« 結局残留 | メイン | ルケはいらん »

仲直りの裏には

2006年09月01日

チーム退団を示唆していたバレンシアのアルゼンチン人DFアヤラは31日ソレール会長と話し合った結果、バレンシア残留を決めている。アヤラは一時期お互いの気持ちがすれ違っていたがこの話し合いで解決する事が出来たし、いつでも自分はバレンシアの選手と感じているとコメントしており、代理人もバレンシアとの契約延長交渉の席に着く準備があると話している。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com