« 休日出勤 | メイン | とりあえずね »

中止の後の反応

2006年04月25日

第33節サンチェス・ピスファンで行われるはずだったセビージャ対バルセロナの試合は開始前に降り始めた雹と大雨のためスタジアムがプールと化したため予定開始時刻の約1時間後22時に中止の決定が下されたが、リーガの日程が埋まっており代替日を設けることが出来ていない。

バルセロナ監督ライカールト
「CLの前に体力を消費しなかったことだけが唯一の良かった点かな」

セビージャMFアドリアーノ
「あの状態のスタジアムではプレーをすることなんて出来ないし、危険以外の何ものでもなかったから判断は正しかったと思うよ」

セビージャMFマルティー
「審判の判断は正しかったと思うよ。ただ、残念だったのはその判断を下すのが遅すぎたことかな。なぜなら、スタンドには多くの観客が豪雨の中審判の判断を待っていたんだから」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com