« マドリーよりバルサ | メイン | 6千万ユーロ足りない »

逆襲はこれから

2005年11月11日

今季獲得選手がチームにマッチせず、その1人クライファートが批判をぶつけるなど決してよい状態とは言えないバレンシアだが、監督キケ・サンチェス・フローレスは「これからバレンシアの逆襲が始まる」と巻き返しを図るコメントを残している。

今季マドリー、バルセロナ戦でよい試合を見せたかと思えば、ヘタフェ、ラシンなどに取りこぼしを見せているバレンシア。対戦相手によりプレーが変わってしまう不安定さが今バレンシアが抱えている最大の問題で、一つでも連勝をすればチームはその流れにのり、よい結果を残していけるとキケ・サンチェス・フローレスは自信を持っている。また、その流れに乗るためには運に左右されないようにチャンスはしっかりと得点を重ねていくことが大事であると明言。

クライファートの件については「確かに少ないプレー時間で仕事をすることは難しいという言い分は分かるが、メンバーに招集された事事態が大事で選ばれたからには最後の1秒だけプレーすることがあるとプロなら理解しなければならない。その姿勢からすると彼の行為は間違ったといえる。ただ選手との仲は何も問題はない。問題があれば話し合いすぐ解決する」と解決済みとの事。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com