« かって知ったる我が家 | メイン | 魅力はあるが »

ミスは許されない

2006年02月16日

次節マジョルカとの逆天王山を控えているマラガ。マノロ・イエロ監督は残留を争っているどのチームも似たような問題を抱えており、ミスが自分たちの首を絞めることになると話している。

マラガ監督マノロ・イエロ
「プリメーラ残留を争っているマラガを含めた7,8のクラブは大きな問題を抱えている。だからこそより冷静になれたクラブがこの混戦を抜け出すことになるだろう。マラガは自分たちの置かれている状況、残留争いの厳しさをしっかりと理解している。アウェーのアラベス戦では多くのミスがあったため良いものではなかった。だが、自分たちはその解決方法を持っている。はじめにホームスタジアムだ。ラ・ロサレダがマラガをプリメーラ残留に導いてくれることだろう。アスレティック戦のようにサポーターがチームを後押ししてくれたなら残留は間違いない。サッカーでは不安の状況でプレーしたとき、ミスが増え、ゴールが遠のいていく。失点が多いことは自分にとっての問題の種だ」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com