« それは問題だ | メイン | まだまだだ »

深刻になる必要は無い

2006年10月31日

セビージャ戦、引き分けにするチャンスがあったにもかかわらずものにすることが出来ずに終わったことをセルタDFレキは反省する事はもちろん大事であるが、深刻になる必要は無いと前向きなコメントを残している。

セルタDFレキ
「毎回敗戦後には自分たちのプレーを分析し反省しなければいけない。確かにセビージャ戦自分たちはいいプレーをすることは無かったが、何もまるでセグンダ降格したかのように悲観的になる必要はない」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com