« 残りをがんばろう | メイン | こっちが主役だ »

あきらめそうになったことはあった

2006年04月28日

足首の負傷のため3ヶ月戦列を離れているバレンシアMFビセンテは個人の目標として残りの数試合に出場して、W杯ドイツ大会にスペイン代表として出場することをあげている。また、ビセンテは来シーズンに備えて無理をせずにゆっくりと怪我の治療をしたほうがいいかもしれないと何度も考えたことがあるとの事。

バレンシアMFビセンテ
「今の状態ではメンバーに選ばれることは難しいだろうけど、残りの試合の幾つかをプレーして代表としてドイツに行くことが目標だよ。だけど、何度か来シーズンのために無理せずにゆっくりと怪我を治すことが大事かなとも思ったことはあるよ」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com