« ラストゲーム | メイン | 最後まであきらめない »

大一番

2006年05月11日

5月13日プリメーラ残留をかけてレアル・ソシエダと対戦するエスパニョールの監督ロティーナはこの90分の戦いはエスパニョールにとって歴史的な大一番で、セグンダ降格への危機的状況の試合ではないと語気を強めている。

エスパニョール監督ロティーナ
「歴史的一番を繰り広げる90分間が我々を待っている。選手たちにはチーム降格の危機ではなく勝利の女神が自分たちを待っていると考えて欲しい。我々はどのように戦わなければいけないかを理解しているし、自分たちのクラブの未来がかかっていることもわかっている。結果は自分たちの手にゆだねられていることはチームにとって大きなアドバンテージだ」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com