« 在庫生理 | メイン | 飲み物なら知っているが »

Bの監督だ

2006年12月19日

セビージャのデル・ニード会長はライカールトがもしセビージャの監督だったらセビージャ・アトレティコの監督だろうとBチームの監督を任せる発言を残している。とはいえ、デル・ニードはライカールトを評価していないわけでなく、セビージャの選手、監督が誰がなんと言おうと一番であると考えているからで、トップチームを率いているフアンデ・ラモスの仕事に大変満足しているとコメント。また、冬の移籍市場での選手補強の可能性も同時に残している。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com