« 初めて認めた | メイン | 悪夢を消したい »

責任は自分達にある

2006年05月02日

セグンダ降格の決定したマラガのキャプテン、フェルナンド・サンスはチームは今降格という事実を受けて打ちのめされているが、降格の責任は自分達選手に責任があると話し、来季は失ったものを取り戻さなければならないと話している。

マラガDFフェルナンド・サンス
「今更隠す必要は何も無い。降格の責任は自分達選手がその力がなかったからだ。審判やクラブ内の問題が無いとは言わないけどね。とにかく今は出来るだけ早くプリメーラに昇格する事がクラブ、街、そしてサポーターの為にも自分達に課された使命だ」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com