« 再発してしまった | メイン | それじゃいけない »

辞めるわけにはいかない

2006年04月13日

残り6節を残しプリメーラ残留に9ポイントと厳しい状態が続くマラガ。監督のイエロは
辞任すれば自分は楽になるが、それは次が尻拭いをすることになるとブランキアスールを最後まで率いる決意を見せている。

マラガ監督イエロ
「今ここで監督をやめてしまうのが自分にとって楽な方法だが、それは私の後を次ぐものに尻拭いをさせることになる。今まで自分はそんな臆病者ではなかったし、最後の日までマラガの指揮を取り続ける。サポーター、選手、監督と誰もが同じようにクラブを愛してここまできたことを忘れないで欲しい。

成功を収めている間は多くの人が後押しをしてくれるが、負け始めると誰も周りからいなくなってしまう。だが、自分はとても冷静だし、マラガ魂を誰かに押し付けることはない。今精神的にチームはよくないのは確かだ。

選手が楽しんでプレーが出来ない時ほど勝利は遠のいてしまう。今の状況は悲しいものだが、プロであるかぎり次節オサスナ戦、そして残りの試合全てに勝つことを目指している。白旗を揚げることは認めない。可能性のある限り最後までマラガは戦い続ける」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com