« それは初耳 | メイン | スペインでも報道される »

まだまだ続くセビージャダービー

2005年11月23日

セビージャDFアドリアーノによって約1ヶ月の怪我を負ったベティスFWダニ。腹の虫がおさまらないようで「セビージャの選手は悪意を持ってタックルをし、自分を含めFWがプレーできないようにする」と非難した。ダニの口撃に対し名指しで非難されたハビ・ナバーロは「挑発に乗らないのが一番だが、ダニがFWとしてプレーしてくれているほうがやりやすい」と返している。

ベティスFWダニ
「伝えなければいけないことがある。セビージャには不幸を招くプレーをする危険な選手がいる。ハビ・ナバーロとは話どころか顔も見てないよ。彼の顔を見るたびアランゴに起きた惨劇を思い出して恐ろしくなるからね」

セビージャDFハビ・ナバーロ
「子供の挑発に乗る気はないよ。特にダニのはね。1人で話を大きくしている。自分たちにとって彼がピッチの中にいたほうが数倍良いね。なぜなら他の選手のほうが止めるのに一苦労するからね。だから、ダニをとめるのに反則をしていたらそれこそ笑いものになる」

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com