« 23節監督コメントその5 | メイン | まだ余裕がある »

23節監督コメントその6

2006年02月13日

注目の首位攻防戦はバルセロナGKビクトル・バルデスの致命的なパスミスを見逃さなかったビジャが決めたゴールをバレンシアが守りきり勝ち点差を6に縮めることに成功している。

バレンシア監督キケ・サンチェス
「自分としてはチームの話をすることを望んでいるがビジャの活躍については話をしないわけにはいかない。自分たちの義務であるCL出場のためにもまだまだチームは勝利し続けなければいけない。勝利を重ねることによりリーガの優勝争いも見えてくるだろう。今日の試合はとても激しいものだったが、すぐに厳しい対戦が自分たちを待ちかまえている」

バルセロナ監督ライカールト
「チームは戦い、結果を出すために全力を尽くした。だがバレンシアも同様に彼らのスタイルを通しぬき結果を出した。今日のような失点の仕方でこのすばらしい試合を落としたことは非常に残念だ。勝ち点差が縮んだがそれでもプラス6なのはマイナスよりもずっといいこと」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com