« 選手が足りない | メイン | いらんだろう »

暖かいところで

2006年11月21日

セビージャ戦で前十字じん帯を断裂し全治7ヶ月の診断を下されたブラジル人MFエドゥはブラジル人選手の信頼が厚いドクター、ホセ・ルイス・ルンコ二執刀してもらうとの事。
そのため、スペインではなく母国ブラジルで手術を行うとのこと。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com