« どうなるかはわからない | メイン | もう戦う力はない »

喜びの声

2006年04月13日

前評判を覆し、タムード,ルイス・ガルシアらのゴールでサラゴサを4対1と破りコパ・デル・レイを獲得したエスパニョール選手の喜びの声。

エスパニョール監督ロティーナ
「ホテルからベルナベウに行く間に多くのサポーターが詰め掛け、カーニバルのような熱狂の中選手達に力をくれたことからこそ勝利が出来た。バスの中でのサバレタを始めとするアルゼンチン人たちのコールが盛り上げてくれて自分は何もする必要はなかったことも勝利の要因だ。おかしな話だと思うかもしれないが、彼らが歌う4つのコールで我々は決勝を勝つことが出来たといっても間違いない。勝つための準備をしてメダルをかけれたことは最高の気分だ」


MFイバン・デ・ラ・ペーニャ
「決勝はやっぱり誰にとっても特別なもの。選手だけでなく全てのエスパニョールの人々がこの優勝に値するものだ。こんな素晴らしいサポータたちに歓喜させることが出来たことは本当に大きな喜びだよ。誰にこの勝利を捧げたいって?そうだね、自分を支えてくれた妻、子供達、仲間にまずは捧げたいね」

MFフアンフラン
「今とても幸せな気分だよ。エスパニョールでプレー初年でこんな大きなタイトルを獲得できたんだからね。この勝利を全てのエスパニョールサポーター、家族、仲間そしてラウール(マドリーキャプテン)に捧げるよ」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com