メイン

怖い

2013年05月29日

サラゴサのキャプテン、パレデス。最終節のホームでのアトレティコ・マドリー戦に勝利してもデポルティーボ・ラ・コルーニャ、セルタが勝利した場合、セグンダ降格が決まることから「結果を知るのが怖い。残留を決められなかったら…人生でずっと後悔するだろうし、何で必要な結果を出せなかったのだろうと悔やむだろう」と最終節前に大きなプレッシャーを受けていることを語った。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

獲得

2013年01月18日

サラゴサはコルドバの右サイドバック、ホセ・マヌエル・フェルナンデスを獲得。マノロ・ヒメネスのチームはアランダの代わりとなる2人のアタッカーをこの冬の移籍市場で探している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

攻撃陣求む

2013年01月09日

アランダがチームを去ることになったサラゴサ。とはいえ、レアル・マドリー下部組出身FWは補強が来るまでチームに残るものの、マノロ・ヒメネスのチームは2人の攻撃陣を求めている。一人はメキシコ、ティグレでプレーするルイス・ガルシア。復帰は1つのオプションに。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

やる気あふれてます

2012年10月26日

10日間のミニ合宿を行い体重を落としたサラゴサのコートジボワール人MFロマリッチ。監督マノロ・ヒメネスの注文通りに減量に成功したロマリッチはもちろん、体の軽さを感じており、監督と共に古巣であるセビージャ戦に向けてやる気が道阿附ているとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

グィサかジョナタンか

2012年10月25日

サラゴサは膝の怪我の為戦列を長期離脱するオブラドビッチの穴を埋める選手としてヘタフェでルイス・ガルシアの構想に入っていないFWグィサを獲得することを検討しているとのこと。

グイサには冬の移籍市場でベティス、エルクレス、中国のクラブが獲得するという噂が流れているが、選手として大事な試合出場の為、サラゴサのオファーを受ける可能性もあるとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

22取れれば

2012年10月13日

ここ数年、残留争いの主役となっているサラゴサ。監督のマノロ・ヒメネスは前半戦を勝点22で折り返すことができれば完璧と今後の展望を語った。現在、チームは降格圏内手前と苦しい戦いを強いられているが、「もし、何も見せることができずに負けているなら心配するが、自分達は自分達の戦いを見せている。今、必要なのは勝利だけ。良い形で前半戦を終えないといけない。前半戦22、後半戦22、そうすればチームは残留できる」と話している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

契約しない

2012年05月24日

奇跡のプリメーラ残留を果たしたサラゴサ。立役者の監督のマノロ・ヒメネスには契約延長を望む声が多いが、監督はスポーツ面で変化がないと契約延長に応じないとクラブの体制改善を訴えている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

アウェーじゃないね

2012年05月08日

最終節ヘタフェ戦に勝利すれば残留が決まるサラゴサ。アウェー戦にもかかわらず多くのサラゴササポーターが乗り込むとのこと。その数は8,000人を超えるとも言われているうえ、クラブが駆けつけるサポーターに60から100ユーロのチケットをヘタフェから買い、30ユーロで販売するとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

補強

2012年01月10日

最下位のサラゴサ、毎年恒例で冬の移籍市場で選手補強を進めており、今季もディナモ・モスクワからクロアチア人MFドゥイモビッチの獲得がほぼ決定しているとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

合意に達せず

2011年12月31日

ハビエル・アギーレ監督を解任したサラゴサ。後任監督として元ヘタフェ監督ミチェルと交渉中だが、30日の交渉は決裂に終わっている。ミチェルはガリドを解任したビジャレアルの後任候補だったが、金銭面で合意に至らなかったため、ビジャレアル以上に財政の厳しいサラゴサが監督に招聘することは困難が予想される。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

しょうがない

2011年10月06日

婦女暴行容疑で告訴されているサラゴサFWブラウリオ。クラブとの契約解除で合意したとのこと。ブラウリオは2週間チームと離れてマドリーでトレーニングをしていた。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

現在の勝点-1?

2011年09月30日

経営ないというピッチ外の問題で苦しんでいるサラゴサ。2007年にシャクタル・ドネツクから獲得したマトゥサレムの違約金をも未だ支払っておらず、ウクライナのチームはFIFAに裁定を申込み、サッカー界最高機関はシャクタルの主張を認め、違約金の支払いもしくは勝点―6のペナルティーをサラゴサに与えることをスペインサッカー協会に伝えている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

ゴール下だけ

2011年09月14日

レアル・マドリー戦、ラージョ・バジェカノ戦とファインセーブを連発したもののチームの勝利につながらなかったサラゴサGKロベルト。アトレティコ時代には与えられなかった愛情がクラブ、町から感じられるとサラゴサでのプレーを喜んでいる。

また、財政難については「自分は経営のことは分からない。ただ、グローブをつけて自分の仕事をするだけ」とピッチ外の問題をピッチ内に持ち込まずに自分の仕事をするだけと語った。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

また?

2011年01月12日


昨シーズン、冬の移籍市場でチームの半分を変える補強で残留を決めたサラゴサ。今季もここまで降格圏内と結果を残せずにおり、ゼニトのポルトガル人守備的MFフェルナンド・メイラ、ボルシア・ミュンヘングラドバッハのアルゼンチン人FWボバディージャ、ウディネーゼのイタリア人FWアントニオ・フローロ・フローレス、サンダランドのパラグアイ人CBパウロ・ダ・シルバ、バルセロナンのアルゼンチン人CBガブリエル・ミリート獲得に動いているとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

移籍も

2010年12月09日

サラゴサは出場機会のないアトレティコ・マドリーMFカマーチョを冬の移籍市場での補強選手としてリストアップ。ラウール・ガルシア、パウロ・アスンソン、ティアゴの影に隠れてしまったコルチョネロが期待を掛け続けている若手MFにとってプリメーラデビューを果たした監督アギーレのサラゴサは新天地として悪くないもの。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

3人目

2010年11月18日

スペイン紙ASはサラゴサが成績不振のアウレリオ・ガイ監督を更迭し新監督として元メキシコ代表,日本代表監督候補にあがったメキシコ人監督ハビエル・アギーレ承認で事実上決定したと報道。クラブ公式の発表はまだだが、両者で完全合意に達しており、後は年棒などを詰めるだけの状態とのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

自信につながる

2010年11月10日

ロスタイムのガビのペナルティーでマジョルカから今季初勝利を飾ったサラゴサ。キッカーのガビは「マジョルカの勝利は自信を掴むのにつながる。試合の日も言ったけど、今週の戦いが今シーズンの中で一番重要な週になる。その最初の試合に自分達は勝利した。次は国王杯に勝って、セビージャに勝利して降格圏を脱出する事を誰もが望んでいる」と勝利を続けることを誓っている。

また、ガビはマジョルカ戦の勝利は格別な味のするものだったが、あの戦いがサラゴササポーターの心臓に悪いものだと言うことを認めており、早い時間に試合を決める必要性があると語った。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

痛い…

2010年10月26日

最下位のサラゴサ。FWシナマ・ポンゴルが左足の肉離れで国王杯ベティス戦の欠場することが決定的で、週末のバレンシア戦の出場も微妙とのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

また?

2010年09月10日

サラゴサは無所属のオランダ人MFサイド・ブタハルを獲得。ブタハルはスペインでプレーするのが夢だったとやる気を見せている。サラゴサの今季の補強はオランダ人MFで9人目。しかも2人が移籍市場外というもの。

契約は2年の契約延長オプション付きの1年。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

期限は?

2010年09月09日

サラゴサはイタリア人DFマウリシオ・ランサロを獲得したことを正式に発表。レッジーナとの契約を解除した28才DFは無所属なため、移籍市場外だが移籍が成立している。

ランサロはCBだけでなく右サイドバックでもプレーの出来る、イタリア代表の下部カテゴリーで代表に選ばれている中堅。

サラゴサは移籍期限外にソンゴ、バビッチを解除し、ランサロを獲得とチーム作りで苦労をしている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

さよなら

2010年09月07日

サラゴサはMFソンゴーとDFバビッチとの契約を解除した事を公式HPで発表。チームは夏の移籍市場での完全移籍、レンタル移籍を模索していたが、交渉は成立せず。そのため、契約を解除したとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

復帰

2010年07月09日

サラゴサはGKトニ・ドブラスと1年のオプション付きの2年の契約延長で合意。元ベティスの守護神は昨シーズン、セグンダのエルクレスでプレーしており、2年ぶりのサラゴサ復帰となっている。
また、サラゴサは元アトレティコ・マドリーのガラタサライでプレーするアルゼンチン人GKレオ・フランコの獲得を目指しているが、現時点では金額に隔たりがあるとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

5年契約

2010年04月08日

サラゴサはアトレティコ・マドリーからレンタル移籍で獲得しているGKロベルトに5年の長期オファーをしていることが判明した。選手とクラブの間では既に合意に達しているようだが、所有権を持つアトレティコが守護神として獲得したはずのアセンホに600万ユーロ以上のオファーが届いた場合、売却することを検討していることから、交渉は停滞しているとの事。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

2010年02月25日

下位低迷とチーム一丸となって状況打破を図らなければいけないサラゴサだが、イングランド人MFペナンは今季3度目の遅刻とチームの規律を乱したことから練習参加を認められず。

チームメートのプリードは、決して冗談で済むような問題ではないとイングランド人MFの行動を厳しく批判している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

いつでも

2010年02月03日

サントスからサラゴサに今季終了までのレンタル移籍でリーガに復帰した元バルセロナMFエジミルソン。古傷の膝も問題なく、ガイ監督が望めばいつでも試合に出てチームの力になるとやる気を見せている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

剥奪

2010年01月12日

アヤラと共にチームに悪影響を与える選手とガイ監督からチームから隔離されているサラゴサのブラジル人FWエベルトンが外国人枠の問題から選手登録を抹消されること明らかに。

サラゴサはチリ人FWスアソをこの冬の移籍市場で獲得しており、EU外枠がオーバーブッキングとなっており、エベルトンがEU国籍を所得するまでメンバーから外れることに。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

加入

2010年01月08日

サラゴサはラツィオからポルトガル人FWエリセウを買い取りオプション付のレンタル移籍で獲得したことを発表。ポルトガル人FWはサラゴサからのオファーの話を聞いた時に二つ返事でスペイン復帰を承諾したとの事。

エリセウは昨シーズンマラガでプレーしその活躍が認められ、イタリアへ移籍したものの、サッカースタイルの違いから満足なパフォーマンスを見せることが出来ずにいた。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

興味

2009年11月20日

ポルトガル紙レコルドはサラゴサがウニアオのブラジル人FWカルラオに興味を示していると報道。同紙によればサラゴサはスカウトを派遣しているとの事だが、同様にブンデスリーガのケルンも興味を示しているとの事。

カルラオはロシアリーグ10試合で5得点と高い決定力を誇るFWで獲得争いにはポルトも参戦している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

気を抜くことは出来ない

2009年09月29日

プレシーズンは戦力外だったもののここ2戦プレーしているサラゴサの左サイドバック、パレーデスは、「サッカーではすぐにおかれている状況は変わるもの。自分は難しい状況から幸運にも2試合連続でプレーすることが出来た。だけど気を抜いている暇はない。毎週日曜日監督はその時のベストの選手を選ぶから同じメンバーがプレーをすると言う訳ではない」とマルセリーノの信頼をしっかりと勝ち得るために今以上のアピールをしていくことが必要だと語った。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

初練習

2009年09月18日

デポルティーボ・ラ・コルーニャとサラゴサの間で所有権がもめていたサラゴサMFラフィータ。LFPの決断はサラゴサの選手というもので、ラフィータは17日、サラゴサの練習に参加し、チームメートから拍手で迎えられている。

サラゴサはFWウチェがじん帯断裂の為今季絶望と攻撃の要となる選手を失っており、両サイドでプレーの出来るラフィータの加入は大きな戦力に。また、ナイジェリアFWの後任として、バレンシアのジギッチ、オサスナのポルティージョをリストアップしているとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

やっぱり…

2008年07月17日

スペイン国内で高い評価を得ているマルセリーノが監督就任し、1年でのプリメーラ復帰が命題とされているサラゴサだが、アイマールがベンフィカに完全移籍、マツサレムがラツィオにレンタル移籍と予想されたように主力選手が流出している。

アイマールは750万ユーロでポルトガルの名門クラブに移籍することになり、サポーターに対してこの2年間は自分にとって特別なもので、サラゴサはいつも自分の心の中にあるチームと別れの言葉を送っている。ニューカッスル移籍が秒読みといわれていたアイマールだが、ルイ・コスタの説得を受けてベンフィカでプレーすることを決定したとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

チーム改革着工

2008年06月11日

セグンダ降格はしたものの、マルセリーノを招聘し1年でプリメーラ復帰を目指しているサラゴサ。すでにチーム作りが始まっており、セサル、パボン、フアンフランが構想外となっている。

マルセリーノは、セグンダでのプレーを受け入れているアイマール、アヤラを戦力として計算しているものの、他クラブから良いオファーがくれば、ディエゴ・ミリート同様に放出することをクラブは考えているとの事。

同様にオリベイラ、マツサレム、リュクシンも他クラブからのオファーしだいでチーム残留か否かが決まるとの事。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

早くも来た

2008年05月22日

セグンダ降格のため選手の流出が噂されているサラゴサ。同クラブのオーナーであるアガピト・イグレシアスはクラブへの融資は問題ないと話し選手放出の必要性を否定しているものの、早くもオリベイラがアトレティコ・マドリー、アイマール、アジャラが古巣リバプールの補強リストに記載されているとの事。

また、ヘタフェもセラデス、ガビとレアル・マドリーに戻るデ・ラ・レッドの穴を埋めるために興味を示している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

滑り込み

2008年05月16日

バルセロナFWボジャンが個人的理由からルイス・アラゴネスに代表辞退を伝えた事で空いた席には復帰が期待されたレアル・マドリーFWラウールではなく、現在プリメーラ残留を争っているサラゴサFWセルヒオ・ガルシアが選出される事が濃厚との事。

他の候補としてエスパニョールFWラウール・ガルシア、ビジャレアルMFサンティ・カソルラなどもピックアップされているが、サイドの選手として突破、アシストも出来るセルヒオ・ガルシアが選出される事に。

フェルナンド・トーレス、ビジャ、グィサ、セルヒオ・ガルシアとスピードあふれる選手が並ぶスペイン代表だが、9番タイプのCFがいない事が今大会の不安要素になるかもしれない。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

どんな手を使っても

2008年05月13日

決定的なチャンスを何度も作りながらものにする事が出来ず、レアル・マドリーと引き分けたサラゴサは最終節のマジョルカ戦に全てを賭けており、キャプテンの1人であるサパテルは、「マジョルカ戦はどんな手を使っても死ぬ気で勝ちに行かなければいけない」と勝利だけを考えている。

累積警告で出場停止のパレデスもマドリー戦後に、「自分達にとってマジョルカ戦はCL決勝と同じ意味を持つもの」とサラゴサにとって一大決戦であることをコメントしている。

レクレアティーボ・ウエルバとバジャドリーの直接対決があるため、マジョルカに勝利すれば、自動的に残留が決まるサラゴサだが、マジョルカもUEFA杯出場権が掛かっており、簡単な試合にはならない。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

イタリア復帰か

2008年05月09日

プリメーラ残留争いの渦中にあるサラゴサ。既にヨーロッパの各クラブが、サラゴサの選手獲得に興味を示しており、ナポリがアルゼンチン人FWディエゴ・ミリート獲得に動いているとイタリア紙が報じている。

ディエゴ・ミリートはサラゴサと2011年までの契約があり、違約金が1500万ユーロに設定されているものの、セグンダ降格の場合は違約金が下がるとナポリは見ている。

また、ウルグアイ人DFディオゴは、バレンシア戦で右足前十字じん帯を痛めており、検査の結果、全治6ヶ月が言い渡されている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

全力で戦わないと

2008年05月02日

セグンダ降格崖っぷちにいるサラゴサ。DFアジャラは、どのボールでも死ぬ気で向かっていかなければいけないし、マンチェスター・ユナイテッド対バルセロナ戦で普段は見る事のないテベスの献身的な動きを例に出し、攻撃を作る選手達に求めるのは酷だが、今はチームのために出来ることを全部やってもらわなければいけないと、全員で守り、全員で攻撃する事が大事だと話している。

また、足首を負傷しているミリートは、まだ痛みは残るが、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦はチームにとって本当にファイナルマッチと言えるもので、全員が一つのミスなく、持ってる力以上の力を出さなければいけないと悲壮な覚悟を見せている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

言うのは簡単

2008年04月17日

気づけば降格圏とセグンダ降格も現実のものとなりつつサラゴサ。チームにはやる気もなければ、走る気もないといった批判が出ているが、ベテランMFセラデスは、他のチームが自分達よりも走っているとは思わないし、自分達よりも戦っているとも思えないとコメントし、結果として、自分達の気持ちややる気などが上手く試合の中で表現できていないだけで、選手達が一番に今の情況を脱出しようと必死になっていると話している。

また、セラデスは、自分達が怠け者だと批判をすることはとてもたやすいことだが、チームメートの誰を見ても気持ちが入っていない選手なんて一人もいないとコメントしている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

復帰へ

2008年04月02日

チームの他のメンバーがオフの中、セグンダ降格の危機の中にあるサラゴサのアイマール、マツザレムは練習場で汗を流してベティス戦出場を目指している。恥骨炎のアイマールは3ヵ月半チームを離れていただけに、チームの起爆剤となることが期待されている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

悪い流れだ

2008年03月04日

目下4連敗とシーズン開幕当初の目標であるヨーロッパ圏内である6位以上への可能性が大きく消えてしまったサラゴサに新たな衝撃が走っている。

連敗が続いたこと、特に最後の2試合でセビージャに5対0、前節は最下位レバンテに破れるなど自分のサッカーの経歴の中でありえないことが今回の決定の1つの動機となっており、新しい監督を迎えることがチームにとって良い方向に進むこととイルレタが辞任を発表している。

これで、サラゴサは今シーズン3人目の監督交代となっており、セグンダ降格への暗い歴史を刻むことを周囲は不安視している。後任に下部組織の監督を務めている生え抜きのマノロ・ビジャヌバが就任した。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

下を見ている

2008年02月20日

サラゴサの第2キャプテンであるMFサパテルは今のチームが一番にしなければいけないのは残留ラインといわれている勝点42を出来るだけ早くクリアすることで、これからの試合、全てが決勝戦のような大事な戦いであるとコメントしている。

また、サパテルは今のチーム状況、順位からは見てしまうのは順位表の上ではなく、下を見てしまうとのことで、今シーズン開幕前に目標としていたCL入賞は夢の話であることを感じている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

抗議だ

2008年02月19日

リーガ第24節対バルセロナ戦でチームの敗退につながったDFフアンフランのPKの判定に納得がいかないサラゴサはスペインサッカー協会に抗議文を送っていることが判明。

バルセロナの勝利でレアル・マドリーとの勝ち点差が5と縮まり、リーガ全体としてはありがたい誤審ではあるが、当の本人、特に監督が3人も交代するッ状況のサラゴサにおいてはけっして黙視することが出来ない事柄であり、エドゥアルド・バンデレス会長はアンリが腕でボールをコントロールしながら先制点につなげた際の判定と、フアンフランの肩でのトラップをハンドとした判定について抗議している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

早期復帰も

2008年02月13日

現在戦線を離れているサラゴサのアルゼンチン人MFアイマールは、チームがオフ出たメンバーが体を休めている時も、一人練習場に姿を現し、復帰に向けて汗を流している。

恥骨炎治療のため手術を行ったアイマールは、早ければ3週間後には姿を見せるといわれており、サンチェス・ピスフアンで行われるセビージャ戦が目標として定められている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

セサルの後継者ですね

2008年02月06日

サラゴサはセサル、ロペス・バジェホの後継者としてバジャドリーで今季ブレークしている18歳GKセルヒオ・アセンホ獲得に動いているとのこと。セサル・ロペス・バジェホともに来シーズン、契約が切れるため、チームはゴール下の若返りを考えており、下部カテゴリーでプレーをしていた頃から注目していたアセンホに白羽の矢を立てている。

アセンホはプセラと2012年までの契約を結び、違約金も450万ユーロ(15試合以上出場の場合は100万ユーロプラス)とサラゴサにとって出せない額ではないので、今後の動向が注目される。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

2つに分けて

2008年01月25日

サラゴサの監督に就任したイルレタは早速自身のスタイルに基づく練習方法を行っている。チームを攻撃、守備の2つのグループに分け、基礎となる動きを徹底して指導している。

イルレタは次節のラシン・サンタンデール戦でメンバー変更を行う可能性を練習中に見せており、チームの火薬庫となっている6節先発から離れていたダレッサンドロとフアンフランにかわり左サイドバックにパレデスの起用が変更点になりそうだ。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

面白そうだったから

2008年01月24日

サラゴサの新監督に就任したハビエル・イルレタは、シーズン途中でチーム救出と言う新たな挑戦について、サラゴサは素晴らしい選手、サポーターが揃っており、興味深いチームであったことを動機に挙げている。

TVでサラゴサの試合を数試合見ているイルレタは攻撃力が優れているものの、他の部分、フィジカル面などを修正しなければいけないとチームの課題を語り、苦しいシーズンを送ることになれていない面子だが、試合事に調子をあげ、上位に導くことを目標としている。

また、チームの癌と言われているダレッサンドロについては、チームの中の一人であると話し、彼の練習中の態度、チームメートとの関係を見ていくとだけに話をとどめている。

半年契約であることについては、自身のポリシーである1年ごとの挑戦をしたいと言うことがあり、クラブもその意見に同意しており、結果を出せば、おのずとプラスアルファはついてくるものと語っている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

お願いします

2008年01月23日

アンデル・ガリターノが個人の理由でわずか2試合で監督の座を辞任したサラゴサは、新監督としてデポルティーボ・ラ・コルーニャを強豪に導いたハビエル・イルレタを迎え入れたことを公式HPで発表している。期間は今季終了までの半年間。

辞任会見を行ったガリターノは、個人的な理由とだけ話し、動機を説明しなかったが、自分にはチームを率いるだけの気力がないし、見出せないので、チームやクラブにダメージを与える前に、自分にはない100%の気力を持った監督が中位にいるチームを率いた方が良いとコメントしている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

大事なのはチームだ

2008年01月15日

サラゴサの新監督に就任したアンデル・ガリターノは就任会見でまず、サラゴサを率いることは自分にとっての挑戦ではあるが、チームを率いるだけの能力はあると自信を見せている。

目指していくサッカーはビクトル・フェルナンデスが昨シーズン見せていたような良いサッカーであることを明言し、そのサッカーを取り戻すためには破壊力のある攻撃とは裏腹に守備が弱いと見ており、守備の改善をする必要性があることを話している。

また、ガリターノにとって一番重要なのはチームであり、自分がいつまで監督をするかとかは二の次、三の次だとのこと。

一方辞任会見を行ったビクトル・フェルナンデスは、サラゴサでは二度と監督をする気はないが、スポーツディレクター、会長職としていつの日か戻ってきたいと笑顔で別れを告げている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

手術成功

2008年01月09日

恥骨を痛めていたサラゴサのアルゼンチン人MFアイマールは8日、マドリーで手術を行ない無事に成功を収めており、24,48時間中にリハビリに入ることが出来るとのこと。

また、サラゴサはアイマールが2ヶ月の欠場となるものの、ビクトル・フェルナンデスは今のメンバーで戦っていけると確信しており、冬の移籍市場でアイマールの代わりとなる選手を獲得しないとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

目標は代表復帰

2007年12月28日

サラゴサのブラジル人FWオリベイラはチーム自体は決して満足のいくシーズンを送っていないものの、8ゴールと個人的には満足の出来る働きが出来ていると自負しており、2008年の目標をブラジル代表復帰と掲げている。

オリベイラはサラゴサで結果を出せせているのはバレンシア、ベティスでリーガでの戦い方を憶えたことが今の好結果を導いてくれていると話している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

望んでいるよ

2007年12月27日

リベールプレートの新監督に就任したシメオネは地元アルゼンチンラジオのインタビューのなかでサラゴサMFダレッサンドロはリーベルに戻ることを望んでいると話している。シメオネはチームにとってFWへパスをつなぐ選手として必要な補強であると話しただけでなく、ダレッサンドロのサラゴサで置かれている状況からも我が家となるリーベルに戻ることはチームだけでなく選手にとってもプラスになることだと話している。

また、シメオネはDFの補強としてアジャラにもラブコールを送っていたが、セレステの元キャプテンはサラゴサでプレーをしていくことを望み断ったとのこと。

7試合勝ち星無しとチーム危機が言われているサラゴサは同様に次節サンチャゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦で敗北した場合にはビクトル・フェルナンデスを解任する可能性があるとのこと。後任候補は現時点ではしていないが、海外からの召集になるとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

出しません

2007年12月19日

サラゴサはシメオネ新監督が就任したリバープレートからダレッサンドロ獲得のオファーを受けているが、チームは今のメンバーを信頼しており、この冬の移籍市場で選手を放出することなく全員がシーズン終了を一緒に迎えると否定している。

ダレッサンドロはビクトル・フェルナンデス監督、アイマールなどと確執があったものの、サラゴサは戦力と考えており、調子の波を抑えてt本来のパフォーマンスを見せることを期待している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

自分達が最悪のライバル

2007年12月14日

前節エスパニョール戦では何とか同点に持ち込むものの、いまだエンジンが温まりきれていないサラゴサ。MFセラデスはリーガは強敵がひしめく難しいリーグでチームが今のような情況のときはとても厳しいものだが、自分達にとって最悪のライバルは自分たち自身と良いメンバーが揃いながらもその力を十分に発揮させることなく結果を残せていないチームを自己批判している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

売りません

2007年12月12日

サラゴサのアルゼンチン人FWディエゴ・ミリートにプレミアリーグのマンチェスター・シティが興味を示しており、オファーを準備しているとのことだが、チームには放出の意思がないとのこと。

マンチェスター・シティはストライカー獲得を目指し、オーウェンやアネルカなども候補に挙げており、その一人としてディエゴの名が挙がっているとのことで、3000万ユーロのオファーを準備しているといわれている。とはいえ、サラゴサはこの夏契約延長したアルゼンチン人FWを放出する気はなく、スペイン国外では通用しないが、1億ユーロのオファーを持ってこない限り交渉の席に着く気はないとのこと。更にディエゴ自身もプレミアでプレーすることに興味を持っていない。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

一つにまとまる時

2007年12月07日

まるで何かの呪いにかけられたかのように、UEFA杯敗退、国王杯でもセグンダのチームにリードされるなど全くもって上手くことが運んでいないサラゴサ。DFアジャラはリーグ戦4戦勝ち星無しで迎える次節のエスパニョール戦はチームが今まで以上に一つにまとまって戦わなければいけない重要な試合と定義している。

アジャラはチームは結果が出ていない、効果的なサッカーを継続して出来ないと不調の波にチームに今飲まれており、一日でも早くその波を断ち切るためにエスパニョール戦の勝利がチームにとって必要だとコメント。

またアルゼンチン人DFはチームが良い時と悪い時の波が激しいことが今シーズン、チームが抱えている問題で、試合は各試合違う顔を持つものであるが自分達のパフォーマンスを安定させることが重要だと考えている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

王様の次は王子様か

2007年12月04日

サラゴサのアルゼンチン人MFアイマールは古巣のリーペルプレートからオファーが届いた場合は検討に値するものであることを明らかにしている。とはいえ、アイマールはサラゴサとの2年半の契約を完了させる意思とのこと。

アイマールはリーベル出身の選手はいつかは又リーベルでプレーしたいと思っていると話したが、昨シーズンに一度代理人の元に電話がかかってきた以外は特別なオファーは届いていないとのこと。

アルゼンチン選手で言えば、先日ビジャレアルに所属していたリケルメが古巣ボカ・ジュニオールズに復帰しており、サッカーの世界では明日何が起きるか分からないことからアイマールの今後の動向が注目される。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

イムノ プリメーラ・ディビシオン No20

2007年11月21日

サラゴサのイムノ(チームソング)

ア ガナール ア ガナール
      エ サラゴーサ ガーナーラー!!

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

間違っていた

2007年11月06日

バジャドリーに2対3とまさかの逆転負けを喫し、波になかなか乗ることが出来ないサラゴサ。前半11分には得点のビッグチャンスにFWのエゴからオリベイラがチャンスをつぶしてしまい、流れを引き寄せることが出来なかったことがひとつの要因のようで、ブラジル人FWはサッカーでは得点の可能性の高いパスを選ぶことよりも個人技で突っかけることはよくある間違いで、今回自分はその間違いをおかしたと選択ミスをしたことを認めている。

当事者のディエゴ・ミリートをはじめ、ロマレダに集まるサポーターからもこのプレーには非難の声が起きている。オリベイラは決してディエゴにパスを出さないつもりではなかったし、よくあることだから重要視しないで、チームが前を向いていくことが必要だとコメントしている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

全てを与えてくれた

2007年11月03日

サラゴサのベテランGKセサルは次節14年間在籍していた古巣であるバジャドリーとの対戦について、自分にとっては昔からの友人に会う訳だし、バジャドリーは自分にプロとしてだけでなく自分の人生において大切なものを与えてくれたチームで感謝しているし、とても楽しみな対戦だと話している。

また今シーズン、良いプレーをチームは出来ていないものの、ビジャレアル、アルメリアと連勝したことで昨シーズンのようなサッカーを再び見つけ出すことが出来始めていると話し、連勝でつかんだ自信をしっかりとものにするために愛すべきチームが相手とはいえ勝点3を取りに行くことが重要とのこと

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

落ちていく…

2007年10月24日

前節、お得意様としていたアトレティコ・マドリーに4対0の大量失点を喫するなど、調子がいっこうに上がってこないサラゴサ。選手たちからも自信が失われており、フアンフランは自分達がどのようなサッカーをすべきか分かっていないというコメントが出るほど。

ビクトル・フェルナンデスはクラブからの信頼は引き続きうけているものの、サポーターからはUEFA杯敗退から既に解任を求める声も飛び始めているなどサラゴサを包む雰囲気は決していいものではない。

何とか解決策を見出そうとビクトル・フェルナンデスはアイマールをトップに置いたクラシックの4-4-2システムを起用したりしているものの、一長一短が生まれてしまい今の状況を解決する策を見出せていない。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

同意しない

2007年10月06日

アリス・デ・サロニカにアウェーゴールの差で負けUEFA杯から姿を消したサラゴサ。多くのサラゴシスタは失望しており、今シーズンの行く末に不安を募らせているものの、ビクトル・フェルナンデスはUEFA杯は失ったが、シーズンはまだ長く、リーガ、国王杯が残っていると話し、悲観にくれる人々に同意は出来ないと胸を張っている。

ビクトル・フェルナンデスはこの敗戦でもちろんチームは落ち込んでいるし、監督でありサラゴシスタである自分は2倍のダメージを受けていると話したが、シーズンは長くこれからも戦っていかなければならず、落ち込んだり、悲観的になっている暇はないとコメント。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

ぼろぼろ

2007年09月28日

カンプノウでメッシのショーを許しただけでなく、ディオゴ、マトゥサレムが負傷したサラゴサ。前者は左手を骨折したものの、2つのボルトで接合し、セビージャ戦の出場も可能性があるとの事。

トウレーのタックルを受け負傷したブラジル人MFは検査の結果、左ひざじん帯の負傷が判明し、全治2ヶ月となっている。

その他にもダレッサンドロ、パレデスが故障を抱えており、上位進出が予想されているものの今後も厳しい戦いが続く。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

おじさん頑張れ

2007年09月19日

サラゴサのベテランGKセサルがクラブと1年の契約延長で合意に達したことが判明し、契約が切れる2009年には37歳となる。

カシージャスの成長からレアル・マドリーでは出場機会がなかったセサルは2年前にサラゴサに移籍してからは守護神としてサラゴサゴール前に君臨し、チームに安定感と時に苦笑いを与えている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

去年とは逆を期待する

2007年09月14日

サラゴサのアルゼンチン人MFアイマールは開幕2節でわずか勝ち点1と上位候補に上げられながらも結果を残せないことに対して、サッカーは結果が全てを語る世界であるが、昨シーズン、チームは良いスタートダッシュを見せたが、望んだような結果には終わらなかったとコメントし、今シーズンは昨シーズンと逆に最後には良い結果を出せるようなシーズンになることを期待しているとのこと。

そのためにもアスレティック戦勝利がチームには必要だし、勝利はチームを落ち着かせるものとアイマールはコメントしている。また、ユベントス戦で結果を出したトップ下でのプレーについては監督の指示したポジションでプレーするが、選手にはそれぞれ得意なポジションがあり、自分にとってはFWの後ろでプレーすることが一番やりやすいと話している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

1億ユーロ

2007年08月31日

サラゴサとディエゴ・ミリートは4年の契約延長で合意に達した。違約金は1億ユーロとバルセロナに移籍したガブリエル・ミリートのケースを避けるために世界でも高い設定となっている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

これでどうだ

2007年08月10日

デポルティーボ・ラ・コルーニャのアルゼンチン人DFコロッチーニ獲得を目指しているサラゴサはここまで2度のオファーを出し、いずれも拒否されているが、新たにロティーナ監督お気に入りのオスカルを交渉のオプションにいれ再交渉の席に着くとの事。

オスカル自身も出場機会を求めており、昨シーズンのような中途半端な起用ならば環境を変えることをいとわないことをコメント。このコメントをビクトル・フェルナンデスは快く思っておらず移籍先を探していて、同MFにはオサスナ、レクレアティーボ・ウエルバが興味を示していたものの、サラゴサの望む400万ユーロに達することが出来ず合意に達することは出来ずにいた。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

挑戦だ

2007年08月02日

レクレアティーボ・ウエルバからサラゴサへ移籍したGKロペス・バジェホは入団会見の席で「サラゴサは誰もがプレーしたいと望んでいるクラブ。強いチームはそれぞれがそれぞれの役割をしっかりと果たすことを理解しているし、やる気に満ち溢れているもので、個人よりもチームとして機能することが大事」とコメント。

また、セサルとの守護神争いについては「セサルは素晴らしいプレーを数年にわたって披露しているGKで激しいものになる」と話している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

数日前のコメントはなんだったんだろう

2007年07月18日

サラゴサ入団会見を行ったアルゼンチン代表DFアジャラは「自分に大きな期待をかけてくれたし、チームとしての目標は昨季と同じようにヨーロッパ出場を果たすことだが、それ以上の結果になったら素晴らしいもの」とサラゴサの選手としての第一声を発している。

また、コパアメリカ開催中にサラゴサに所属するアルゼンチン代表のチームメートであるアイマール、ミリート兄弟と話し合いをし、サラゴサが大志を抱きながらも家族的なチームと語ってくれたと、サラゴサ移籍を決断するための情報をもらっていたことをコメント。

トランポリンとなってしまったビジャレアルについては真摯な態度をとってくれたことを感謝しているとだけ述べたうえ、今回の移籍が特別移籍のルール外のことをしたわけではないと話している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

マドリーの元象徴

2007年07月18日

レアル・マドリーはDFパボンがサラゴサと4年契約を結んだことを発表。フロレンティーノ・ペレス会長時代にスーパースター選手たちを象徴するジダネスと対になるカンテラ出身の選手たちの象徴として使われていたパボネスのオリジナル選手だったが、ここ数年は出場機会を失っていた。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

リーガ復帰

2007年07月06日

来季UEFAを戦うサラゴサは着々と戦力補強を行っており、若手のガビ、パレーデスに続き、ACミランからベティスでプレーしていたオリベイラを獲得した。オリベイラはアンチェロッティ監督の来季構想に入らず、1年でのリーガ復帰となった。

オリベイラの加入でディエゴ・ミリート、エヴェルトン、セルヒオ・ガルシアとスピードのそろった選手が揃い、アイマール、ダレッサンドロと形成する攻撃陣はより破壊力を増すことに。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

電話のひとつもない

2007年07月05日

ローマのルーマニア代表DFチブーがレアル・マドリー移籍濃厚なため、バルセロナが興味を示していると言われているサラゴサのアルゼンチン代表DFガブリエル・ミリートだが、代理人のエドゥアルドは今まで一度もバルセロナの関係者と話をしたことはないと地元紙が報じたバルセロナ入団間近と言う報道を否定している。

エドゥアルドは同様にユベントスと仮契約を結んだことも否定しており、現時点ではオファーが届くのを待つだけで、特別どこかのクラブと急いで交渉をすることはないと話している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

やる気にあふれている

2007年07月04日

ヘタフェからサラゴサに移籍したDFパレーデスは入団発表でサラゴサでの新しい挑戦をすることでやる気にあふれていると意欲を燃やしている。

パレーデスはサラゴサをリーガのビッグ6のクラブと考えており、来季はCL圏内出場の4位入賞も夢ではないと話した。またシュスターとビクトル・フェルナンデスのサッカースタイルは似ており、攻撃参加を狙っていくがDFの大事な仕事は守備と明確にし、ともかく監督の指示通りのサッカーをするとコメントした。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

これ以上は負けん

2007年06月22日

サラゴサはレアル・マドリーが興味を示しているアルゼンチン代表DFガブリエル・ミリートの違約金を2500万ユーロ以下に下げることはないと伝えた。

エドゥアルド会長はスペインのクラブにサラゴサの選手誰一人違約金以下の金額では譲渡しないことを宣言。既にディエゴ・ミリートはマドリーと口約束を結んでいるというが、アルゼンチン人DFがリーガに来た時にひざに問題があると難癖をつけたのはそのマドリーである。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

早く探さないと

2007年06月16日

今季終了後に退団が予想されるガブリエル・ミリート(ユベントス移籍)、ピケ(マンチェスター・ユナイテッド復帰)の後釜としてサラゴサはデポルティーボ・ラ・コルーニャのアルゼンチン人DFコロッチーニ、そしてウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンの獲得を検討している。コロッチーニには多くの恋人がいるものの、いかれの違約金は400万ユーロまで下がってきている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

終わった

2007年06月15日

サラゴサのアルゼンチン代表DFガブリエル・ミリートはスペインでプレーするサイクルは終わったと考え、新たな挑戦として来季ユベントスでプレーすることを認めている。
ミリートはイタリア誌のインタビューで、来週が自分の将来を決定する大事な一週間で、全てが上手く解決する音を望んでおり急いではいない。とにかく今の自分の気持ちはユーべでプレーすることとコメントしている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

風が吹いている

2007年06月09日

サラゴサの左サイドバックフアンフランは金曜日の練習で鎖骨を骨折し緊急の手術が必要の重症でレアル・マドリー戦の欠場が決まった。エスパニョール戦、レクレアティーボ・ウエルバ戦そして今回のサラゴサ戦を前に相手チームのレギュラー選手が離脱とタイトル獲得の風はレアル・マドリーに吹いている。

また、UEFA杯出場権を確定させたいサラゴサにとっては出場停止のディオゴとあわせて、左右の両バックが欠場と苦しい状態に追い込まれた。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

片手で足りる

2007年06月08日

ディオゴが不在のため右サイドバックでプレーするかもしれないサパテルはプロとして同ポジションでやったことは片手で足りるくらいで、左サイドでは去年国王杯でマドリーを6対1でプレーしたことがあると戸惑いを見せている。

ともかく、監督がどのような決断をするかわからないが、今はチームを助け、勝ち点を重ねることだけを考えているとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

2人そろって

2007年06月07日

レンタル移籍中だったディオゴとダレッサンドロの2人が正式にサラゴサの選手となったことをクラブが発表。両者とも4年の長期契約となりサラゴサの中心選手としての更なる活躍が期待されている。

両者の交渉は数ヶ月前から行われていたが、今週になってようやく話し合いに決着がついている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

タイトル戦だ

2007年06月06日

サラゴサDFセルヒオはレアル・マドリーとの試合はUEFA杯をかけた大事な一戦でモチベーションは上がるものだし、サラゴサにとってタイトル戦と同じものだと息巻いている。

また、シーズン終盤恒例の第3者ボーナスについてはサラゴサには必要のないものとだけコメントし,力以上の何かが働いているといわざるをえないマドリーの快進撃についてはマドリーが自信をつけていることは認めているが、試合はして見ないと分からない毎回違うものと特に警戒をしていない。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

帰らない

2007年06月05日

母国アルゼンチンでリーベルプレート復帰が噂さされているダッレサンドロだが、その噂を可能性はゼロと完全否定し、サラゴサに残り長くプレーすることを希望し、クラブが早くパスを買うことを望んでいる。

また、ダブル司令塔の相棒であるアイマールにはトルコのブルサスポルが興味を示しているとのことだが、手放すつもりはなく、獲得資金の約3倍となる違約金3000万ユーロを伝えたとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

2試合が大事だ

2007年05月05日

サラゴサの守護神セサルはラシン・サンタンデール、アスレティック・ビルバオと続く2試合がチームがCLに出場できるかどうか大きな鍵となる試合になると考えており、両チームから勝利を挙げることがCL出場のための条件となると必勝を期している。

セサル
「この2試合には勝たなければいけない。その後はどのようになるかを見るしかない。シーズンも終盤に入り、残された試合は全てが決勝のようなもの。この2試合が自分たちがチームの目標を最後まで持って戦えるかどうかの大事な試合になる」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

引退

2007年03月15日

2年前のレアル・マドリーとの対戦でフィーゴの悪質なタックルを受け、左ひざ前十字じん帯断裂の重症をおったセサル・ヒメネスは4度の手術を行いピッチに戻る事を目標にリハビリに励んできたが、痛みと腫れを拭い去る事が出来ず現役を引退する事を発表した。

セサル・ヒメネスはピッチに戻るため、サッカーをするために「出来る事は全て行ってきたが痛みは収まらず、今日このような会見を開くことはとても辛く悲しい。けど人生はまだ続いていく」とサッカーを辞めた事を考え悲観する事は何もプラスにならないと話している。またフィーゴについてもこれ以上話をぶり返してもしょうがないとコメントした。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

念のため

2007年02月21日

サラゴサはインタートト出場登録をスペインサッカー協会に申請した事を公式HPで発表。現在6位のサラゴサはヨーロッパ圏内出場が果たせなかった場合の保険としてスペインに割り当てられた1枠、7位以内確保を今季の最低限の目標に設定した。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

連勝しないと

2007年02月15日

前節マジョルカに痛い敗戦を喫したサラゴサ。アルゼンチン代表FWディエゴ・ミリートはチームが上位でリーガを終えるためには連勝しなければいけないとこれ以上取りこぼしをしないことが重要だと話した。

ディエゴ・ミリート
「上位にいるためにもチームが連勝をする必要がある。今季は上位陣がなかなか勝ち点を伸ばせずにいる珍しいシーズンだから、このチャンスを逃すわけにはいかない」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

コパが欲しいね

2007年02月14日

サラゴサMFアイマールはチームが国王杯を獲得する事と、リーガで良いポジションを占める事を期待するコメントを最優秀イベロアメリカーノ賞受賞時にコメント。また個人的には6月から開催されるコパ・アメリカ代表に選出されることと話し,自分そしてマジョルカ戦で負けたチームにはやらなければならないことがたくさんあるともはなしている。

怪我の状態についてアイマールはまだ充分な状態でなく次節ビジャレアル戦は怪我を再発させないためにも不出場になる事を明らかにした。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

出て行く気はない

2007年02月10日

バルセロナが来季の補強として興味を示しているサラゴサのアルゼンチン代表DFガブリエル・ミリートだが、自分に良くしてくれているサラゴサで成長して行くことしか今は頭の中にないとバルセロナ移籍を否定している。

またアーセナル監督ベンゲルが獲得したい選手とコメントした事については自分は伝え聞いただけだから何も言うことはないし、今はマジョルカ戦にだけ集中しているとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

補強1号

2007年02月06日

サラゴサは来季の補強としてアトレティコ・マドリーMFガビと4年契約で合意に達したとのこと。サラゴサは冬の移籍市場での獲得を目指していたが、ガビが5試合出場したために来季からの加入となるとのこと。

また、サラゴサはセサルの後釜としてレアル・マドリーGKディエゴ・ロペスの獲得にも動き出している事も明らかに。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

戻りたい

2007年01月30日

マンチェスター・ユナイテッドから1年間のレンタル移籍でサラゴサに加入したDFピケはレンタル期間終了後にはイングランド復帰を希望しているとUEFAのHPで告白。

ピケはサラゴサでプレーし、ゴールを決めるなど問題はないが、来シーズンはサラゴサでの経験を生かして所属先のマンチェスターで勝負したいとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

一足お先

2007年01月18日

サラゴサはセビージャ、バレンシアも興味を示しているオリンピック・リヨンの左サイドバックアビダル獲得を目指しすでに契約期間5年のオファーを出しているとの事。

2009年に同選手と契約が切れるため、リヨンもこのオファーを検討しているとの事で、獲得となればフアンフラン・アランサバルと高齢化が進んでいる同ポジションの大きな補強となる。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

子どもに叱られた

2007年01月09日

サラゴサDFディオゴと漫画のような殴り合いを試合終了後に行ったセビージャFWルイス・ファビアーノはチームメート、チーム、そしてスタジアムにいた全ての人に謝罪したいと反省の弁を述べている。

ルイス・ファビアーノは殴り合いになった理由をディオゴが自分の手を踏んだ上、公共の場ではいえないような侮辱を受け、殴りかかってきたので手を出してしまったと真相を明かしている。

またファビアーノは帰宅した際に娘にけんかをしてはいけないと叱られたことが一番答えたと話している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

引退か

2007年01月05日

2年前のレアル・マドリーとの対戦で左ひざにフィーゴのタックルを受け、前十字人退団列の重症を負ったセサルはその後練習に復帰したものの、他のメンバーが消化できるメニューをおこなう度に左ひざが腫れあがり、プロ選手として続けていくのが難しい状態で、今週再検査を行い結果いかんでは現役を引退するとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

アルゼンチンへ

2007年01月04日

右サイドならどこでも出来るユーティリティー選手として活躍していたサラゴサのアルゼンチン人DFポンシオだが、母国アルゼンチンのリーベルプレートから400万ユーロのオファーを受け、帰国することが濃厚。今シーズンはレアル・マドリーからレンタル移籍してきたディオゴにポジションを奪われ、出場機会が減少していた。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

補強はない

2006年12月29日

サラゴサはこの冬の移籍市場で選手補強をしないことをスポーツディレクター、監督共に認めており、現状戦力で目標である上位進出を目指していくことに。

スポーツディレクターのミゲル・パルデサは「ビクトル・フェルナンデスとも話し合ったが今のメンバーで結果を残しているし、必ずしも補強選手がチームにプラスの効果をもたらという保障はないので特別に補強が必要ではないことを確認しあっている」とコメントしている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

恨みなんてないよ

2006年12月15日

サラゴサMFアイマールは古巣バレンシアとの対決に関して誰にも特別な恨みがあるわけではなく、むしろその逆で幸せだったと周囲が考えるようなリベンジマッチではなく5年半を過ごした友人の多くいるチームとの特別な対決だとコメント。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

油断できない

2006年11月30日

次節の対戦相手オサスナについてサラゴサDFポンシオは上位のデポルに4対1と大勝し士気高くラ・ロマレダに乗り込んでくるわけだからリーガ下位のチームとの対戦と油断して勝ち点を逃がさないことが大事だと話している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

カンプノウでの勝ち点は特別なもの

2006年11月11日

膝の負傷のため2試合欠場していたサラゴサMFアイマールはバルセロナとの大一番で復帰が濃厚。アイマールはカンプノウで上げる勝ち点の価値は他の試合と同じものだが、意味的にはビッグクラブから奪うという意味でも、とても大きい特別なものだとコメントしている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

これで何人目?

2006年10月19日

サラゴサキャプテン クアルテロは火曜日の練習で左ひざを痛めており診断の結果、左足十字じん帯断裂のため全治6ヶ月を言い渡されている。先週はアトレティコ・マドリーのペトロフ、マクシ・ロドリゲスが、その前までさかのぼるとレアル・マドリーのシシーニョ、ビジャレアルのゴンサロ、ピレスがじん帯断裂と今季のリーガは十字じん帯断裂の選手が多く出てしまっている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

DFが帰ってきた

2006年09月30日

サラゴサは次節レバンテ戦に向けて怪我で戦線を離脱していたディオゴとセルヒオ・フェルナンデスをメンバーに召集する可能性が出てきている。故障者がDFに集中していたサラゴサは6失点と守備に課題を抱えている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

1年半ぶりに練習復帰

2006年09月19日

2005年10月20日対レアル・マドリー戦でフィーゴのタックルで膝の後十字じん帯を切断したサラゴサDFセサル・ヒメネスが19日練習に復帰。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

いつだって満足なんかしない

2006年09月14日

サラゴサがジェノアから450万ユーロでパスを買い取ることを決断したため4年間の契約更新が濃厚なアルゼンチンFWディエゴ・ミリートはサラゴサで長い間プレーできることは幸せなことと満足しているものの、いつだって自分はさらに上を見て次の目標を探していると契約延長だけで終わらず、結果を残しクラブにも自分にも大きな成功を得たいとコメント。

サラゴサFWディエゴ・ミリート
「いつもここでプレーをしていくことが自分の望みだし、何よりも幸せになる方法だと話してきた。クラブにも、街にも愛着を感じているし、今季から凄い魅力的なチームプロジェクトも始まったしね」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

腎仙痛で緊急入院

2006年09月05日

サラゴサの最年長プレーヤーであるDFクアルテロが腎仙痛のため緊急入院をした。セリエAリボルノとの親善試合に後半から45分出場したクアルテロだが同夜、急に痛みを訴えだしたとのこと。とはいえ軽症のようで週末に控えるエスパニョール戦に向けて回復を図っている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

軽症でよかった

2006年08月17日

先週日曜日のローダ戦で左ひざじん帯を痛めたサラゴサのアルゼンチン人FWディエゴ・ミリートだが検査の結果軽症と判明しプレシーズンマッチの2試合は欠場を余儀無くされたもののリーガ開幕には間に合う予定。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

契約延長

2006年07月28日

契約延長交渉が難航していたサラゴサMFサパテルだが、27日クラブと3年の契約延長で合意。サラゴサとしては今季ビジャレアルに移籍したカニの二の舞を避けることが出来、サパテルも出身クラブで継続してプレーできるため両者にとって納得の行く交渉となった。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

ついていきますどこまでも

2006年06月27日

トルコリーグベシクタスに所属しているフアンフランだが恩師であるビクトル・フェルナンデスから声がかかれば喜んで駆けつけるとサラゴサへの移籍に乗り気との事。とはいえ、現時点ではベシクタスがフリーで手放すことに難色を示しているため難しい状態のまま。

またレアル・マドリーからウルグアイ人MFディオゴのレンタル獲得で合意に達しているとの事。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

うちは欲しい

2006年06月14日

ミリト兄弟、ポンシオ、ダレッサンドロらアルゼンチン人が多いサラゴサは新しい爆弾としてバレンシアMFアイマールの獲得を検討し獲得交渉に動いているとの事。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

楽しみだよ

2006年06月14日

サラゴサにレンタル移籍が濃厚なダレッサンドロはリーガでプレーすることを心待ちにしているとの事。

ダレッサンドロ
「スペインでプレーすることにいつも心を惹かれていた。スペインは自分の好きな国という以上に自分のプレースタイルを出すことのできるリーグだと思う。それにアルゼンチンでのリーガの人気はすごいからそれも自分を後押ししてくれてるよ。だから、サラゴサでプレーできるという話が来たときには考えることもなかったよ。サラゴサは良いチームだしリーガは最高だからね」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

二人獲得

2006年06月09日

カニ、サビオら主力が抜けたサラゴサだが、セルタとの契約交渉が決裂したDFのセルヒオ、そして昨季ポーツマスでプレーしていたボルフスブルクのアルゼンチン人MFダレッサンドロをレンタル移籍獲得で合意に達したとのことで近々正式発表される予定。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

来季の準備

2006年06月02日

正式発表はされてはないもののサラゴサ監督に就任したビクトル・ムニョスは既に来季のチーム編成をスタートさせている。昨季からサビオ、トレド、カニ、らサイドのポジションを担っていた主力が抜けたため、マルク・ゴンサレス、ソラリなどサイドの選手補強を第一に獲得に動くとのこと。また、セサルの後継者となるGK、センターバック補強も懸案に上がっている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

続けたいね

2006年05月23日

リーガが終了し母国アルゼンチンで休暇を取っているサラゴサFWディエゴ・ミリートは他クラブへの移籍が噂されているが、気持ちはサラゴサで続けていくことだとコメントしている。

サラゴサFWディエゴ・ミリート
「クラブが自分を買い取ってくれたら、今季のようにプレーできるのだからとてもうれしいよね。選手はクラブが必要だと感じるようにプレーをしなければならない。自分は落ち着いているよ。今はただいいプレシーズンを送って、新シーズンを気持ちよく迎えることを期待している。自分の意見だけど、夏をどう過ごすかがとても大事だと考えている。夏に自分を追い込むことでフィジカルもよくなるしシーズン中問題がおきなくなるからね。

他チームからのオファーについては何も知らないよ。サラゴサでプレーすることにとても満足しているし快適だからこのチームでプレーしていくことが自分の考えだよ」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

覚えている人はいない

2006年05月19日

ビクトル・ムニョスの後任を探しているサラゴサが来季の監督として元レアル・マドリー監督のカルロス・ケイロスのセカンドコーチをしていたポルトガル人ホセ・ペセイロをリストアップしているとポルトガル紙が報道している。

情報源は明らかにされていないがスポルティング・リスボンでも監督を務めたポルトガル人獲得のために既にサラゴサ幹部が交渉をはじめているとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

お疲れ様

2006年05月16日

今季限りでサラゴサを退くビクトル・ムニョスはチームの残した結果に満足して落ち着いてクラブを去ることが出来るとマニョの指揮官としての2年半にピリオドを打っている、またコパ・デル・レイを取ったとしても同じようにチームを離れていただろうとコメントとしている。

サラゴサ監督ビクトル・ムニョス
「この2年半サラゴサで監督をしたことはとても気に入っていたし、いい仕事だった。今自分が感じているのは感謝の気持ちだけだ。現在のサッカー界で3年間人々を満足する結果を残すことは難しくなっている。会長とはお互いの思いをしっかりとぶつけ合う話し合うことができた。今は自分がサラゴサとしてきた仕事に誇りを持ち前を向いてチームを去ることが出来る。またチームに戻るかどうかはわからないけどサッカーの世界では何が起きてもおかしくはない」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

最後の試合だね

2006年05月12日

サラゴサのパラグアイ代表DFトレドはリーガ最終節のマジョルカ戦がサラゴサをユニホームを着てプレーをする最後の試合だとコメントしている。4年間で130試合以上の出場をするチームを去ることになるが特にサラゴサと喧嘩別れというわけではなくこともコメントしている。

サラゴサDFトレド
「サラゴサの皆が満足できるように自分なりにプレーして来た。チームと共にしてきた自分の仕事に誇りを持っているから満足した気持ちでサラゴサを去ることが出来るよ」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

心は一つです

2006年05月06日

サラゴサの若き中盤の支配者サパテルにフランスリーグのオリンピック・リヨンからオファーが届いたものの、自分はサラゴシスタでいつまでもサラゴサでプレーがしたいと拒否していたことが判明。サパテルにはリヨン以外にもアトレティコ・マドリー、レアル・マドリーが食指を動かしており、本人は残留を希望しているもののチームとの契約交渉次第では他チームへの移籍の可能性も残されるとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

期待されている

2006年05月05日

次節降格候補のアラベスと対戦を控えているサラゴサには残留争いをしているアスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダ、エスパニョール、ベティス、ラシン・サンタンデール、ベティスから熱い視線が注がれている。アラベス戦の勝利は6チームだけでなくホーム最終試合であり12位以内に入ることでボーナスも入ることからサラゴサの選手たちも気合が入っているとのこと

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

目標は高く

2006年05月03日

サラゴサのアルゼンチン人DFミリトはコパ・デル・レイを獲得できなかったもののチームは良いシーズンを送ったと話し、来シーズンは残留を目標にするのではなく、今季オサスナやビジャレアルが見せたような素晴らしいシーズンを送りヨーロッパ圏内に入ることと宣言。

サラゴサDFミリト
「決勝にたどり着くのだって難しいのだから今シーズンが失敗だったなんて言えないはず。それに順位もサラゴサの定位置である10位前後にいるわけだし。

オサスナやビジャレアルは素直にうらやましいと思うけど彼等もまだ何も達成したわけではないよね。今季のチームの働きからすれば自分たちも彼等と同様の結果を残すことが出来ると思うよ。だけどそういうことは話すことではなく行動で行うものさ。

来シーズン大事なことはチップを変えること。目標を残留に置くのではなくシーズン当初からヨーロッパに照準をおくことさ。だからといってチームがヨーロッパを争うグループに入るかわからないけど、考えはしっかりと持っていないといけない。それにチームはその能力があると思うしね」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

もう戦う力はない

2006年04月14日

レアル・マドリーで2002,2004年に続き3度目のコパ・デル・レイ決勝となる今回も優勝を飾ることの出来なかったサラゴサGKセサルはもうこれ以上決勝を戦う力は残っていないと肩を落としている。

サラゴサGKセサル
「今日は皆にとってどうにもならないほどとてもつらい日だよ。こんな試合の後ではもう決勝を戦う今度こそはという力は自分には残ってないよ。いくら決勝までの試合で6対1と素晴らしい試合をしても歴史に刻まれるのは優勝チームだからね。試合前期待に胸を膨らましてきたサポーターが試合後に失望している姿はやりきれないね。そんな姿を見ると本当につらくてプレーをする気にもなれない。今回は自分にとって3度目の決勝でまた勝つことが出来なかった。だけど、心の奥では4度目を期待はしているよ」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

行かしてください

2006年04月08日

W杯に向けたスペイン代表合宿に初選考されたサラゴサMFカニ。W杯メンバーに残るためにも是が非でも参加したいカニだが、現在は監督のビクトル・ムニョスの返事待ちの状態である。代表合宿に参加することで月曜日の練習を欠席することがネックだが、試合後のクールダウンの練習ということで大勢に影響なく監督もGOサインを出すといわれている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

来季はどこに

2006年04月05日

サラゴサのパラグアイ人DFトレドが来シーズンチームを去る可能性が出てきた。既にベティス、デポルティーボ・ラ・コルーニャのほかスペイン2チーム、イングランド1チーム計5チームから獲得の打診が届いており、サラゴサが金銭面の見直しをしない限り出て行くことが濃厚とのこと。サラゴサにとって救いは本人、家族共にサラゴサの生活を気に入っており条件が改善さえすれば契約延長に問題がないということ。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

ご指名です

2006年03月11日

代表入りも噂されるほど成長しているサラゴサMFカニだが、ついにチェルシーの来期補強リストの欄に名前が書き込まれたとのこと。とはいえ、サラゴサ下部組織出身のカニはサラゴサ残留を前提とした契約内容見直しをクラブと第一にすることを明言し、他クラブへの移籍はサラゴサとの交渉が決裂したときだけとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

まだ間に合う

2006年03月10日

好調サラゴサを支える2トップの一角アルゼンチン人FWディエゴ・ミリトは今の調子を持続しアピールし続けることがドイツW杯のメンバーに入るための絶対条件と話し、前回の対戦で5対0と敗れたヘタフェ戦での活躍を期待している。

サラゴサFWディエゴ・ミリト
「W杯のメンバーに選ばれることはいつも夢見ているよ。前回のクロアチア戦は運良く召集メンバーに入ることが出来、本戦のメンバーの可能性も出てきているからとても満足している。選手のそろうアルゼンチンでは代表を保障された選手などいないから、どの選手も毎週日曜日に最高のアピールをしなければならない。とにかく今はサラゴサのために全力を尽くし、代表メンバーに入ることを祈るだけだよ」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

中堅クラブは大変

2006年02月17日

zaragoza2.jpgコパ・デル・レイでバルセロナ、レアル・マドリーを破る快進撃を見せているサラゴサ。その中心選手であるカニ、D・ミリトら主力選手が他チームに引き抜かれることを心配しているものの、違約金満額を払われればどうしようもないと主力選手がチームを去ることを覚悟しているとのこと。

サラゴサGMヘロニモ・スアレス
「カニの違約金は850万ユーロと手が出せない数字ではない。違約金を上げれるものなら上げたいが、あいにくクラブにそれほどの体力はない。クラブの財政を助けるために自分たちの主力選手を放出するのではない。行政への練習場売却の話が進めば話も別だが、今の状態では満額をもらって選手を売却するしかクラブが存続していく方法がない」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

まだ10分なの

2006年02月16日

コパ・デル・レイ準決勝第2戦、レアル・マドリーに4対0と敗れはしたものの第1戦の貯金がものをいい、からくも決勝進出を果たしたサラゴサ。とはいえGKセサルは前半10分に3ゴールを決められたときには負けも覚悟していたとのこと。

サラゴサGKセサル
「大変な試合だったよ。やられっぱなしで青くなる暇なんてなくもう心臓麻痺で倒れる寸前だった。電光掲示板を見てもぜんぜん時間がたってないんだよ。前半10分で3ゴールを決められ時はもう何も考えられず頭の中は真っ白さ。シシーニョのファインゴールで始まってすぐさま2点を決められて…こりゃ7点ぐらい決められるてもおかしくないなって考えが頭にちらついたよ。何せ10分間に3点だからね。わかるでしょ。もう自分に出来ることは神様にお願いすることだけだったよ」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

23節監督コメントその3

2006年02月12日

今シーズン前半戦を引っ張っていたオサスナとバルセロナ、レアル・マドリーを撃破し現在好調のサラゴサの対戦であったが、試合は特に輝きを持たず1対1の引き分けに終わっている。

オサスナ監督アギーレ
「90分の間相手のシュートはたったの一本で、引き分けに終わってしまった。このような失点の仕方はとても厳しいもの。自分たちは引き分け以上がふさわしいプレーをしたし、彼らが引き分けを狙っていたのは明らかだった。多くのチャンスを演出したがセサルをはじめとしたDFにうまくやられてしまった」

サラゴサ監督ビクトル・ムニョス
「試合内容はともかくアウェーで勝ち点を稼げたということはプラスの結果だ。ピッチはまったく持ってよい状態とはいえず、良いプレーを妨げる原因だった。だが前半チームは良いプレーをしたし、後半も勝ちに行く姿勢を見せていた。引き分けと言う結果は妥当なものだろう。オサスナは多くのチャンスを作り出したが、決定機の数はそんなにあったわけではない」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

最高評価を超えた評価

2006年02月10日

コパ・デル・レイ準決勝第一戦でレアル・マドリーをホーム ラ・ロマレダで6対1で打ち倒したサラゴサ。4得点を奪いその原動力となったFWディエゴ・ミリトに対しAS紙は最高評価3の中4の評価をつけている。また最悪の試合をしてしまったレアル・マドリーの選手全てが評価なしというなかなか見る事の無い採点を受けている。

サラゴサFWディエゴ・ミリト
「マドリーという強敵を相手にしたとても重要な試合だったが、自分達は最高のプレーをする事が出来た。1試合で4得点を決めることは今まで想像した事も無いなにか夢のようなものだった。慢心せず、落ち着いてボールを動かし、簡単にプレーする事を自分達は心がけている」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

まずはチーム

2006年02月08日

代表スタッフがラ・ロマレダを訪れる事が示すように好調を持続しサラゴサの攻撃を牽引しているMFカニだが、チームでよいプレーをする事が一番重要だと話している。

サラゴサMFカニ
「今代表に呼ばれる事は難しいだろうね。例えチームでよいプレーをしていたとしていもきっと可能性は低いだろう。今はチームに貢献できるように最高のパフォーマンスを続けていく事を考えている。もしその結果として代表召集という御褒美がもらえたら最高だね。だから代表に呼ばれなくても特別問題は無いよ」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

守られてしまった

2006年01月13日

マジョルカと1月15日ホーム ラ・ロマレダで対戦するサラゴサ監督ビクトル・ムニョスは「昨シーズンはマジョルカに上手く守られて敗戦したが、マジョルカは守るだけだった」とクーペルマジョルカを批判。

サラゴサ監督ビクトル・ムニョス
「昨シーズンの対戦は自分たちの勝利がふさわしいものだった。結果としてマジョルカが得点を決め勝ち点3を持っていったが、彼らはただ守備一辺倒だった。もちろんマジョルカは良く組織されたチームだが、あのサッカーでは上位に上がることは難しいだろう。とはいえ、自分がマジョルカを評価する資格はないがね」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

早めのうちに

2005年12月27日

2007年にサラゴサとの契約が切れるカニ。クラブは今シーズン開幕前バレンシアに放出したビジャの二の舞を踏まないようにと早めに契約更新を完了させることを望んでいる。

他クラブの補強リストの上位を占めてもおかしくないプレーを見せているチームの柱の1人と言えるユース出身のカニ。違約金が4千8百万ユーロと手が出せぬ金額ではないため、契約完了後の自動更新のオプションがあるがクラブはビジャをバレンシアが満額で引き抜いた事からもカニとの早い契約内容の改善、更新を望んでいる。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

救世主ではない

2005年12月07日

カディス戦で値千金の決勝弾を決めたカニはゴールはチームに落ち着きを持たせる大事なものだと認めたものの、自分がチームを救ったわけではないと謙虚な姿勢を見せている。

カニ
「自分が救世主だなんて考えたことは無い。もちろん、あのゴールはチームにとっても自分にとってもとても大きなゴールだった。今自分たちが考えなければいけないのはホーム、ロマレダでこれ以上取りこぼしをしないことだけだよ」

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

問題はナンだ

2005年11月29日

月曜日の練習前、1勝4敗8引き分けとなかなか波に乗ることの出来ない原因を探るため監督のビクトル・ムニョスを含めメンバーで30分ほどの話し合いの場を持った。

チームが機能するためにそれぞれの選手が包み隠さずやりたいプレーを本音で語り合ったとのことで、次節カディス戦はその効果が出るかマニョス(アラゴン、サラゴサの人々)注目の一戦となる。

またフロント会議の結果、監督ビクトル・ムニョスの続行が決まっている。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

全く持って意味がない

2005年11月01日

サラゴサの攻撃をつかさどるモビージャ、今シーズン10試合で7引き分けという結果について「全く持って意味を持たない、持ったとしてもわずかなもの」とコメントし、チームがこの流れを一日でも早く断ち切ることを望んでいることを認めた。

またホームでは少なくともマラガ、ラシンといったチームには勝たなければチームに勝ち癖がつかず、勝てる試合も自分達の持つ勝利への不安、疑心から落とすこともあるので早いうちに勝利を積み重ねなければならないと話している。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com