« 100ゴール | メイン | 変化が必要だ »

最後通告

2006年01月18日

IY4F8179.jpgここ7試合で勝ち点2しかあげることの出来ていないマラガ。フロントは次節セルタ戦で結果を出さない場合は解任することをタピア監督に通達。後任として元アスレティック監督のバルベルデ、ラージョ・バジェカノ監督のミッチェル、元プーマス(メキシコ)のウーゴ・サンチェスの名前が候補として挙げられている。

監督のタピアは「確かに寝つきが最近よくはないが自分のおかれている状況について心配はしていない。自分は最善を尽くすだけ出し、自分の犯したミスも認めている。だがサッカーでは人の力ではどうにも出来ないことがある」といつもと同じ調子でコメント。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com