« 何も恐れることはない | メイン | 試合よりも緊張する »

イルレタ監督を辞める

2006年12月22日

ベティス会長ペペ・レオンは筆頭株主であるマヌエル・ロペラとイルレタ監督と話し合いをした結果、イルレタがベティスを去ることでお互いに合意したことを発表。

辞任でも、解任でもなく両者合意のもとで今回の決定が決まったことを告げたペペ・レオン会長。イルレタもクリスマス休暇に入り、リーガが中断する今こそ新監督にとって、そしてベティスにとって状況を変えるため一番の時だと判断した結果であることをコメント。

イルレタはデポルティーボ・ラ・コルーニャのような成功をベティスにもたらすことが出来なかったが、プリメーラ通算采配試合が606まで来たのもベティスのおかげと感謝し、再びベティスで采配を振るうことを誓っている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com