« 警察沙汰 | メイン | 試合出場が自信につながる »

嘆いていても始まらない

2006年12月07日

試合をこなす度に誰かが担架で運ばれていく状態のバレンシアだが、DFクーロ・トーレスは怪我のことを嘆いていても何も始まらないとし、アルベルダ、ビジャも復帰してくることだし良い流れをつかむためにもデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦に余計なことを考えずに全力を注ぎ込まなければいけないとコメント。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com