« けが人が多い | メイン | ドイツ発のお話です »

監督を信じてる

2006年10月31日

マジョルカ戦もセットプレーからの失点で敗戦を喫し、解任も秒読み段階に入ったイルレタ監督率いるベティスだが、メンバーはイルレタに信頼をおき続投を希望するコメントを残している。

ベティスDFフアニート
「状況は厳しいものだけど、イルレタがこの状況からチームを救ってくれる監督だと思っている。昨シーズンもセラが解任かという時があったけど最後にはチームは残留を果たしているからね。監督を代えたからといって状況が変わるといった保証はないよ」

ベティスFWシスコ
「イルレタ以外にこの状況を打破できる監督はいないよ。きっともっと守備的にプレーして先ず失点をしないことを考えれば結果は出るはず。チームはいいプレーをしているんだけど結果がついてきていないだけだ」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com