« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

大事なものはもう得ている

060827RMadrid_Raul_012.jpg

ラモン・カルデロン会長から来季のバロンドールを期待されているレアル・マドリーFWラウールだが、自分はもう4人の息子というバロンドールよりも大事なものを得ているとバロンドールに特別な思いはないことを話している。

また、今季の目標として20得点とスペイン代表早期復帰をあげている。

契約延長

ACミラン、オランダ代表監督就任が噂されているライカールトについてバルセロナ会長ラポルタは世界1の監督であるから噂が出るのは当然のことと話し、両者がお互いに満足しており何の心配もしていないとの事で、今はただオランダ人監督がバルセロナでより幸せでいることとクラブと2009年までの契約延長を結ぶことを望んでいるとコメント。

くびの心配はしていない

降格圏内から抜け出せず筆頭株主のルイス・デ・ロペラがいつまでもクレジットがあるわけではないと次のアトレティコ・マドリー戦の結果次第では更迭もありうるベティス監督イルレタだが、自分の心配することはチームが良い結果を出せるかどうかで、自分の監督の座は神が決めることだと話している。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

油断できない

次節の対戦相手オサスナについてサラゴサDFポンシオは上位のデポルに4対1と大勝し士気高くラ・ロマレダに乗り込んでくるわけだからリーガ下位のチームとの対戦と油断して勝ち点を逃がさないことが大事だと話している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

1億5千万ユーロ以上

バレンシアは冬の移籍市場でチェルシーが興味を示していると言われているFWビジャを獲得するには違約金として1億5千ユーロ以上をはらう必要があるとフアン・ソレール会長がコメント。現時点では正式なオファーは無いが、オファーが届いたとしてもそれ以下では交渉の席に着く気はないとクラブの顔であるエースストライカーを放出する気はない意思を示している。

近いうちに合意するだろう

レアル・マドリーのスポーツディレクターミヤトビッチは近いうちにベッカムと契約延長で合意に達することを確信するコメントを残した。

「自分の知っている限りではベッカムはマドリーに満足している。今は先発では無いが数週間後も同じ状態とは限らない」と先発出場が条件と言われているベッカムの契約延長だがそれは問題ないと考えている上、ベッカムはマドリーについてからタイトルの喜びを感じておらずついてなかったが、今季はそれを味わえるに違いないとベッカムも考えていると話し、契約延長に自信を見せている。

ロナウジーニョ2世メンバー入り

バルセロナは12月日本で開催されるクラブ世界選手権に怪我のサビオラ、そしてロナウジーニョ2世の呼び声高い18歳のメキシコ人MFジオバンニ・ドス・・サントスを招聘している。メンバーは以下の通り。

バルセロナ
GK:ビクトル・バルデス、アルベルト・ジョルケラ、ルベン
DF:ベジェッティ、マルケス、プジョール、ザンブロッタ、バン・ブロンクフォルスト
   エジミルソン、シルビーニョ、テュラム、オレゲル  
MF:モッタ、シャビ、デコ、イニエスタ、マルク・クロサス
FW:グッジョンセン、ジュリ、ロナウジーニョ、エスケーロ、サビオラ、ジオバンニ・ドス・サントス

守備を固めた相手に勝つ方法を覚えなければ

ホームよりアウェーのが成績の良いアトレティコ・マドリー。GKレオ・フランコは何故勝てないのか解らないがビッグクラブはいつでも、とりわけホームでは勝利をサポーターに与えなければいけないと話し、引いて守る相手に勝つ方法を覚えなければいけないとコメントしている。

立候補者がいない

1月に会長選を予定しているベティスだが、立候補締め切りの2日前となってもクラブ公式の候補者が一人もいないことをペペ・レオンはコメントし候補者が現れることを期待している。ベティス前会長は候補者がいない理由として3千万ユーロの予算を持つベティスを率いていくには個人がやりたいという気持ちだけではどうにもならないものだし、セビージャにはそれだけの予算を動かせる企業がないと話している。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

TVマネー

11億ユーロと言う巨額のTVマネーを手に入れたレアル・マドリー。ラモン・カルデロン会長は選挙公約に縛られているのかいまだカカー獲得に熱を上げており、これだけの資金があればどんな選手でも獲得できるし公約も果たすことが出来るとペーニャの会合でコメントし、サポーターから大きな拍手を受けている。

否定します

レアル・マドリー戦の敗北を受けてテクニカルマネージャーカルボーニと関係が上手く行っていないキケ・サンチェス・フローレスの後任候補を探し出しており、しかもその監督はスペイン人ではないとTVのプログラムで話されたバレンシア。

フアン・ソレール会長が急遽会見を開き、キケに絶対の信頼をおいており監督交代などありえないと否定し、このような噂に振り回されないことを懇願した。またフアン・ソレール会長は怪我人続出のため選手層が薄くなっているとは言え、冬の移籍市場での新しい選手補強はないとコメントしている。

スペイン復帰か

ビジャレアルはニハト、ピレスを欠く攻撃陣の補強としてニューカッスルの元スペイン代表FWルケ獲得に動いている。ルケは昨シーズン、イングランドに期待を胸に渡ったものの、出場機会に恵まれておらずスペイン復帰を口にしており、ビジャレアルを初め、バルセロナ、マジョルカ、ベティスなどが興味を示していた。

ニューカッスルもルケの後釜を探し始めており,早ければ今週中にルケのビジャレアル移籍がまとまる可能性が高いとの事。

いつも勝利を信じている

UEFA杯グループリーグを1位突破するためにも2連勝が必要なセビージャ、MFマルティーはチームはいつも勝利を信じていると話し、シーズン終了2ヶ月前にまだチームがトーナメントに残っていればもちろんカップを取りに行くつもりだと現時点では優勝という最終目標ではなく、目前のグラスホッパーズ、AZ戦が大事であるとコメント。

新監督は

勝ち点5の最下位と成績不振からルイス・セサル監督を解任したナスティック・タラゴナは後任候補としてマネー、パコ・フローレス、ルイス・フェルナンデスを検討しているとの事。監督就任の条件としてナスティックは、ナスティックのことを知り、哲学を受け入れられる監督で、現状を深く理解し、メンバーを再構成することの出来ることをあげている。

代表でもやれる

レクレアティーボ・ウエルバ監督マルセリーノはチーム躍進の秘密はロッカールームにあると前置きした上、ウエルバにも代表でプレーするのに相応しい選手たちが揃っていると話している。

また、マルセリーノは代表選考についてルイス・アラゴネスが決定権を持っている事を承知しているが、ウエルバのような小さなクラブからは良いプレーをしていてもビッククラブでまずいプレーをしている選手よりも選ばれる可能性は少ないとコメントしている。

悪い癖

ナスティック・タラゴナ監督ルイス・セサルはいいプレーをしていてもチームは一度失点をしてしまうとその勢いは完全に消えチームは姿を消してしまうことがナスティックの抱える問題点であるとコメント。

ルイス・セサルは失点のことを考えずに前を向いたプレーすることを選手に要望しているものの、なかなかその悪癖は消えないと頭を抱えている。

いいFWがいる

レバンテFWリガはFW陣は素晴らしい選手が揃っており、どの選手がでてもロペス・カロの期待に充分応えることの出来るとコメントしている。また、現在14位とリーガ中位にチームはつけておりこのリズムを持続していけば苦しまずに目標である残留をレバンテは果たせると確信している。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

めでたいことだが

第3子が誕生するとの事でビジャレアルはMFリケルメのアルゼンチン帰国を認めている。ニハトが練習中にじん帯断裂で今季絶望と怪我人にないているイエロー・サブマリンは、バルセロナ戦、背番号8を起用することが出来なくなった。

オイルマネー

マジョルカはアルゼンチン人MFピスクリチにカタールのクラブからオファーが届いていることを明らかにした。今夏オファーがありながらも放出をすることのなかったピスクだが、ここに来てマンサーノの構想内では低い位置にいることと、オファーが良いため選手とクラブにとって良い決定をしたいとグランデ会長はコメントしている。

皆驚いています

ビジャレアルのフランス人MFピレスは自身の怪我を始め、今シーズンリーガで十字じん帯断裂の怪我をする選手の多さに驚きを隠していない。またピレスは練習場に顔を出すまでは回復しており、チームメートの顔を見てリハビリが出来るのは精神的にもいいものと話している。

ビジャレアルMFピレス
「今シーズンのスペインで起きていることに驚きを隠せずにいられないよ。何でこんなに怪我人が多くて、しかもその大半がじん帯断裂の大怪我なんだろう。何故かは解らないけど、選手にとってもクラブにとっても難しい状況であることは間違いないね」

守護神が…

ベティスGKドブラスは右腕血栓症のため最低1ヵ月半の戦線離脱が必要なことが判明している。ドブラスは昨日の練習中、右腕が膨れ上がり、血管が浮き上がって来たと症状を説明。

原因としてウエイトトレーニングのやりすぎか最近によるものではないかと話しており、復帰まではランニングも出来ず、ただ安静に過ごすことだけが症状回復の手段であるとの事。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

話はない

アスレティック・ビルバオの公認候補に噂されているルイス・フェルナンデスだが、自分から監督との契約のあるクラブに売り込みをかける事はないとアスレティックとの接触を否定している。

残留のために

ラシン・サンタンデールからナスティック・タラゴナにレンタル移籍してきたFWルベン・カストロは自分を信頼してくれたナスティックのために力を出し残留させたいとナスティック選手としての一声を発している。

またルベン・カストロは所属先のデポルティーボ戦には条約により出場が出来ないとの事。

いつものことだ

ロスタイムのパンディアーニのゴールでアスレティック・ビルバオに勝利したエスパニョール。監督のバルベルデはリーガを戦っていく上でアスレティック戦のような試合はこれからも起こりえることでシーズンもまだ1/3を消化したばかりで苦しんではいないとエスパニョールがこれからも厳しい戦いが続くことを覚悟している。

いらんだろう

バルセロナのご意見番ヨハン・クライフは地元紙に対し、チームの冬の移籍市場での選手補強は必要ないとコメント。クライフは新しい選手を獲得してもその選手が登録できるのは1月1日以降で、サビオラはその時には復帰しているし、エトー、メッシもCL第2レグまでに戻ってくる点と新選手がチームに適応できるか疑問点があることから補強の必要はないと話している。

暖かいところで

セビージャ戦で前十字じん帯を断裂し全治7ヶ月の診断を下されたブラジル人MFエドゥはブラジル人選手の信頼が厚いドクター、ホセ・ルイス・ルンコ二執刀してもらうとの事。
そのため、スペインではなく母国ブラジルで手術を行うとのこと。

選手が足りない

バルセロナFWロナウジーニョはチームに負傷者が続出しており、残りのメンバーにいくらタレントがあるとしても選手が足りないことは否定できないと話、冬の移籍市場で新しい選手が加入することは歓迎すべきことと話している。

またブラジル代表FWはACミランが獲得に動いているとはいえ、人々の愛情を感じるバルセロナで歴史を作りたいし、他のクラブでプレーすることは想像がつかないと改めてバルセロナでプレーしていくことが自身にとって一番であるとコメントしている。

お勧めできない

16ヶ月と移籍問題のため試合はおろか練習参加も許されなかったスビアウーレだが、16日はれてアスレティック・ビルバオの入団会見を行うことに。スビアウーレは無所属、練習参加禁止の16ヶ月間葉誰にも進めることの出来ない経験だったが、厳しい時間を過ごしたことで精神的には強くなったとコメントしている。

泣き言は言わない

次節ガリシアダービーを控えているデポルティーボ・ラ・コルーニャのDFコロッチーニ(今季は中盤のそこでプレー)はどのチームも怪我人を抱えているけど自分たちはその圏で泣き言は言わないし、20数人のメンバーが自分たちの仕事をするためにチームを形成しているし、ダービーは怪我人の数で勝敗が決まるものではないとコメントししている。

カテゴリ - セルタ

固定リンク

2つの試合にはマーク

セビージャGKパロップはベティスとのセビージャダービーと古巣バレンシアの対戦日はカレンダーに丸をつけるほどモチベーションが上がる絶対プレーがしたい試合で、勝ちたい気持ちはどの試合よりも強く、勝利を手にすれば何物にも変えられない名誉だとコメントしている。またバレンシア戦の勝利はチームがリーガ獲得するための大きな一歩であるともコメントしている。

新選手獲得のため契約を解除

ベティスの最高株主マヌエル・ルイス・デ・ロペラは怪我で戦線離脱中の左サイドバックダミアーが復帰まで2ヶ月かかることから、登録を抹消しセグンダ ポリ・エヒドのクリスティアン・ガルシア獲得に動くとの事。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

ユニホームに漢字が

オサスナは中国企業Yingli Solarとスポンサー契約を結んだことを発表。パコ・イスコ会長は契約額を明らかにはしなかったものの、噂されている50万ユーロであることは否定している。この契約によりオサスナはパンツに漢字のロゴが入ることに。

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

東へ東へ

ナスティックはデポルティーボ・ラ・コルーニャからラシン・サンタンデールへレンタル移籍中のFWルベン・カストロを怪我で長期離脱したオスカル・ロペスの代替選手として獲得する可能性が出てきている。

サポーターの力が必要

villarreal riquelme.jpg
ビジャレアルMFリケルメはここまでチームの調子が上がらずにサポーターがいらだつのもわかるが、サポーターの応援が長いシーズンでは5ポイント、6ポイントに変るものだから我慢してチームをサポートして欲しいとコメントしている。

練習復帰

060812AMadrid_FTorres_003.jpg

アトレティコ・マドリーFWフェルナンド・トーレスが15日チームの全体練習に予定通りに復帰。レバンテ戦プレー向けて調整を行っている。トーレスは第10節対ビジャレアル戦でDFシガンのタックルを受け、右足数箇所を打撲したため、回復が心配されていた。

新しいキャッチコピー

レアル・マドリー会長ラモン・カルデロンはマルセロの入団発表の席でフロレンティーノ・ペレス会長が作ったジダネス・パボネスに続く新しいキャッチコピー「veteranos y noveles(ベテランたちと若者たち)を発表した。

ラモン・カルデロンは「マルセロは将来のプロジェクトの一部分で、チームを再び王道に導いてくれる。それが自分たちの考えで、チームソングでもveteranos y novelesと歌っている。マドリーのメンバーとして世界でも有数な選手たちを加えて行きたい」と話し、その第一陣としてマルセロ、ガゴ、イグアインの獲得をあげている。

ようやく選手登録

レアル・ソシエダからアスレティック・ビルバオへの移籍を巡り訴訟沙汰になっているDFスビアウーレだが、15日LFPはラ・レアルの上訴を却下し、長期離脱のMFキコに代わる選手としてスビアウーレがアスレティックでプレーするためのライセンスを発行した。木曜日に正式発表が行われる予定で試合復帰には1年半のブランクがあるため、2,3ヵ月後になるとの事。

嬉しいし悔しい

オサスナと2年の契約延長で同意したGKリカルドはクラブの自分に対する信頼にとても感謝しているし、オサスナでもっとプレーすることはわかっていたし嬉しいことと笑顔を見せていたが、前節元同僚のレアル・マドリーFWバン・ニーステルロイに4得点を決められたことに話がかわると、今でも思い出すだけでも胸が痛むと悔しさを隠せないようで、次節ウエルバ戦での勝利がこの痛みを消す最良の薬だと話している。

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

マドリーでプレーしたかった

レアル・マドリーと2012年までの契約を結んだブラジル代表DFマルセロは他にも多くのクラブが獲得に興味を示してくれたが104年の歴史を持つ世界でも有数のクラブで、自分の好きなロベルト・カルロスがプレーしているレアル・マドリーでプレーがしたかったとコメントしている。

考えていない

FIFAが1部チーム数を18チームにすることを検討しているとはいえ、LFPはクラブの同意が無い限りするつもりはないし、他のヨーロッパ2大リーグイングランド、イタリアも同じ数であると現時点でのクラブチーム数削減の考えは無いとの事。

カテゴリ - その他

固定リンク

困らせたい

怪我から復帰したものの、メンバーがほぼ固まり出場が難しい状況にあるアトレティコ・マドリーMFガビは、メンバー入りするのが難しいのは分かっているが監督を困らせたいと話しており、プレーするためにトレーニングからアピールを出来る限りしていくことをコメントしている。

もういいだろう

バルセロナドリームチームの一員であったメキシコ、ドラードス・デ・シナロアMFグアルディオラが頭はもう1つのことしか考えないし、体はこれ以上頑張るのは無理だ。もう充分だろうと言っていると現役からの引退を発表した。今後は子供たちを中心としたトレーニング、コーチ業に従事していくとの事。

準備は出来ている

怪我で戦列を離れていたバレンシアMFビセンテはトレーニングも問題なくこなしているし、試合に出たい気持ちでいっぱいだと90分間の出場は厳しいが、次節セビージャ戦での復帰を熱望している。

バレンシアの対戦相手がセビージャ、レアル・マドリーとリーガタイトルを直接争うということに関してはモチベーションもあがるしやりがいがあるとコメントしている。

状況はよくなる

アスレティック・ビルバオのベテランFWウルサイスは初めて90分間出場を果たしたバレンシア戦での自分の好パフォーマンスについて驚いているのは自分を知らない奴だと話し、まだまだ若い奴に負けないと息巻いている。またチームもどん底の状態から少しずつだが、抜け出していると感じているとアスレティックが残留争いから抜け出すことを確信している。

許す

レアル・マドリーFWカッサーノは10日朝、カペッロ監督、選手たちと話し合いの場を持ち、問題についてしっかりと話し合い、全てを明らかにしたことから11日からの全体練習合流を許されている。

再び負傷者リストに

バルセロナのブラジル人DFベジェッティは10日の練習中右足に違和感を覚え練習を切り上げ検査を行った結果、右足ヒラメ筋の肉離れが判明し、再び戦列を離れることに。全治には2週間を要すると見込まれている。

移転反対

盛大に新スタジアムの発表会を行ったバレンシアだが、アスレティック・ビルバオ戦には移転反対を訴える横断幕のほかにフアン・ソレール会長、カルボーニスポーツディレクターに反対する横断幕がメスタージャにあげられることが濃厚。

横断幕には「新スタジアムは要らない。ソレールもいらない、フロントもいらない。いつまでもメスタージャがバレンシアのスタジアム」や「キケ、アヤラ、カニサレスにはYES、建設にはNO、ソレールはもう出て行ってくれ」といったものがあげられるとの事。

カンプノウでの勝ち点は特別なもの

膝の負傷のため2試合欠場していたサラゴサMFアイマールはバルセロナとの大一番で復帰が濃厚。アイマールはカンプノウで上げる勝ち点の価値は他の試合と同じものだが、意味的にはビッグクラブから奪うという意味でも、とても大きい特別なものだとコメントしている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

ロティーナじゃなきゃ来なかった

ピロリ菌のため選手登録を外したDFハウレギの代替選手としてレアル・ソシエダはロティーナ監督とセルタ時代に共にプレーをしていたセビージャMFヘスーリを今季終了までのレンタルで補強。

ヘスーリはチームを変えたことについてはもしロティーナが監督でなかったらセビージャをでることはなかったとはなかったとレアル・ソシエダのプリメーラ残留を請け負った恩師と共にプレーすることを望んだからと説明。またヘスーリは今節の出場は間に合わないものの、11節ベティス戦での出場に意欲を見せている。

そりゃもちろんやる気が出るってもんですよ

副キャプテンを務めながらマジョルカから簡単に放出されたヘタフェDFコルテスは古巣との対戦にモチベーションはあがるし、ゴールを決めたら喜ばないでどうするのと笑顔を見せたが、前節サラゴサに負けている以上勝利が必要だと真剣にコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

またブラジル人

レアル・マドリーはセビージャも獲得を目指していたフルミネンセのブラジル代表左サイドバックのマルセロを5年契約で獲得。セビージャは最終段階でマドリーよりも好条件のオファーをフルミネンセに提示したものの、マルセロ自身のマドリーでプレーしたいと言う強い意志から移籍が成立している。正式発表はまだされていない。

夜遊びの罰

アトレティコ・マドリーのポルトガル人MFコスティーニャは代表召集中にデコらと共に朝帰りをしたためにスコラーニの怒りをかい水曜日に行われる欧州選手権予選対カザフスタン戦のメンバーから外されている。

でないですよ

バルセロナFWサビオラは冬の移籍市場でチームを去る意思のないことを改めてコメント。現在アルゼンチン代表FWにオファーは届いていないし、エトー離脱後プレーをする機会も増えているため、このままチームに残ると他チーム移籍の可能性を否定した。

話は聞きますよ

デポルティーボ・ラ・コルーニャDFアンドラーデはバルセロナ、バレンシアが獲得に興味を示していることを聞き、他の選手同様断る理由もないし自分は話を聞く準備はあるとオファーを歓迎している。とはいえ、移籍に関しては自分自身だけでは成立しないものと慎重な姿勢を見せている。

帰れ

バレンシアのキケ・サンチェス・フローレスは試合形式の練習の中、プレーを途中で止め、ボールを真上に蹴り上げたFWビジャにすぐさまロッカールームへ戻るように指示。何かとキケ・サンチェスの周囲がざわめいているためマスコミが騒ぎ立てるものの、練習では良くあることと問題視していない。

2ヶ月の離脱

セビージャの攻撃を牽引してきたMFヘスス・ナバスは国王杯で痛めた膝を診断した結果、左ひざ半月版損傷が判明し全治に6週間から8週間かかるとの事。土曜日に手術を行うがドクターはヘスス・ナバスの若さと体重の軽さから4週間で復帰の可能性もあるとコメントしている。

また一人…

先発メンバーの離脱に頭を抱えているアトレティコ・マドリーはマジョルカ戦で負傷したDFパブロも検査の結果腎臓に結集があることが判明し全治3,4週間の診断を受けている。ミスタが復帰に向けて順調に回復しているものの攻守の要を失っているアギーレの悩みは未だつきそうにない。

自分の辞書に弁解の言葉はない

チーム全体練習合流を禁止されているレアル・マドリーFWカッサーノはローマに対して謝罪をしたといわれているが、弁解などしていないしこれからもローマに対して使うことはないと説明。似たような発言はしたものの言葉の取り違えでしかないと話し、あたかも自分が問題児であるかのように大げさに報道されることは不快だとコメントしている。

現役引退か

レアル・ソシエダDFハウレギはピロリ菌の治療のため数ヶ月を必要としており32歳とサッカー選手としては高齢のためこのまま現役引退の可能性があるとチームドクターエスコバルは説明している。

冷めた関係

エスパニョール戦でモラッティが負傷し左サイドバックがいなくなったバレンシア。監督のキケ・サンチェス・フローレスは補強を要求するものの、スポーツディレクターのカルボーニは今いる選手、下部組織の選手で補えるとキケの要求を拒否し、クラブの考えは皆分かっていることだから、この船に乗るのがいやならばであれば何時でも去っていいとキケに通告をしており、チームをまとめる両者の関係は完全に冷め切ったものになっている。

代表は考えてない

9節を追え首位に立っているセビージャ。キャプテンのハビ・ナバーロは4年間やって着た結果のご褒美と喜びを見せている。チームが好調なことから代表入りも期待されているハビ・ナバーロだが,今は代表よりもセビージャでやることがたくさんあると頭の中に考えはないものの、代表はどの選手にとってもたどり着きたい場所ではあると話した。

早く復帰できそうだ

半月版を痛め戦列を離れているバルセロナFWエトーだが、医者の見立てよりも早くピッチに復帰できそうだと地元ラジオ局のインタビューにコメントしている。リハビリのためエトーは古巣マジョルカで一週間滞在するとの事。

行動が全てを語る

レアル・マドリーDFパボンはカッサーノ同様に出場機会に恵まれていないものの、エルゲラを例にだし、チームでの行動がしっかりと語ってくれるから自分は泣き言などを言わないと引き続きカペッロの信頼を勝ち取るためにトレーニングを積んでいくことだけを話し、出場が濃厚な国王杯でカペッロの信頼を勝ち得る良いプレーをすることだけを考えている。

ミランからオファー

レアル・マドリー戦で決勝ゴールをあげたことにより俄然評価が高まっているヘタフェDFアレクシスにイタリアACミランが興味を示していることをアンヘル・トーレス会長が告白。ミランはアレクシスが16歳の時にも獲得を目指しており、今季終了後にレアル・マドリー、バレンシアが獲得に動くと噂されている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

思ったより早かった

怪我でチームを離れていたデポルティーボ・ラ・コルーニャDFアンドラーデはまるで何もなかったように早く時が過ぎたように感じるし、怪我明けに出場できるチャンスをもらえることはとても重要なことでラシン戦はぜひともプレーしたいと8ヶ月ぶりとなる公式戦、国王杯対ラシン・サンタンデール戦への出場を渇望している。

残り2試合に進退を

ホセ・レオン会長と会談を行ったベティス監督イルレタは予想された辞任の申し出をせず、ホームでの2試合の結果とチームの試合内容に進退を賭けることが判明した。国王杯はこの試合の対象にならないとの事。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

完璧に危機だ

ホアキンに続き下部組織出身のダニが移籍志望、監督の去就も灰色といい話のないベティス。MFアルスは結果的にもまだシーズンは長いものの昨年と同じ状況で、クラブ的にも同様にベティスは危ない状態で最悪な時を迎えていることを認めている。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

タイトルを狙えるチーム

エスパニョールFWルイス・ガルシアはこの夏移籍が噂されたバレンシアとの対戦を前にバレンシアはリーガタイトルを狙える候補のうちのひとつのチームで、例えけが人を多く抱えていてもそれを補う充分なメンバーが揃っていると警戒している。ルイス・ガルシアはエスパニョールが公式戦7戦負け無しでここらで降格圏内から大きく離れるためにも勝利が必要だと話している。

守護神復帰

レクレアティーボ・ウエルバの守護神ロペス・バジェホが怪我から復帰し、プリメーラ昇格同氏の対決となるナスティック・タラゴナ戦のメンバー入りが濃厚。レクレアティーボは序盤戦の勢いを取り戻すためにも守護神のゴールした降臨が絶対。

シャビ、グッディーOUT

Barcelona_Xavi_01.jpg

ライカールトは次節デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦、チームの心臓であるMFシャビとエトーにかわるストライカーグッジョンセンを怪我のため起用することが出来ず。シャビはチェルシー戦で左足脛を痛め、木曜日個人練習飲みを消化。レントゲン検査の結果、頚骨損傷が判明し全治10日が言い渡されている。

デポル戦の出場が見込まれていたFWグッジョンセンも再検査の結果、プレーが出来ないわけでもないが、怪我が悪化する可能性があり、コルーニャ遠征不参加となった。

戻りたくない

開幕当初は先発でプレーしていたものの怪我でポジションを失った形のレアル・マドリーMFレジェスは5時にどの店も閉まるイギリスでの生活に自分も家族も馴染めなかったことを告白し、レンタルもとのアーセナルに復帰はしたくないと話している。

プレーの質の低下などはない

怪我から復帰してきたバレンシアMFバラハはチームがいい時もあれば悪い時もあるのは当然のことで、リーガで2位、CL決勝トーナメント進出、国王杯も順調なチームのプレーの質が落ちたなどいうことはありえないと悲観的なマスコミに活をいれている。

勝利でチームはかわる

エスパニョールMFルフェテは次節古巣バレンシアに勝利すれば順位の上だけでなくチームはレベルを大きく上げることになると勝利を渇望している。またルフェテは古巣との対決は他の選手同様に特別なものであり、バレンシアには多くの友人がいるけども試合中はその感情は忘れ去らなければいけないと話している。

ルフェテはバレンシアを去ることになった原因の1つであるキケ・サンチェスとの関係についてはチームを去る前に顔を合わせて話をしたけどその話を今するのは論理的ではないと論争が起きることを避けている。

実際そうだからね

プリメーラ昇格後、安定した成績を残し今シーズンもここまで6位とヨーロッパ圏内につけているヘタフェ。MFチェレスティーニはチームの目標がヨーロッパといっても自分は笑うことは出来ない。実際にそのポジションにつけているのだからとサポーターやマスコミはいくらでも夢を持つことが出来るとコメントしている。

とはいえチェレスティーニは選手はヨーロッパも残留争いも今は頭の中になく、目の前の試合を大事にしていくだけで来シーズンについては残り10節をきってからと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

根性が足りん

アトレティコ・マドリーは前節サラゴサ戦で決勝ゴールを奪われたシーンでギリシャ人DFセイタリディスが自分の判断でピッチの外に出ており、もし2番がピッチにいればふさげたかも知れなかったと話し、個人の判断でプレーを止めて意思待ったセイタリディスの行動に不快感を持ち始めている。

順調順調

デポルティーボ・ラ・コルーニャはテルセーラディビシオンのサンタ・コンバと親善試合を行い1対2と敗戦はしたものの、怪我明けのDFアンドラーデが良い動きを見せており、早期復帰が期待されている。

かたなあかん

いい試合をするものの結果が結びついていないアスレティック・ビルバオ。チームの状態についてMFジェステはもしこのままシーズンを消化して勝つことが出来ないでいれば昨シーズンのような厳しい状況に追い込まれることになるから、出来るだけ早くリアクションを取り、勝ち点3を与えてくれる勝利を続けなければいけないと警告を発している。

見て行ったなら呼んでよ

ヘタフェDFプリドは前節のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦にスペイン代表監督ルイス・アラゴネスが訪れたことに触れて、ルイスは上位のチームよりもビッグクラブを見に行っているだろうし、自分たちのような小さなチームには興味は薄いだろうし抜擢するにはリスクを感じているだろうと批判とも擁護にも取れるコメントをしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

もう終わったこと

レアル・マドリー監督カペッロはカッサーノの件に関しては既にクラブが制裁を下しチームから離れ個人練習をしていることでもう終わった事とこれ以上の騒動を望まずコメントを避けている。

レアル・マドリー監督
「大事なのはステアウア戦でカッサーノではない。試合のことを話そう。彼の件はもう終わったこと。自分は選手に制裁を加えることは好きではない。何故ならそれは選手だけでなくチームも同様に良い振る舞いをしていないことになるからだ」

とりあえず続投

勝ち点4の18位と低迷しているベティスは会議の結果、マジョルカ戦の戦績次第では解任を噂されていたイルレタ監督の続投を決定している。続投が決まったイルレタは次節ビジャレアル戦でプリメーラ指揮600試合となるのでぜひとも勝利で節目の試合を飾りたいところ。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

とりあえず2人

怪我で戦列を離れていたバレンシアMFビセンテとFWタバーノがフィジカルとレーニンgとともにボールを使った練習を開始。バラハもこの2人とともに汗を流しており復帰への最終段階に入っており、野戦病院と化してメンバー構成に頭を悩ませているキケ・サンチェス・フローレスにとって嬉しい知らせとなっている。

ラ・レアルを復活させてはならない

レバンテDFルビアレスは次節の対戦相手レアル・ソシエダについて勝利は勝ち点3を重ねるだけでなく、降格圏内の相手を引き離す意味でも2倍の価値があると重要性を感じている。

レバンテDFルビアレス
「ラ・レアルには勝たないといけない。今の彼らはとても危険な相手でいつ牙を再びむくかはわからないからね。だから決して彼らに復活のきっかけを与えてはいけない」

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

大事なことは降格圏で終わらないこと

レアル・マドリー戦でPKを決めたナスティック・タラゴナMFブアデスは大事なことはシーズンを降格圏内で終わらないことで、結果は結びついていないもののナスティックは良いサッカーをしているのでこの調子を続けていけば降格圏をチームは抜け出せると楽観視している。そのためにも大事なことは自分達のサッカーにもっと自信を持つことが不振脱出の鍵とコメントしている。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com