« 狙われている | メイン | 気持ちは黄色 »

死んでもかまわない

2006年03月16日

マラガ監督マヌエル・イエロはサラゴサ戦に勝利を得るためなら死んでもかまわない気持ちで戦うと、残留争いから脱落しないためにも結果が必要とコメントしている。

マラが監督マヌエル・イエロ
「サラゴサは自分のタイプの好みのチームで、良いサッカーをしており多くのチャンスを作り出している。だが、我々は勝利のみを目指し死ぬ気で戦わなければならない。
チームの調子が上向いている今こそ、勝利を望んでいるし必要としている。

リーガの状況を判断すると、マラガの目標は残留を果たすこと以外の何物でもない。秩序ある堅実な守備から良い攻撃が生まれてくる。とにかくマラガはしっかりとしたプレーをしなければいけない。それに勝利は今我々に付きまとっているプレッシャーを打ち消すことが出来るから」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com