« 第23節監督コメントその2 | メイン | 23節監督コメントその4 »

23節監督コメントその3

2006年02月12日

今シーズン前半戦を引っ張っていたオサスナとバルセロナ、レアル・マドリーを撃破し現在好調のサラゴサの対戦であったが、試合は特に輝きを持たず1対1の引き分けに終わっている。

オサスナ監督アギーレ
「90分の間相手のシュートはたったの一本で、引き分けに終わってしまった。このような失点の仕方はとても厳しいもの。自分たちは引き分け以上がふさわしいプレーをしたし、彼らが引き分けを狙っていたのは明らかだった。多くのチャンスを演出したがセサルをはじめとしたDFにうまくやられてしまった」

サラゴサ監督ビクトル・ムニョス
「試合内容はともかくアウェーで勝ち点を稼げたということはプラスの結果だ。ピッチはまったく持ってよい状態とはいえず、良いプレーを妨げる原因だった。だが前半チームは良いプレーをしたし、後半も勝ちに行く姿勢を見せていた。引き分けと言う結果は妥当なものだろう。オサスナは多くのチャンスを作り出したが、決定機の数はそんなにあったわけではない」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com