« 王者の危機 | メイン | 王者の声 »

自分たち次第

2006年05月04日

アラベスに2対0と敗退したことで残留争いの渦に再び引き込まれたベティスだが、監督のセラ・フェレールは残留はまだ自分たち次第と強きの発言をしている。

ベティス監督セラ・フェレール
「まだ、残留かどうかを決める決定権は自分たちの手の中にある。とにかく残り2試合で自分たちが勝ち点を上げることが出来るかが大事だ。少なくともアラベス戦で勝ち点を上げれると考えていたからこの敗戦は非常に痛い。ゴール前の決定力不足が高い代償を払ってしまった」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com