« 歴史を作りたい | メイン | 早く決めろ »

時代は終わった

2006年07月15日

アスレティック・ビルバオDFラミキスのエスパニョール移籍が移籍金30万ユーロで成立。設定されていた違約金は2500万ユーロと高額だったが、前監督クレメンテの構想から外れたため他クラブへの移籍を選手が希望し、DFを欲しがっていた元アスレティック・ビルバオ監督バルベルデが率いるエスパニョールに決まった。

ラミキスは9年間プレーしたアスレティックについて赤白のストライプを着てプレーできたことは誇りに思うことだし、選手として人として大きく育っててもらったとコメントしている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com