも届いていないし、6ヶ月のためにチームを離れることを選手は望んでいないとコメントしている。

またラ・レアルはニューウェールボーイズのオスカル・カルドソの移籍交渉が停滞しているため、方向転換し、アストンビラのチェコ人FWバロスを今季終了までのレンタル移籍で獲得に動いている。

引退か

2年前のレアル・マドリーとの対戦で左ひざにフィーゴのタックルを受け、前十字人退団列の重症を負ったセサルはその後練習に復帰したものの、他のメンバーが消化できるメニューをおこなう度に左ひざが腫れあがり、プロ選手として続けていくのが難しい状態で、今週再検査を行い結果いかんでは現役を引退するとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

デビューもある?

この冬の移籍市場でレアル・マドリーに加入したガゴ・イグアインのアルゼンチンコンビ。練習からカペッロはガゴをエメルソンと組ませ、先発組でプレーさせていることから2007年緒戦なるデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦先発出場が噂されている。

またイグアインもバン・ニーステルロイが別メニュー調整、カッサーノがチーム練習から外されていることからロナウドに次ぐ2番目のFWの位置におり、今週末にデビューを飾る可能性を残している。

アルゼンチンへ

右サイドならどこでも出来るユーティリティー選手として活躍していたサラゴサのアルゼンチン人DFポンシオだが、母国アルゼンチンのリーベルプレートから400万ユーロのオファーを受け、帰国することが濃厚。今シーズンはレアル・マドリーからレンタル移籍してきたディオゴにポジションを奪われ、出場機会が減少していた。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

杖が取れた

左足骨折で戦列を離れているバルセロナのアルゼンチン人FWメッシは2007年に入り松葉杖を取ることが許可され、すでに松葉杖無しでも問題なく歩けるとのことで、2月1日を復帰日と定め、リハビリを行っていくことをコメントしている。

負けも引き分けも許されない

バレンシアDFミゲルは最低目標であるCL圏内にはいるためにはビジャレアル戦は負けはもちろん引き分けも許されないと決意を新たにしており、2007年よいスタートを切るためにも勝ち点3をとりにいかなければならないと話している。

ミゲルは2007年のチームの目標についてCL優勝はもちろん、リーガで勝てれば最高なこととコメントしている。

幸せですから

アスレティック・ビルバオ移籍が噂されていたボルトンのイバン・カンポだが、代理人のミゲル・アンヘルはイバン・カンポはボルトンで幸せにプレーしているし、チームを辞める理由もないし、契約を全うすることを考えているとコメントし、この冬のアスレティック移籍はないことを明らかにしている。

凄い記者会見

ヘタフェに入団したリトアニア人ベルパコブスキスの正式入団会見が3日行われたものの、ベルパコブスキスの母国語の通訳でなく英語で行われ、記者の質問に通訳が色をつけて返答する記者会見となっていた。

リーガの登録名がマリスとなったベルパコブスキスは、チームが上位につけるようにゴールを決めていきたいと意気込みを語っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

去年のような結果は難しい

レアル・マドリーDFカンナヴァーロはユベントスでスクデット、イタリア代表でW杯、個人としてもバロンドール、FIFA WORLD PLAYER受賞とサッカー選手として最高の年となった2006年を2007年も繰り返すことは難しいとコメントしているものの、レアル・マドリーの選手として何らかのタイトルを2007年は獲得したいと話している。

大事な選手だ

バレンシアMFバラハは今季終了後にチームと契約の切れるDFアヤラについてバレンシアで長い間、高いレベルでプレーしてきており、彼のプロ精神を疑う余地はないしチームにとって重要な選手であると話、クラブとアルゼンチン人DFの契約延長を希望するコメントを残している。

急ぐ必要はない

デポルティーボ・ラ・コルーニャMFバレロンはすでにチームの全体練習に合流しているものの、自分の調子がしっかりと戻ったと周囲が考えるまでは焦って戻る必要はないと今週末に控えるレアル・マドリー戦出場が目標ではないとコメントしている。

バルサを引っ張っているのは

いのししのあだ名を持つヘタフェDFパレデスはバルセロナを引っ張っているのはロナウジーニョでもなくエトーでもなくキャプテンのプジョールでもなく毎試合しっかり良いゲームを作るデコが真のバルセロナの牽引者であると評価。

そのデコを初めとしてヘタフェ戦では主要メンバーが出場しないものの、他のメンバーも一流選手がそろっていると話し警戒している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

誰がでようと関係ない

SOUSA
ヘタフェMFソウサは新年開幕戦となるバルセロナについてロナウジーニョ、デコなどが出場できなくてもバルセロナは素晴らしい選手がそろっており、自分たちが100%の力を出さなければ勝つことは出来ないとバルセロナの主要メンバー欠場がヘタフェにとって好材料になるわけではないとコメント。

また、ソウサは2007年の目標について監督の信頼を再び勝ち取り、先発に戻りチームに貢献することをあげている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

いい休みだ

新年一発目が古巣レアル・マドリーとあたるデポルティーボ・ラ・コルーニャDFアルベロアはチーム上昇のためには選手一人一人がリーガ序盤戦のようにもてる力を全て出し切ることが大切だとコメントしている。

またアルベロアはクリスマス休暇で自分たちのプレーをゆっくりと家で振り返ることができたうえ、サッカーから切りはなれた生活が出来たため2007年はリフレッシュした気持ちで挑んでいくことが出来ると話している。

ホームで勝たないことには

レアル・ソシエダFWコバセビッチは降格圏内を脱出するためにも2007年はホーム、アノエタで得点を決め、勝利をしなければいけないとコメントしている。

またチームが決定力不足のためにFWを探していることについては、自分歯自分の仕事をするだけで得点を決めチーム上昇の力になれる選手だったら歓迎すると話している。

100周年

今年創立100周年を迎えたベティスは1月1日、スタジアムをチームカラーである緑の旗で埋め尽くす100周年記念のイベントを行っている。サポーターは新監督のルイス・フェルナンデスが顔を出すと大きな声援を送り、チーム再建を期待している。

チームはヘレス・デ・ラ・フロンテーラで5日間のミニキャンプを行い、リーガ後半戦に備えるが、合流日を過ぎてもFWのロベルは姿を現していない。ペペ・レオン会長はこの件について、ロベルと合流日には連絡が取れなかったものの、今年に入りブラジル人FWとコンタクトをとれたため、特別処罰を降すことなく、早いうちの合流を期待している。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

チームを出たい

レバンテのカメルーン人FWメヨング・ゼが古巣ポルトガルのベレネンセス復帰を監督のロペス・カロに直訴することをポルトガル紙ア・ボラが報道。

昨シーズン17ゴールでポルトガルリーグの得点王に輝いたメヨング・ゼだが、ここまで出場機会が少なく、監督との会談次第では古巣への復帰を直訴するとのこと。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com