« プレーがしたい | メイン | 2010年まで »

全て終わったこと

2006年09月05日

一時の退団騒動を経て、移籍市場最終日でクラブとの間にあった大きな溝を生めることが出来たバレンシアDFアヤラはもう全ては終わったことで今はバレンシアでプレーできることが嬉しいとコメントしている。

また、厳しい状況の中多くのサポーターから練習場やスタジアムといったサッカーに関連した場所だけでなく全ての場所で応援してもらったことが自分を勇気付け、残留のきっかけの一つになったと話している。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com