« 最高評価を超えた評価 | メイン | 友達だけど »

前を見なきゃ

2006年02月11日

今シーズンは負傷がちでリーガではたった1得点と思ったようなプレーが出来ていないセビージャのアルゼンチン人FWサビオラだが「悪いと嘆いていても何も始まらないからよい結果が出るようにその道を探さなければならない。それにきっとみんなが喜べるような良い出来事が訪れるはず」と前向きなコメントを残している。

セビージャFWサビオラ
「特にサッカーの魅力に取り付かれたサポーターが、結果が出ないときの自分のプレーはもちろん、チームが機能しないときに怒りの感情が出てくることは容易に想像できるよ。選手はもちろんみんなが幸せになれるような結果を出せるようにプレーしているし望んでいる。

自分は今調子がいいとは言えない。だからといって駄目だ駄目だとその環境にはまるのではなく、試合できっかけとなる良いプレーを探さなければいけない。チームはこれからUEFA、リーガ終盤と大切な試合が続く。だからこそ強固でそして強い個人、チームになれる好調な状態になっていきたいね」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com