メイン

決まりました

2014年01月21日

ブラジル系クロアチア人FWホルヘ・サミールはこの冬ではなく夏の移籍市場でヘタフェに移籍することを自身のソーシャルネットワークで発表した。ホルヘはクロアチア代表で4回のキャップ数を重ねているFW。アンヘル・トーレスはこのほかにもセビージャのカラ、スポルティング・ヒホンのロラと夏の移籍で合意に達したことを発表している。

?

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

前も後ろも

2014年01月16日

得点力不足に陥っているヘタフェ。現在、チームにはコルンガ、マリカのFW2人しかおらず、冬の移籍市場でFWをターゲットとして探している。候補に挙がっているのはエスパニョールのチエビー、元レバンテのマルティンス。また、DFリサンドロがベンフィカ復帰の可能性がある事から、同選手退団の場合にはDFも探しに行く。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

代表入りも

2013年10月23日

リスボンからヘタフェにレンタル移籍中のアルゼンチン人DFリサンドロ・ロペス。守備だけでなく攻撃でもセットプレーで得点と強さを発揮しており、アルゼンチン代表候補のメンバー入りも検討されているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

イスコとちょっと違う

2013年10月22日

4連勝のヘタフェ。アンヘル・トーレス会長は「ちょっと前までは監督を代えろとか言われていたが、今は上位にいる」とチームの巻き返しに満足感を見せた。また、今シーズン、大事な役割を担っているサラビアについては「イスコと同じタレントだが、得点が彼よりは少ない。マドリーの下部組織にいたし、彼に期待していたはず」と評価した。

?

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

名字じゃない

2013年10月04日

ヘタフェに加入したルーマニア人FWマリカ。入団発表の際に、スペイン語ではオカマを意味するマリカではなく、シプリアンで登録することを発表した。また、シプリアンが加入したことで、ベネズエラ人FWミクーはカタールのアル・ガラファに移籍した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

獲得

2013年09月28日

ヘタフェは無所属のルーマニア代表FWマリかを獲得したことを発表。得点力不足に悩むチームはリーガ経験のあるイスラエル代表FWベナジュンも獲得リストに入れていた。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

補強

2013年09月11日

深刻な得点力不足に悩むヘタフェ。チェルシーとの契約が切れたイスラエル人FWベナユンと契約をかわすことに。ベナユンは2002年から2005年までラシン・サンタンデールでプレーをしており、9年ぶりのリーガ復帰に。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

どんぞこ

2013年09月07日

リーガ3戦で勝ち点1、親善試合でアルコルコンに6対1と完敗したヘタフェ。GKコディーナは「今、チームはどん底にある。早く勝点3を勝ち取らないといけない」と次節オサスナ戦の勝利は絶対だと語った。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

プレミアか

2013年08月30日

ヘタフェのU-23スペイン代表FWアルバロ・バスケスがラウドルップ率いるスウォンジーに違約金300万ユーロで移籍する可能性が高い。また、バレンシアからアルゼンチン人FWピアッティをレンタルで獲得する準備をしているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ギリシャに

2013年08月09日

ヘタフェはDFミゲル・トーレスとの契約を解除したことを発表。元レアル・マドリーDFは恩師であるミチェルのいるギリシャのオリンピアコスに。契約は3年。ヘタフェでは4年間プレーをしていた。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

完全移籍

2013年08月02日

ヘタフェは昨シーズンセビージャからレンタルで獲得していたスペイン人DFアレクシスを完全移籍で獲得。問題は選手の年俸だったが、減額したことからマドリーのクラブへ移籍することが決定した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

移籍

2013年07月30日

ヘタフェはスペイン人FWグィサをパラグアイのセロ・ポルテーニョに移籍させたことを発表。元スペイン代表はチームの戦力外となっており、昨シーズンはバレンシアでプレーしていた。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

獲得

2013年07月12日

ヘタフェはシャルケ04からアルゼンチン人サイドバック、エスクデロを5年契約で獲得。違約金は50万ユーロ。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

2,3人欲しい

2013年07月09日

3年目を迎えるヘタフェ監督ルイス・ガルシア。チームは攻撃の核となるバラダを放出したが、レンタルから復帰した選手がまだ複数おり、放出がクラブの仕事となっているが、ルイス・ガルシアは更に2,3人の選手の補強を望んでいる。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

u-21 から

2013年06月24日

ラファ、ロポと2人のCBしかいないヘタフェ。CBの補強は至上命題であり、セグンダに降格したサラゴサのU-21スペイン代表DFアルバロ獲得を狙っているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

獲得

2013年05月08日

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスはセルタDFラゴを獲得したことを発表した。また監督ルイス・ガルシアには複数年の契約延長オファーを提示することを伝えた。

レンタルメンバーを含むと31人の選手が来夏チームに所属することから選手の放出が一番の懸案事項であることも会長は口にしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

欧州が夢

2013年03月28日

モヤの欠場からベティス戦ゴール下を守ることになるGKコディーナ。ベティスは欧州を争う直接のライバルであり、「とても大事な試合。ヘタフェの、サポーターの夢は欧州でプレーする事」と負けられない試合であると話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

運もある

2013年02月26日

プリメーラでプレー以降、一度もPKを外していないヘタフェMFディエゴ・カストロ。リーガ記録まであと1と迫っているが、「成功の秘訣は正確性もあるけど、運もある」と話している。また、マジョルカ戦後には「記録に並んだら蹴るのをやめようか」と冗談を飛ばしていたが、キッカーに任命されつつ蹴る限り、蹴り続けるとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

話しちゃダメ

2013年02月20日

ここ6試合で3得点と調子を上げて来ているヘタフェFWコルンガ。チームは残留以上に欧州出場権が近いことから6位入賞を期待されているが、「そういう話を今の状態でしたら自分達は欧州にはいけない」と残り6試合になり、可能性があったら話すべきだと話した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

復帰

2013年02月06日

ラフィータ、マネ、バレーラと主力に怪我人が続出しているヘタフェ。バルセロナ戦に向けての朗報は右ひざ捻挫で戦列を離れていたMFペドロ・レオンが復帰し、同試合での試合出場が可能となったこと。また、ロポ、ミゲル・トーレスもデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦は累積警告などで出場停止だったが、バルセロナ戦で復帰を果たす。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

半年で

2013年01月23日

ヘタフェのアルゼンチン人DFアブラハムはホッフェンハイムと2016年までの契約で移籍。違約金は400万ユーロ。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

何がしたい

2012年12月05日

ハッカーの攻撃を受けたヘタフェ。記者会見が英語の文章でプリメーラを侮辱する言葉、他のサイトもアタックする事が描かれているページにすり替えられた。また、同ページにはモロッコ、アルジェリアとハッカーの国籍とも取れる文章も。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

歴代10位

2012年11月23日

ヘタフェDFロポはリーガ350試合に出場を果し、リーガ現役トップ10の試合出場選手に。カタラン出身DFはそれだけ自分が年を取ったことと笑うが、「今でも最初の試合のことは覚えている。18歳の時に時間稼ぎの為にピッチに入ったのが最初。あれからここまで来れるとは想像していなかった」とコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

スポンサー探し

2012年11月15日

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスはクラブの売却を検討しており、メキシコを訪問し、企業グループと会合を持つとのこと。また、ドイツ、イングランドでも交渉の場を持つことが予定されている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

マレーシア

2012年11月06日

ヘタフェで戦力外となっている元スペイン代表FWグイサがマレーシア、ジョホールバルのジョホールFCへレンタル移籍した。グイサは「ジョホールがマレーシアの一番になるだけでなくアジア1番のチームになる力になりたい」と所信表明をしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

今度は本当?

2012年11月02日

過去にカタルーニャの詐欺集団の化けたアラブ富豪へのクラブ売却の話があったヘタフェに新たに中南米の通信産業で大きな力を持つ世界総資産1位のメキシコ人富豪カルロス・へリムが興味を示しているとMarcaが報道。とは言えアンヘル・トーレス会長はカルロス・へリムの名前すら知らないと現時点では否定のコメントを残している。

メキシコ人富豪のリーガクラブ買収の話はヘタフェだけでなく、メキシコ人カルロス・ベラがプレーするレアル・ソシエダも候補に挙がっているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ストリートです

2012年10月31日

アスレティック・ビルバオ戦で鮮やかなオーバーヘッドで得点を決めたヘタフェのスペイン人FWアルバロ。元エスパニョールの五輪代表候補は「サッカーはストリートで覚えた。オーバーヘッドもそこで覚えたけど、今はそういう場がなくなっている。数年前までは体育館で良く差?-をしていたけどね」と下部組織のサッカー選手養成の場ではなく、友人たちと楽しんだサッカーの中で覚えたものと話した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ここで

2012年10月26日

欧州の各クラブが注目しているヘタフェのモロッコ人MFバラダだが、「浮かれることなく地に足をつけている。選手の夢はCLでプレーすることだけど、自分はヘタフェで成長を続けていきたい」と現時点では出場機会のあるマドリーのクラブでプレーすることを望んでいる。

また、バラダは試合観戦をすることが好きとのことで、試合がない日はサンティアゴ・ベルナベウやビセンテ・カルデロンに足を運んで、他チームの選手の動きを見ているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

50ユーロ

2012年10月18日

観客動員数の少なさがリーガトップクラスのヘタフェ。会長のアンヘル・トーレスは後半戦のゴール裏ソシオの金額を50ユーロで売り出すことを発表している。スペインの1試合の最低価格はだいたい30ユーロなので、2試合で9試合を見るお得な年間シートとなっている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

1試合1試合が大事

2012年10月13日

序盤戦の強豪との対戦を終え、勝ち点を重ね始めたヘタフェ。欧州出場権を目指すべきという声もチームには上がっているが、GKコディーナは[1試合1試合、勝利を目指すことが大事。目標はシーズン終盤にどこを目指すかを決めるべき]と目前の試合に全力を尽くしていくことの重要性を語った。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

もっと決めて

2012年10月12日

バレンシアからヘタフェへレンタル移籍しているFWパコ・アルカセル。試合数の50%プレーをしない場合はマドリーのクラブからバレンシアへ違約金が支払われることになっており、ここまで試合出場を重ね、決定機を何度も掴んでいるものの期待されている得点を決めることができていない。

アルカセルは今季の目標として「8点か9点を決めたい」と現実的な数字を残したほか、「得点はそのうちついてくる。チャンスは作っているし、それが大事。チャンスを作れば得点は生まれる。GKも良いセーブを見せるが、FWもチャンスを無駄にしたくない」と強い意欲も見せている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

FW得点者ゼロ

2012年10月10日

セビージャ、レアル・マドリー、バルセロナとリーガの上位との対決を乗り切り、中位をキープしているヘタフェ。決して悪いサッカーはしていないが、問題は決定機を決めることのできない決定力のなさ。FWアルバロ、コルンガ、パコ・アルカセルは未だ無得点とFWの得点力アップがチームの順位アップの鍵に。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

オイルマネーは無し?

2012年04月20日

昨年ロイヤルエミレーツグループとチーム売却で合意に達したヘタフェ。4月30日までの契約行使が行われない場合は白紙となるが、現時点ではマドリーのチームにニュースは届いていない。

オイルマネーが期待できない場合、クラブ運営をしっかりと保つために今季も主力選手の放出が義務付けられることになる。今季ブレークしたMFバラダやFWミク―には多くのクラブが興味を示しているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

契約延長の話はまだなし

2012年04月19日

セビージャ戦で1ゴール3アシストの活躍を見せたペドロ・リオス。今季終了後にチームとの契約は切れるが、現時点では契約延長の話はないとのこと。昨シーズン中にクラブからオファーがあったものの、合意に達することはなかった。だが、ペドロ・リオスはヘタフェ残留を一番に考えており、代理人に他チームからの話は現在聞かないように指示を出しているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

レンタル移籍

2012年02月24日

ヘタフェは怪我のCBラファ、ロポが怪我のため長期欠場することからセビージャからDFアレクシスをシーズン終了までのレンタル移籍で獲得。買い取りオプションはついていない。アレクシスにとってヘタフェは選手として一番活躍した古巣。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

マジョルカ移籍か

2012年01月17日

スイスのニューチャーテルから復帰したヘタフェFWアリスメンディ。ルイス・ガルシアの構想に入っておらず、サイドアタッカー、FWの補強を狙うマジョルカにレンタル移籍する可能性が高いとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

出しません

2012年01月06日

9か月ぶりに戦線に復帰したヘタフェMFガビランにMFフアンルが4か月の戦線離脱とサイドプレーヤーが欲しいレバンテがシーズン終了までのレンタル移籍を打診したが、マドリーのクラブはキャプテン放出を考えておらず、逆にFWコルンガをオファー。コルンガにはサラゴサ、スポルティング・ヒホンが興味を示している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

君が決めていれば…

2011年11月23日

次節バルセロナと対戦するヘタフェ。FWミク―は「サッカーでも政党でも何事も決して倒せないものはない」とサプライズを起こすことを誓った。ヘタフェはチャンスこそ作るが、決定力不足に悩まされており、順位を伸ばすことが出来ていない。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

誘拐された

2011年11月15日

ヘタフェMFペドロ・レオンが頭にピストルを突き付けられて誘拐された。とはいえ、これはTVシリーズの中での話。膝の怪我も回復に向かっており、余暇を利用して撮影されたとの音。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

手術

2011年10月29日

ヘタフェMFペドロ・レオンが右ひざの手術を行うことが判明。全治2か月。ペドロ・レオンは3週間前の練習でカタ・ディアスと接触。当時は大きな問題ではなかったが、痛みがひかないことから再検査の結果、手術を行う事に。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ダメです

2011年10月22日

ミクー、グイサの2トップの起用が期待されているヘタフェだが、監督のルイス・ガルシアは2トップはオプションとして起用するが、先発の形として使用しないことを明らかにした。

ルイス・ガルシアは2トップ起用したラージョ・バジェカノ戦がチームとして最悪のパフォーマンスを見せた試合だったと振り返り、試合経過によるオプションとして起用することが上策と話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

勝点が欲しい

2011年09月16日

レアル・マドリー相手に敗れはしたものの、良いイメージを残したヘタフェ。とはいえ、ラージョ・バジェカノ戦でヘタフェ選手としてデビューする可能性のあるMFディエゴ・カストロは「イメージは残したけど、欲しいのは勝点」と今季プリメーラに昇格してきたマドリーのクラブ相手からの勝利を望んだ。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

まあ、満足

2011年09月14日

今季アトレティコ・マドリーからヘタフェに入団したサイドバックのバレラはレアル・マドリーの前に敗戦したものの、チームは良いイメージを残すことが出来たと一定の満足感は示している。

次節もラージョ・バジェカノとのマドリーダービーが続くヘタフェ。バレラ同様に今季チームに入団したディエゴ・カストロ、ペドロ・レオンがメンバーに入る可能性がある。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

やる気につながる

2011年09月06日

ヘタフェのベネズエラ代表FWミク―は古巣に復帰した元スペイン代表FWグイサの存在はやる気を上げるものとチーム内競争が苛烈になることを望んだ。

ルイス・ガルシアのシステムでは4-3-3と孤立する場面もあるが、ミク―はミチェルが監督をしていた時もこのシステムを使っていたし、代表でもプレーすることがあると特に気にはしておらず、チームとしてのコンビネーションを上げていく必要があるだけと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

名前がない

2011年09月02日

ヘタフェへレアル・マドリーからレンタル移籍したMFペドロ・レオン。入団会見でマドリーに恨みはない事や決して悪い扱いを受けていなかったと話しているが、監督モウリーニョの名前はその中になかった。

ペドロ・レオンは「フロレンティーノ・ペレス会長、ホセ・アンヘル・サンチェス、ホルヘ・バルダーノ、ミゲル・パルデサ、チームメートに対する文句は何もない」とコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

公式発表

2011年04月26日

ヘタフェはドゥバイのロイヤル・エミレーツ・グループへのクラブ売却を公式に発表。新オーナーはクラブ株式の99.3%を保持することに。売却はチームが来季プリメーラ、セグンダでも有効なもので、アンヘル・トーレス会長は最低3年間会長を続けるとのこと。同会長はチーム名称の変更は不可能であることや、4年で1億3千万ドルが資金として提供されることを明らかにした。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

注目

2011年03月23日

ヘタフェはロリアンでプレーするフランス人MFアマルフィターノに注目しているとのこと。ヘタフェ以外にもアトレティコ・マドリー、セビージャ、バレンシアが熱視線を25歳のMFに送っている。アマルフィターノはクラブと今季終了後に契約が切れるが、リーガでのプレーを望み、契約延長をしていない。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

また

2011年03月08日

スポルティング・ヒホン戦で負傷したヘタフェMFガビラン。検査の結果左ひざ前十字靭帯断裂で全治6か月。今季絶望に。バレンシア出身MFは以前にも十字靭帯断裂の負傷をしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

検討はする

2011年01月27日

ヘタフェ史上最高額の違約金600万ユーロで加入したGKウスタリ。ボカ・ジュニオールズが興味を示していることに関して「検討はする。それが自分にもクラブにも良いものかどうか。ともかく、今はプレーをしているし、ヘタフェは自分の家。ここでプレーする限り自分の持てる力全てを出す」とチーム退団の可能性に関しては明確な返答はしていない。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

早い補強

2011年01月13日

ヘタフェはデポルティーボ・ラ・コルーニャMFフアン・ロドリゲスと来季からの3年契約で合意に。アンダルシア出身MFは中盤ならどこでも出来るポリバレントな選手で、ボアテングが抜けた場合の穴埋めとなる。

また、ヘタフェはスポルティング・ヒホンMFディエゴ・カストロと同じように違約金0で来季からのプレーで合意しており、早いチーム作りを行っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

古巣へ

2011年01月07日

ラジオマルカはヘタフェFWマヌ・デ・モラルがアトレティコ・マドリーへ移籍することで基本的合意に達したと報道。ヘタフェも選手の意思を尊重するとのことで問題はなく、数日中にも正式発表される見込み。マヌはアトレティコ・マドリーのカンテラで育ったFW、サイドでプレーが出来る選手で、シマオの後釜として期待されている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

補強中

2010年12月27日

ヘタフェはレクレアティーボ・ウエルバの21歳MFフィデル・チャベスの補強を進めていたが、話が地元メディアに漏れたため交渉をいったん中止している。すでにこの冬の移籍市場で獲得することが決まっており、今季はレクレアティーボにレンタルすることが決まっていた。

また、ヒホンではディエゴ・カストロが移籍金0でヘタフェに移籍する事が報じられている。ディエゴ・カストロはこの夏ヘタフェが獲得に動いていたものの、合意に達することができなかった。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

点で合わせられる

2010年12月02日

ヘタフェは冬の移籍市場でマンチェスター・シティのパラグアイ人FWサンタ・クルスをリストアップしているとのこと。サンタ・クルスにはエスパニョール、マジョルカ、マラガ、ベンフィカ、ポルトも興味を示している。ヘタフェにはコルンガ、マヌ・デ・モラル、アリスメンディとスピード系のFWがいるものの、点で合わせる選手がいない。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

早いでしょ

2010年11月25日

6試合連続で勝ち星のないヘタフェ。すでにミチェル監督の後任としてアルメリアと決別したマルセリーノやウーゴ・サンチェスの名前がリストアップされている。とはいえキャプテンのカスケロは「チームは中位にいるし、3大会を戦っている。そういう話をするほどのものではない」と他の選手同様にミチェルを擁護。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ない

2010年11月23日

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスは噂されたミチェル監督の解任を否定。アンヘル・トーレス会長は「ミチェルに満足している。昨シーズン素晴らしい仕事をしたし、チームは6位だった。今シーズン、CLに入るとか国王杯で優勝することを目標にすることはない。クラブとの契約があるし、指揮を今後もとっていく。試合前にいつも話をしているし、私の事務実に呼ぶつもりはない」とミチェルを信頼していることを語った。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

復帰

2010年11月17日

ヘタフェFWアリスメンディがトレーニングに復帰。国王杯ポルトゥガレテ戦で体調不良を訴え、1日の入院を強いられていたFWだが、審査の結果は問題なく16日の練習から復帰を果たしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

けが人だらけ

2010年10月27日

マリオ、ミゲル・トーレス、マネー、カスケロが怪我で戦列を離れているヘタフェ。新たにガビラン、パレホが戦線を離脱。元マドリディスタはアスレティック・ビルバオ戦欠場だけでなく、バレンシア戦の出場が微妙。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

まだ終わっていない

2010年10月26日

背番号10番を背負いながらミチェル監督就任以降出場機会が減っているヘタフェのウルグアイ人FWアルビン。スポルティング・ヒホン戦では後半から出場し、追加点となるPKを誘発。アルビンは「ヒホン戦は良い結果が出た。いつも自分は良い仕事をすることを目指している。そのためには運も必要だし、自分に対して我慢をしてほしい。これからは上手くいくことを望んでいる。まだ自分はここにいることを証明したし、力のある選手であることを証明できた。自分には試合出場と安定感が必要。皆が自分の力がこんなものでないと思っていることは分かっている」とスポルティング戦を定位置獲得のきっかけにすることを望んでいる。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

7人目

2010年08月31日

ヘタフェはラツィオからウルグアイ人DFパブロ・ピントを獲得。コルンガ、アリスメンディを始め7人の選手を獲得したマドリードのチームは補強を完了させている。契約期間は5年。ダヴィ・コルテスとの契約延長をしなかったヘタフェは本職の右サイドバックがミゲル・トーレスだけだったが、ウルグアイ人DFの獲得で各ポジションに2人ずつ選手を配置することを実現している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

同じ数字

2010年08月10日

レクレアティーボ・ウエルバからヘタフェに移籍したFWアドリアン・コルンガ。入団会見の席でバレンシアに移籍したソルダードが決めた16得点を決めたいと話している。

コルンガは「グループを考える。自分はFWだし、得点が要求される。ソルダードは凄い選手だし、素晴らしい数字を残してきた。同じ数字を残したい。チームのために自分は働く。どこのポジションでも攻撃のポジションは出来る」と意欲を見せた。

スポーツディレクターのトニ・ムニョスは「コルンガが入ったことで前線は厚みをもった」と満足しているが、OBのグィサの加入も移籍市場が閉まる8月31日まで検討するとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

決定

2010年08月07日

6日、抽選会が行われ、CL予備選を戦うセビージャの対戦相手がポルトガルのスポルティング・ブラガに決定した。初戦はアウェー、第2戦をホーム、サンチェス・ピスフアンで行う。

また、セビージャは同予備選を勝ち抜いた場合、クラブランキングからCL本戦の第1ポッドの仲間入りをすることが決まっている。

また、UEFAヨーロッパリーグを戦うヘタフェの対戦相手はキプロスのAPOELニコシアに、マジョルカに代わり代替出場となったビジャレアルはベラルーシのDnepr Mogilevに決まった。こちらは8月19日、26日にホームアンドアウェーで対戦する。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

とりあえず

2010年07月09日

ヘタフェのスポーツディレクター、トニ・ムニョスはレアル・マドリー移籍の話が出ているMFペドロ・レオンについて「ヘタフェでプレシーズンをはじめることは間違いない」とコメントしている。

とはいえ、ミラン、マドリーなど多くのクラブが興味を示しているMFの残留に関しては「何が起きるかを待つしかない」と新シーズン、ヘタフェでプレーすることを断定はしていない。

また、レアル・マドリー・カスティージャMFモスケラについては「とても興味があるものだが、ペドロ・レオンとは全く関係ない」と獲得を検討しているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

違うタイプ

2010年07月02日

サラゴサからヘタフェに移籍したFWアリスメンディ、入団会見の席でバレンシアに移籍したソルダードと自分は違うタイプと前任者との比較されることを望んでいない。

アリスメンディは「ソルダードと比較するつもりはない。2人の違う選手だし、ヘタフェに来たのは彼の真似をするわけではない。ここ数年素晴らしい成長を見せているクラブに自分は来た。ヨーロッパリーグをプレーすることに強い思いがあるし、クラブの信頼をピッチで返して生きたい。要求は当然。大きなことをするつもりでヘタフェにきた」と出身地マドリードのクラブで結果を出すことを強く願っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

代わりを探すつもりはない

2010年06月11日

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスはバレンシアへ移籍したFWソルダードの穴はミクーとマヌ・デ・モラルが埋めると話し、補強の優先事項ではないとコメント。

ソルダードを放出した事で1000万ユーロを得たチーム、マジョルカのFWアドゥリス獲得が噂されていたがトーレス会長はラジオで否定。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

代わりになるつもりはない

2010年06月10日

4年契約でバレンシア移籍が時間の問題となったヘタフェFWソルダード。周囲はビジャの後釜として期待しているが、バレンシア出身FWは「誰かの代わりを務めるつもりはない。自分の仕事でチームのプロジェクトの力になることだけを考えている」とメディカルチェック後にコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

レンタル移籍

2010年06月10日

ビジャレアルから買い取りオプションつきの1年のレンタル移籍でヘタフェに加入したDFマルカーノ。入団会見で「良いシーズンを送りたいと思っている。ヘタフェは自分に興味を強く示してくれたし、自分の目的はその信頼をピッチの上のプレー、結果で返していきたい」と新天地での活躍を誓っている。

また、スポーツディレクターのトニ・ムニョスは「マルカーノはいくつものポジションでプレーできるし、探していた選手。チームに多くの貢献をしてくれるだろう」と歓迎した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

残る

2010年05月20日

2013年まで契約のあるヘタフェMFパレホ。最初の2年はレアル・マドリーが500万ユーロで買い戻すことの出来るオプションを持っており、当初は行使する予定だったものの、ヘタフェが来季UEFAヨーロッパリーグでプレーすることから経験を更につませるためにも出場機会の可能性が少ないマドリーよりヘタフェでプレーすることで両クラブは合意に達したとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

いつものこと

2010年05月07日

ヘタフェMFカスケロは、アンヘル・トーレス会長が気の抜けたプレーを選手達はしているとコメントしたことについて、会長のことは6年前から知っているし、ただ選手達に喝を入れただけのことと特に気にしていない。

キャプテンの考えは会長と通じるところがあり、ビッグクラブではないヘタフェが良いシーズンを送っていることで慢心することなく残りの試合に挑んでいくことの重要性を訴えていただけと話した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ここがホームだ

2010年05月06日


ヨーロッパ出場権の6位に位置しているヘタフェ。会長のアンヘル・トーレスはレアル・マドリー復帰が噂されているMFパレホが来季もチームでプレーすること、現在心臓の問題の為選手登録を外れているマドリーMFデ・ラ・レッドに全ての面で協力することをコメントしている。

パレホに関しては、マドリーから既に今季終了後の買戻しオプションを行使する意志がないことを聞いており、選手、両クラブにとってもパレホの残留が一番の選択肢とアンヘル・トーレス会長は考えている。

元ヘタフェMFが監督の勉強の為チームを率いるのであれば、下部組織のチームの監督のポストを準備すること、また、プレーする事が可能であればチームに復帰させたいとヘタフェはデ・ラ・レッドにとってホームであることを語った。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

気に入っている

2010年05月04日

来季の去就が注目されているヘタフェ監督ミチェルだが、改めてヘタフェで指揮することに満足し、気に入っていることを公言した。また、チームがヨーロッパ出場権獲得できない場合でもそれは失敗ではないことを語っているが、最後まで諦めずに戦うとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

4時間30分

2010年04月30日

プリメーラ残留を懸けた戦いを続けているバジャドリー。ヘタフェ戦のチケットを5ユーロで販売したところ4時間30分で5000枚のチケットが全てはけたとのこと。バジャドリースタッフは「こんなことは初めて」とサポーターを含めてチーム一丸となって戦っていることを感じさせている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

続けてもらいます

2010年04月28日

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスは来季の監督もミチェルが続けることを公言。また、選手補強に関しては大きな入れ替えは無く、ヨーロッパ出場権獲得した場合に何人かの補強をするとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

去年と大違い

2010年04月23日

ヨーロッパリーグ出場権を賭けた争いにいつの間にか参加しているヘタフェ。周囲は3年ぶりのUEFA杯でのプレーを期待しているがキャプテンのMFカスケロは、「たとえ出場権を取れなくてもヘタフェにとって失敗のシーズンとはいえない。昨シーズンの今頃はセグンダ降格の危機にあったチームだし、まだプリメーラで6年しかプレーしていない。自分達は地にしっかりと足をつけて戦っていくだけ」とプリメーラの若手であるヘタフェにとってヨーロッパは大きな目標ではあるが使命ではなく、1試合ずつ戦っていくことが大事だと語った。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

それはどうなのだろう

2010年04月20日

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスは闘牛観戦のためにセビージャ入りしているが、同様に元セビージャ監督マノロ・ヒメネスとホテルで会談を行っている。具体的な話は伝えられていないが、同席に代理人もいたことから、来季の監督就任オファーを提示した可能性が高いと報じられている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

謝罪

2010年04月13日

ヘタフェ監督ミチェルは,ヘレス戦の試合終了後に両者がもめあいとなった原因を作ったFWミクーの発言は適したものではなかったと公の場で謝罪した。

ミチェルはミクーに対して、ヘレスに謝罪をすることを伝えたこと、不適切な発言をしたことを簡単に揺るつもりはないと厳しい態度を見せている。

とはいえ、ピッチの中では色々なことが起こることだし、ことが大きなことでも試合終了の笛がなれば、その時点で終わらせるものであり、それが持ち越された場合は片方の言い分だけではなく全ての面を明らかにしなければいけないと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

悪くない

2010年04月08日

ヘタフェのキャプテンDFベレンゲル。エスパニョール戦で200試合を達成した、今シーズンのリーガ最年長プレーヤーは、「デビューした時に誇りに感じているかと質問されたけど、その時は100試合達成した誇りに感じると語った。今はその2倍の数字だから悪い気はしていない」と喜びは隠していないが、一人の選手として、「この6,7ヶ月は決して面白い時期ではなかった」とプロの顔を見せている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

新たに

2010年04月01日

シーズン開幕前、アルビンに興味を示していたACミランが新たにMFペドロ・レオンに興味を示し、既に5年の契約オファーを出したと言われている。

ペドロ・レオンにはリーガはもちろん、プレミアのチームなども獲得に興味を示しており、今シーズン終了後の去就が注目されている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

痛い…

2010年03月23日

レアル・マドリーとのダービーを控えているヘタフェ。半月版の手術で戦線離脱のFWソルダードに続き、DFの要であるカタ・ディアスが右足肉離れのため全治1ヶ月と攻守の要を欠くことに。

監督のミチェルはマドリー出身で、マドリーのリーガタイトルを望んではいるが、簡単に勝ち星を譲る気はないとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

手術成功

2010年03月19日

ヘタフェFWソルダードの左ひざ半月版手術が成功したことを公式HPを通してクラブは発表。全治5週間と今季はほぼ絶望だが、シーズン終盤3試合での復帰に向けてリハビリに取り組んでいくとのこと。ソルダードは12得点を挙げチームの得点王に輝いていた。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

考えたことはない

2010年03月11日


ヘタフェキャプテンのカスケロ。プリメーラ残留に苦しんだ昨年と違い、ヨーロッパも手に届くところに位置づけているが、「自分達の目標はいつだって次の試合で勝利、結果を出すこと。どの試合も勝ち点3以上のもの。一試合ずつ戦っていくことで次第に自分達の目標が決まってくる。今、チームは悪い流れの中にいるから土曜日にそれを断ち切れることを期待している」とチームに慢心はないと話している。

また、カスケロは、「残留が決まったなど少しも考えたことはない。今の自分の思いはマジョルカに勝つこと。勝てば36になるし、負ければ残留が遠のくと考えている。残留まであと少し。ともかく日曜日の試合後とに勝つことだけを考えないといけない」
と一試合ずつ戦っていくことが大事だと語っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

帰ってくる

2010年02月04日

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスは、レンタル移籍でチームを離れているカス、ゲロン、ポランスキーについて、トルコ人DFは買い取りオプションが付帯していない為、来季チームに復帰することを明言。

また、残り2名についてはレンタル先のクラブが権利を行使するかどうかを確認しなければいけないと未定であることを語っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

残念

2010年01月27日

出場機会の少なさからルーマニアへ復帰することを決めたヘタフェDFコントラ。ルーマニア人DFはヘタフェにはとても感謝しているし、監督の決断もリスペクトしているが、サッカー選手としてプレーすることを望んでおり、このような形でチームを離れることは残念でしょうがないと語った。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

待った

2010年01月15日

バレンシアから2014年までの契約でヘタフェに移籍したベネズエラ人FWミク。当初はマラガに今季終了までレンタルする予定であったが、アンヘル・トーレス会長とフェルナンド・サンス会長の話し合いが最終段階で合意にいたらなかった為、ベネズエラ人FWは練習参加し周囲を驚かした。

ヘタフェ残留か、両会長の話し合いに折り合いがつけばマラガ移籍となるが、クラブは他チームへの移籍は考えていないとの事。ミク自身は、「マラガに行くかは分からない」と言葉少なに練習場を後にしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

いいかも

2010年01月13日

ヘタフェのスポーツディレクター、トニ・ムニョスは出場機会に恵まれていないFWケパとDFシノリーノに関してコルドバへのレンタル移籍は良いオプションと考えていることを明らかに。

また、トニ・ムニョスは今回のオファーはサッカー選手にとって失っていた出場時間を取り戻す為に大事なものであり、一週間の返答の猶予を与えているとの事。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

変えなければ

2009年12月29日

クリスマス休暇からそれぞれのクラブが練習を再開したリーガ。ヘタフェのFWマヌ・デ・モラルは「自分達は気持ちも野心を持ち合わせている。2010年の目標はプリメーラ残留ではなくより高いレベルを目指すべき」と新年をヘタフェの飛躍の年にすべきとモチベーションを高めている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

変わらない

2009年12月18日

サポーターのブーイングの対象になっているヘタフェMFアドリアン。父親であり監督のミッチェルは他の選手と同様に接しているし23人のメンバーをひとつのアイデアのもと起用していると贔屓をしていることはないとコメント。

とはいえ、アンヘル・トーレス会長は父親のもとでプレーをすることでアドリアンが大きなプレッシャーを受けていると話し、冬の移籍市場で他チームへレンタル移籍させることを考えていることを明らかに。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

上を狙えていた…

2009年12月11日

ビジャレアル戦でファインゴールを決めたリーガの注目下部であるヘタフェMFペドロ・レオン。とはいえ、チームが敗退した為、全くゴールには満足していないし、同じミスを繰り返してしまっていると波に乗り切れないことに満足していない。

ペドロ・レオンはもし、チームがしっかりとチャンスをものにすることが出来ていたら今頃は中位をうろつくのではなく他の目標を目指していたはずと語っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

言うことはない

2009年11月28日

親ばかと言われてもしょうがないほど息子のアドリアンを起用することで相手チームからではなくホームのサポーターからブーイングを受けているヘタフェ監督ミッチェルだが、「ブーイングしているサポーターに対して言うことは自分は何もないし、一つだけあるとしたらチームに悪影響を与えるのではなくサポートをして欲しい」とアドリアン起用については触れずにチームのバックアップを望んだ。

昨シーズンまでメンバー召集も去れなかったアドリアンだが、父親が監督就任してからは先発でプレーするようになっている。とはいえ、チームとしてアドリアンがいる時に機能していることは稀なため、サポーターは私情を挟んだ采配と批判している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

俺らのリーガ

2009年09月18日

長い交渉の末、バジャドリーからヘタフェへと移籍したMFペドロ・レオンは、「ヘタフェに来ることに間違いはないと確信していたし、今はチームが与えてくれた信頼を返す時。チームにもすぐに溶け込めることができている」と移籍に間違いはなかったと語ったほか、「今はミッチェルのやり方を吸収しているとき、メンディリバルとは多くの点が違うから」と新しいチーム戦術に適応している時だと話した。

また、ペドロ・レオンは、「チームは良いサッカーをしている。バルサ戦の結果は気に入らないが、内容は良かった。練習も良い雰囲気で出来ている。ヘタフェはバルサとマドリーを抜かせば劣っているということはない。これからが自分たちの戦い」とアルメリア戦での2勝目を目指している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

3匹目のドジョウ

2009年07月24日

レアル・マドリーとヘタフェはMFパレホの買戻しオプションつきの移籍で合意。過去にデ・ラ・レッド、グラネロの2選手がヘタフェでプレーし、レアル・マドリーに復帰と友好な関係が築かれている。

アンヘル・トーレス会長は「パレホに必要なのは試合出場。ヘタフェではそのチャンスを得ることが出来る」と新しいレアル・マドリー出身MFの獲得を好意的に見ている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

トレード?

2009年07月24日

ウチェ、グラネロと主力を放出しているが、獲得の噂が聞こえてこないヘタフェ。新たにマヌ・デ・モラルのマジョルカ移籍の噂が出ている。昨シーズンからマジョルカはアトレティコ・マドリー出身FW獲得を目指しており、今回はアドゥリスとの交換トレードを提案している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

問題なし

2009年07月22日

豚インフルエンザと同じ症状があったことからチーム合流が遅れていたヘタフェGKウスタリだが、21日にスペインに戻りセゴビアで行なわれるチーム合宿に合流している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

お隣のクラブへ

2009年06月30日

大金をつい込んでの補強をしているものの、放出選手は未だベンフィカに移籍したサビオラだけのレアル・マドリー。放出選手第2号となるのが第3GKのコディーナであることが判明。6歳からマドリー一筋でプレーしてきたGKは同じマドリーのヘタフェへ3年契約で移籍することに。 レアル・マドリーはオプションとして買戻しオプション、更にコディーナが移籍した場合のコミッションを受け取れるとのこと。

レンタル選手であったハコボ、ストイコビッチが所属チームに復帰した為、GK補強が急務だったヘタフェにとって満足の出来る補強に。ヘタフェにはアルゼンチン代表GKウスタリが所属しており、定位置争いが楽しみに。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

延長

2009年06月19日

DFながら、そのドリブル突破がチームの貴重な得点を生み出しているヘタフェのルーマニア人コントラ。当初はルーマニア復帰が噂されていたものの、新監督ミッチェルが戦力として期待していることから、去年に続き1年の契約延長となっている。

また、ヘタフェはキャプテンのベレンゲルとも契約延長を果たしており、昨シーズンの反省、チームをまとめる人間の必要性を感じている。また、レバンテにレンタル移籍していたパジャルドの1年のレンタル延長、ソウサのチーム退団も決定している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

聞いてない

2009年06月17日

レアル・マドリー復帰が噂されているヘタフェのU−21スペイン代表グラネロ。マドリー復帰については、「誰からも聞いていないし、今は欧州選手権に集中している。全ては大会が終わってから」と今は代表にだけ集中している。

ただ、本人は、「ヘタフェは若い選手が持っている継続性を与えてくれるチーム」と語っており、マドリー郊外のクラブでのプレーを望んでいる。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ベテラン獲得

2009年06月03日

ヘタフェはオサスナからマドリー出身のベテランGKリカルドを獲得したことを発表。今季ヘタフェにはバジャドリーからレンタルされたハコボとスポルティング・リスボンからのレンタル選手であるストイコビッチがいたが、両者と来季は契約をしないことに。

リカルドはアルゼンチン代表に若くして選出され、ヘタフェのクラブ史上最高額の違約金で移籍してきたウスタリと守護神の座を来季争うことに。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

契約延長

2009年06月02日

ぎりぎりでプリメーラ残留を果たしたヘタフェ。残り5試合で監督に就任し、2勝1敗2引き分けと合格点とも言える結果を残したミッチェルはクラブと2年の契約延長で合意している。

ビクトル・ムニョスこそ違ったものの、ヘタフェ会長アンヘル・トーレスは若い監督の才能に賭けるところがあり、来期はシュスター、ラウドルップに続くレアル・マドリーOB監督がマドリー第3のクラブを指揮することになった。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

今季絶望

2009年05月19日

デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で負傷退場したヘタフェMFカスケロは、精密検査の結果、左足首の骨折、全治2ヵ月半の重傷であることが判明。チームの残留が懸かったヌマンシア、ラシン・サンタンデール戦の欠場が決まっており、マドリー第3のチームは大きな痛手を負っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

アルゼンチン人とブラジル人の違い?

2009年05月07日

マルセロと一悶着のあったヘタフェDFカタ・ディアスは未だブラジル人DFの行為に納得しておらず、「勝った試合のその後に相手のことをバカにする事にカチンと来た。自分達が勝った時は誰一人相手をバカにするような行為はしない。クラシコで同じような事をメッシが彼等にだってすることが出来た。自分が唯一望んだのは相手に対するリスペクト。バルセロナが2対6で勝った時と同じ姿勢だ」とマルセロの行った低脳な行為を批判。

また、新監督ミッチェルに関してはラウドルップの時のサッカーが戻ってきているし、自分の頭の中にはチームがセグンダに落ちる事はなく、日曜日のオサスナ戦も勝利しか考えていないとの事。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

悲しいし痛い

2009年05月05日

ミッチェル監督の初試合となったマジョルカ戦で昨シーズンまでのようなプレーを見せながら、個人のミスで敗れてしまったヘタフェ。ベテランDFコントラは、「ロッカールームは悲しみに包まれているし、とてもダメージを受けている」と監督交代も現時点ではチームを包む雰囲気は大きく変わっていないことを語った。

また、決勝点となる致命的なパスミスを犯したストイコビッチについては、ミスを犯す事は誰にもあるし、今は皆で顔を上げていかないといけないとチーム一丸となって残留を果たすことが大事だと話した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

準備は出来ている

2009年04月29日

ヘタフェの新監督に就任したミッチェル。過去にもヘタフェからの監督就任のオファーがあった事を打ち明け、今回のチャンスを与えてくれたアンヘル・トーレスに感謝しているし、準備は出来ていると語った。

チームについては情報は持っているが、誰がプレーするかは選手達が自分達で証明すると選手達の力を練習から見ていくことを語っている。

ミッチェルはヘタフェが今の順位にいることの原因をメンタル面にあると考えており、まずは選手達の気持ちを取り戻すことを一番に上げている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

今?

2009年04月28日

ヘタフェは降格圏内まで勝ち点差1となった事から監督のビクトル・ムニョスを解任。新監督にレアル・マドリーの下部組織ディレクターを務めていたミッチェルを残り5試合の監督として起用するとの事。

ミッチェルは今季ヘタフェに移籍したものの出場機会に恵まれていないMFアドリアンの実の父親で、レアル・マドリーのリーガ5連覇、UEFA杯2連覇に貢献したマドリーの歴史に残る人物。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

簡単じゃないぞ

2009年04月14日

セビージャ戦で値千金の勝利を得たように上位チームには割と強いヘタフェ。アンヘル・トーレス会長はホームで行われる次節バルセロナ戦について、「うちで戦うことを苦手としているし、自分達がミスを犯さないでリーガが楽しくなる事を望んでいる」とヘタフェ会長としてだけでなくマドリーのソシオとしてのコメントを残している。

アンヘル・トーレス会長は今季の残留ラインを40、41と考えており、バルセロナ、マドリーから勝ち点を奪って、マジョルカ戦で残留を決めたいと青写真を描いている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

返して行きたい

2009年04月09日

バレンシア戦で8ヶ月ぶりにピッチに戻ったヘタフェGKウスタリは、「チーム、会長からもらった信頼を返して行きたい」とプリメーラ5年目にして初めてチームが味わっているプリメーラ残留争いの力になる事をコメント。

次節のセビージャ戦ではハコボが出場停止のため先発出場の可能性があるものの、ウスタリは、誰がゴールを守るかは監督が決めることで、自分がするべき事はいつ呼ばれても良いようにしっかりと準備をしていくことと語っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

まずは勝ち点3

2009年04月04日

プリメーラ残留の為に必要な勝ち点3を取りにメスタージャに乗り込みバレンシアと対戦するヘタフェ。バレンシアの下部組織出身MFガビランはこれまで契約によりメスタージャでの試合に出る事は出来なかったが、今回初めてアウェーチームの選手としてメスタージャで戦うことに。

ガビランは、バレンシアにはまだ多くの友人がいるが、試合の間自分の考える事は勝ち点3を勝ち取ることだけと過去ではなく現在のチームヘタフェの勝利だけを考えているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

今?

2009年04月01日

プリメーラ残留争いをしているヘタフェの来季の監督候補としてレアル・マドリーのディレクターを務めているミゲル・アンヘル・ポルトゥガルが上がっている。マルカによると既にアンヘル・トーレスと合意しており、ビクトル・ムニョスの今季終了後の退任が決定し田とのこと。

リーガの4強を前に周囲の騒音に惑わされず集中しなければいけない時に、余計な監督人事の話が入ってしまった感は否めない。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

2週間離脱

2009年03月27日

ヘタフェMFカスケロは恥骨炎のため2週間の欠場を余儀なくされている。プリメーラ残留を果たす為ヘタフェにとって大事なキープレーヤーであるカスケロ。バレンシア戦の欠場が決定しており、ビクトル・ムニョスは頭を悩ませている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

あまり成功例はない

2009年03月12日

降格圏まで勝ち点差3となり、緊張感が走っているヘタフェ。マリオ・コテロ同様にベテランを戦力として計算していないビクトル・ムニョスのまで出場機会に恵まれていないキャプテンのベレンゲルだが監督の進退については、「監督を解任する事は誰が次の監督に就任するかを知るほどあまり意味がないもの。新監督がビクトルよりも良い仕事をするかはわからないもの」と話した上、「監督交代はとても難しいものであまり成功例はない」と良い関係ではない監督ではあるが、チームを一番に考える発言をしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

緊急会議

2009年03月10日

主審に試合を壊されたとは言え、10試合勝ち星なしの状況でどうしてもマラガ戦は勝ち星が欲しかったヘタフェ。アンダルシアのチームに敗退した事で、プリメーラ昇格後初の本格的な残留争いにチームが落ちたため、マラガ戦翌日、選手スタッフが練習前に1時間の話し合いをして問題解決を務めていた。

練習場に向かったビクトル・ムニョスには不満のあるサポーターから、まだチームを去っていないのかと言う罵声が飛んだものの、ビクトル・ムニョスは笑顔だけを返してノーコメントを通している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

最悪だ

2009年03月06日

ヘタフェMFカスケロはチームがセグンダに降格した場合は全てにおいて最悪なこととありえないと話した。カスケロはまだ13節を残しているし、重要なのはチームが勝利して来季もプリメーラでプレーする事だけで、そのためにはヘタフェに関わる全ての人間が一つになることで進退問題が騒がれているビクトル・ムニョスについては二の次だと話している。

チームがここまで苦しんでいるのは安定性を欠いているからで、たらればを言うのではなく今の現状をしっかりと見据えないといけないと話し、次節マラガ戦はどんな形でも勝利をしなければいけないと語っている。

最後にカスケロはサポーターに対して、UEFA杯や、決勝をプレーする時だけでなくチームが悪い状態の時でも応援してくれるサポーターが必要だとビクトル・ムニョスに不満を言うよりも応援して欲しいと語っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

勝つだけ

2009年03月05日

監督ビクトル・ムニョスが呑気なことを言い続けているうちに降格圏まで勝ち点差3となったヘタフェ。FWアルビンはチームが厳しい状況に置かれていることを認め、マラガ戦は勝利だけが許されるチームにとってとても重要な試合とコメントしている。

アルビンはチームが勝利から見放されている事について、チームは良いサッカーをしているが、運が足りなかったり、ミスがあったりと少しずつ全てが足りないと分析し、今チームにとって必要なのは冷静さを失わない事と自分達のサッカーを貫くことが大事だと語っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

わからん

2009年02月26日

負けはしていないものの4試合連続勝ち星無しで遂に降格圏と勝ち点差が4になったヘタフェ。DFマリオはチームが残留争いの準備、覚悟があるかについてはわからないが、やらなければいけないのは日曜日の試合に勝利して、残留争いに入らず、他のクラブにプレッシャーをかけることとネガティブな発想はしていない。

ちなみに、監督ビクトル・ムニョスは呑気に今のサッカーを続けていけば勝利は必ず来ると危機感のかけらも見えない。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

危険だ

2009年02月06日

アボンダンシエリが退団し、ヘタフェのゴールをストイコビッチと共に守る事になったハコボ。次節の対戦相手エスパニョールについて、「手負いのチームは逆に危険だ」と警戒している。

とは言え、残留をキープする為には下位チームからの勝ち点は「相手を順位表の下に置き、自分達が上に行くわけだからとても重要」と勝ち点を上げることを至上命令としている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

残りたい

2009年01月28日

アボンダンシエリがボカへ移籍した後釜としてヘタフェはスポルティング・リスボンからレンタル移籍でセルビア代表GKストイコビッチを獲得。契約は今季終了までだが、ヘタフェには買い取りオプションがついており、セルビア人GKは入団会見で、「自分の力をしっかりと見せてヘタフェに残留したい」とコメントしている。

ストイコビッチは過去のクラブで性格から問題を起こしていたが、「同じことがおきないことを特にDFのチームメートに言っておきたい。自分には喧嘩っ早い選手という肩書きがあるけども、当時は若かったし、多くの事を経験してきたから、同じような事は起こさない」とヘタフェでは問題を起こさない事を約束している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

欲しい

2009年01月28日

気づけばエクアドルのクラブであるバルセロナで監督をしていたベニト・フローロ。チーム強化の為、元Jリーグ監督はヘタフェのエクアドル代表MFゲロンのレンタルでの獲得をアンヘル・トーレス会長に打診。

チームに適応できずにいる為、ゲロンの放出に何の問題もヘタフェはないが、獲得似400万ユーロをかけたため、元手を取り戻す為にレンタルでの放出は考えていないとの事。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

さよなら

2009年01月27日

ボカ・ジュニオールズ復帰が決まったヘタフェのアルゼンチン人GKアボンダンシエリは、スポルティング・ヒホン戦の記者会見後に退団会見をアンヘル・トーレス会長と開いた。

2シーズン前ののサモーラ獲得GKは、「とても素晴らしい時間をヘタフェで過ごした。悪い思い出なんて一つもないし思う事は絶対にない。ここは自分の家だし、自分の力を信じてくれた会長に感謝したい。ヘタフェはヨーロッパで唯一自分の力を信じてくれたチーム。素晴らしい時をすごすことが出来た」と惜別の言葉をヘタフェサポーターに向けて送った。

また、ヘタフェでの思い出については、「UEFA杯を戦った事。自分にとっても貴重な体験だった。良い友人達と別れる事になる。このチームは本当に素晴らしい人間関係があった」と語った。

ボカ復帰に関して一時は関係悪化が言われたアンヘル・トーレス会長も、「彼に会いにアルゼンチンにいく。自分達の関係は特別な物。色々と紙面で書かれたが、お互いに自分の利益を考える事はプロとしての考えの基礎。多くの物を与えてくれたし、彼のようなGKがチームにいた事は誇りに思えること。幸運を祈っているし、マラドーナが考えを変えて、代表に復帰させる事を期待している」と最大の賛辞でアボンダンシエリを送り出した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

後任決定

2009年01月24日

ボカ・ジュニオールズ移籍が濃厚のアボンダンシエリの後任としてヘタフェはスポルティング・リスボンのセルビア代表GKストイコヴィッチと合意に達したとポルトガルクラブが発表。

期間は今季終了までの半年で買い取りオプションがついている。ウスタリの復帰がまだ望めない中、バジャドリーからのレンタル移籍のハコボが現時点ではゴールを守っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ぐちゃぐちゃ

2009年01月20日

4連敗と空気が悪い上にアボンダンシエリの移籍問題を抱えているヘタフェ。一度は30万ユーロで合意に達したものの、アンヘル・トーレスが10万ユーロを上乗せした事から交渉は停滞し、これに不満なアボンダンシエリは送別試合となるはずであったラシン・サンタンデール戦での出場を拒否と全てがマイナス方向に。

アボンダンシエリの代理人は既にヘタフェとの関係は終わったと話し、GKも「自分の意思は最後の2年間をボカでプレーする事」と話しており、アルゼンチン代表GKがリーガでプレーする可能性は低くなっており、22日に設定された期限までにボカがヘタフェの求める金額を準備できるかどうかに焦点は定まっている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

大きなダメージ

2009年01月16日

ヘタフェDFダヴィ・コルテスは退団が噂されているアボンダンシエリについて、「決まってしまったらチームにとって大きな痛手になるし、クラブにとってもダメージの大きい物」とアルゼンチン人GKの退団を悲しむコメントを残している。

とは言え、コルテスは、「サッカーでは選手の入れ替えはよくあることで、去った選手の不在を感じさせてはいけないもの。パトが抜けたとしてもその穴を埋めるだけのプロ意識をも持った選手達がチームにはいる」とアボンダンシエリのアルゼンチン復帰が決まってもいつまでも引きづらないことが大切だと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

出るのね

2009年01月15日

ヘタフェのアルゼンチン人GKアボンダンシエリを狙っているボカ・ジュニオールズは、マドリーのクラブが要求する30万ユーロを支払うことに合意しており、数日中にもアボンダンシエリのヘタフェ退団が発表されるとの事。

アボンダンシエリは、「ヘタフェには恩があるし、今はどちらとも言えない」と胸中を打ち明けてはいるものの、シーズン開幕前にはアルゼンチン復帰を示唆するコメントを残していた。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ないと言う事で

2009年01月14日

ボカ・ジュニオールズが獲得の意思を明らかにしているヘタフェGKアボンダンシエリについて、会長のアンヘル・トーレスは、ボカからそういった話は一度もきていないと否定している。

アンヘル・トーレスは、もしアボンダンシエリを獲得したいのであれば、ヘタフェがしたのと同じように、「交渉をし、違約金を払わなければいけない」と噂が選考しているアルゼンチン人GKの母国復帰と語っている。

とは言え、アルゼンチンチン国内では既にアボンダンシエリの復帰は規定事実で、高年齢、契約の短さから違約金を払うにしても小額になるもので、ボカがアボンダンシエリを獲得する事に問題はないと伝えているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

すりあわせ中

2009年01月09日

ヘタフェと・ボカ・ジュニオールズはパトの移籍について、トニ・ムニョスとビアンチ監督の間でコンタクトが取られており、徐々にアルゼンチン代表GKのアルゼンチン復帰が現実味を帯びてきている。

また、この日、マドリーを襲った大雪からチームは練習参加を自主性に変更。グラネロ、ポランスキ、ハコボ、アドリアンの若手が練習というよりも雪と戯れていた。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

帰国?

2009年01月08日

デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でチームの敗戦につながるPKを与えてしまったGKアボンダンシエリは、ヘタフェサポーターから初めてブーイングを受けている。

今季終了後に契約が切れるため、1月にアンヘル・トーレス会長と話し合いの場を持つ事が約束されているが、ボカ・ジュニオールズの新監督に就任したビアンチがアボンダンシエリ獲得の意思があることを就任会見で話しており、今後の動向が注目されている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

話し合い

2009年01月06日

デポルティーボ・ラ・コルーニャデ疑わしい判定ではあるが、PKを与えてしまったヘタフェのアルゼンチン人GKアボンダンシエリ。復帰初戦となったベティス戦でも目測を誤り2失点を喫し、敗北するな調子が全く上がっていない。

監督ビクトル・ムニョスは月曜日の練習でアボンダンシエリと話し合いを行い、気持ちを落ち着かせる事を心がけている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

良い選手よ

2008年12月18日

ヘタフェのキャプテンベレンゲルは冬の移籍市場で海外チームから良いオファーがある場合はチームを離れる意思があることを地元ラジオにコメント。

今季36歳のヘタフェDFはチームに満足しているものの、サッカー人生が終わるまでに海外でのプレーを経験したいと考えており、候補としてイングランドをあげている。

スペインと全く違うスタイルのサッカーであるイングランドで挑戦する事を望んでいるベレンゲルには過去にフェネルバチェ、ベンフィカ、アメリカ、カタールからオファーが届いていた。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

任せとけば良い

2008年11月07日

ヘタフェFWマヌ・デ・モラルはバレンシアから始まる上位との対戦、スペイン国内で呼ばれているエベレスト、アルプスと呼ばれる日程について、「それはアルベルト・コンタドール(自転車ロードレーサー)に任せておけば良い。試合は11対11で行われるもので、どちらのチームにも勝ち点3を勝ち取る可能性は残されている」と強豪続きの日程でも戦う相手は1人ずつで勝利の可能性は自分たちにも十分あるとコメントしている。

更にマヌは、「強豪と戦う事になるし、彼等からの勝ち点は勝ち点3以上のもの。良い結果を残せればチームは勢いづくし、勝ち点を取るだけでもモラルは上がるもの」と逆境は逆にチーム飛躍の大きなチャンスになると話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

辞めろ

2008年10月31日

シュスター、ラウドルップよりも良い成績を収めているヘタフェ監督ビクトル・ムニョスだが、ヘタフェサポーターは彼のサッカーを受け入れることが出来ずに、リーガのバジャドリー戦に続き、国王杯オサスナ戦でも辞めろコールが起きている。

リーガ4年目となりヘタフェサポーターの要求が大きくなっている事は確かだが、ビクトル・ムニョスになり、昨シーズンまで続いた流動的なサッカーが消えてしまった事がサポーターにとって一番の問題で、ビクトル・ムニョスにとっては結果だけでなく試合内容を改善することが絶対条件となっている。

リーガに適応できていないゲロンは、サポーターの不満は理解できると前置きしながら、1試合の結果で全てを勝ち得ることは出来ないし、逆に全てを失うことはないと話し、チームがこれから上昇していく事を信じている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

延期

2008年10月23日

ヘタフェのアルゼンチン代表GKアボンダンシエリは今季終了後にチームとの契約が切れるため、現在契約延長の話し合いの日程をつめている状態で1月に両者が交渉のk席に着くとの事。

2010年の南アフリカW杯出場を目指しているアボンダンシエリは既にアンヘル・トーレス会長と口頭で合意に達しているが、正式なサインはまだしていない。1月にはいるとアルゼンチン人GKは他のクラブと自由に交渉する事ができるが、プロとし鉄付けテイク限り、ヘタフェでプレーする事をここまで明言している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

制裁すべきだ

2008年10月21日

マラガ戦でボールボーイが必要以上に時間を使ってボールを返した事についてヘタフェFWソルダードは、「どのスタジアムでも起こりえる事だが、そろそろボールボーイにも制裁するべき時が来ている。最初に決断を下すのはもちろん主審だ。彼等の行為はまるで負けているチームを笑い飛ばしているようなもの。そういうことが起きている事は残念でしょうがない」とコメント。

ヘタフェ選手としての初ゴールに関しては、「チームが勝利できなかったから、あまり嬉しいという感覚はない」とチームが結果を出せなかった事を嘆いている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

まあ良くなっている

2008年10月16日

代表戦負傷後はじめて、親善試合でゴールを守ったヘタフェGKアボンダンシエリ。長い間戦列を離れていたため、プレーがまだ「望むレベルには達していないが、フィジカルコンディション的には何の問題はない」と、次節での先発復帰の可能性を示唆している。

アボンダンシエリは、アンヘル・トーレス会長がGKを2人代表で怪我して帰ってきた事に不満があることを理解しているが、代表に2人のGKが召集される事はヘタフェのような中堅クラブにとっては光栄な事だとなだめている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

捜す

2008年10月10日

ヘタフェFWケパはこのまま出場機会に恵まれない場合、冬の移籍市場で他チームへの移籍を検討しているとの事。ケパはアンヘル・トーレス会長がグィサの後釜として期待し獲得した選手だが、ラウドルップ、ビクトル・ムニョス共に大きなチャンスを与えず、今シーズンはここまで試合出場どころか、召集メンバーにも入っていない。

移籍先の一つがアドゥリスがマジョルカに移籍したアスレティック・ビルバオで、ケパ自信もビッグクラブであり、魅力があるとコメントしているが、今はビクトル・ムニョスが自分を起用するように練習からアピールする事だけを考えているとの事。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

まだ見えてない

2008年10月09日

ヘタフェのキャプテン、ベレンゲルは今シーズンはここまで一度も90分を通して監督、そして自分達が望んだサッカーを見せることが出来ていないとチームが攻守のバランスを探し、成長している最中であると話している。

また、トッテナムのフアンデ・ラモスが獲得打診をした事については、「プレミアは興味があるが、自分はヘタフェと契約がある。フアンデは確かに自分の監督だが噂の中に入るつもりはない」とチーム退団を否定している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

練習復帰

2008年10月02日

ヘタフェのアルゼンチン代表GKアボンダンシエリがチームの全体練習に復帰。アボンダンシエリは代表戦でレアル・マドリーDFエインセと交錯し、膝に大きな裂傷を受け、傷口がしっかりとふさがるまで安静が必要とされていた。

アボンダンシエリが戦線離脱中はバジャドリーからレンタルで獲得したハコボがゴールマウスを守っていたが、アルゼンチン人GKは順調に行けば次節のアルメリア戦からの復帰が予定されている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ファインゴール量産屋

2008年09月30日

強烈なミドルシュートを放つことからシュートにカスケラッソの異名がついたヘタフェMFカスケロは、アスレティック・ビルバオ戦では技ありのループを決めている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

だめだ…

2008年09月26日

ヘタフェのエクアドル代表MFグェロンは、地元ラジオに対して、「チームメートは自分のことをうらやましがっている」とコメントし再び議論の中心に躍り出ている。

エクアドル人MFは、これまでの練習中のチームメートとのいざこざ、特にセレスティーニの件について、「彼は自分を不当な扱いをしたから、それに答えただけ。自分は問題を起こす人間じゃないし、スペインのメディアは起きたことを悪く捉えて、全てをビッグニュースにしようとしている」と自身の正当性とスペインメディアの不当な扱いを主張。

それに追随するようにエクアドル代表のフィジカルトレーナー、オルゲル・ゴンサレスは、「スペインで差別主義が根付いている。特に有望な選手がいる時は」とグェロンの立場を更に難しくするコメントをしている。

アトレティコ・マドリー戦に関して言えば、アトレティコの早いプレッシャーに潰され、ボールをキープするどころか、反撃の起点となっていたため、スタジアムからのブーイング、後半早々のメンバー交代は受け入れざるを得ないもの。

スピードある突破は魅力であるが、まずは戦力としてプレーする前にチーム内で落ち着いた状況を作ることが重要となっている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

運しだい

2008年09月23日

ヘタフェDFダヴィ・コルテスは水曜日に対戦するアトレティコ・マドリーのアルゼンチン代表FWアグエロの封じ方について、一番重要な要因となるのが、「自分達が調子が良くて、彼が調子の悪いこと」とコメントしている。

とはいえ、コルテスは、アグエロだけを警戒しているのではなく、「アグエロは確かに他の選手の上を少しいっているが、アトレティコにはリーガでも上位の選手層があり、アグエロ抜きでも試合を決定付けられる選手が揃っている」と警戒している。、

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

より守備的

2008年09月17日

ヘタフェMFセレスティーニはビクトル・ムニョスのサッカーについて、前任者2人と違い、より守備的で、「中央でボールを奪われることを望まず、サイドを多く利用したよりダイレクトなサッカー」と分析。

昨シーズンは、開幕ダッシュにチームが失敗したことから、「大きな違い。今シーズンは運が自分たちに味方している」と2試合勝ち点4のスタートダッシュにまずまず納得しているとの事。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

引き抜き

2008年09月16日

監督がチームを変えた場合、前クラブから選手を引き抜くことが良くあるケースで、スパルタク・モスクワの監督に就任したラウドルップは冬の移籍市場でカタ・ディアスを初め、何人かを引き抜く予定との事。

ラウドルップ監督はヘタフェとの契約を一方的に解除したことからアンヘル・トーレス会長は違約金60万ユーロの支払いを要求しているが、ラウドルップ側は払う意志は持っていない。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

痛い

2008年09月08日

パラグアイ戦で、エインセと交錯し負傷退場したヘタフェのアルゼンチン代表GKアボンダンシエリ。診断の結果、じん帯や骨などには問題はないとのことだが、傷が深く、しっかりと傷がふさがるには15日が必要との事。

五輪でウスタリがじん帯を断裂したのに続き、ヘタフェはトップ登録のGKを失う厳しい状態に追い込まれている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

心配していない

2008年09月08日

リーガの規則により、子供が18になるまで永久欠番のはずであったアントニオ・プエルタの背番号を受け継いだダヴィ・プリエト。昨シーズン終盤にチャンスを掴んだものの、今季は怪我のエスキュデや新加入のスキラッチと厳しい先発争いに勝たなければいけないが、「自分が心配しているのはチームの誰もが怪我をしないことと、100%の状態で練習できること。それに誰がプレーするか心配しなければいけないのは監督だし、シーズンは長いから誰にもチャンスがある」と話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

またゼロから

2008年09月05日

バレンシアからヘタフェに復帰したMFガビランは、「自分にとってヘタフェ復帰は一つの挑戦だし、またゼロからスタートし、以前見せたようなパフォーマンスを取り戻したい」と怪我で悩まされ、思うようなパフォーマンスを見せれなかった時間を取り戻す決意をしている。

また、開幕戦で左サイドバックをまかされたことについては、「前のがやりやすいし、自分も含めて皆が驚いているだろうけど、、監督の指示通りにプレーするだけ」とプレーすることが大事だと話した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

馬鹿はどこにもいる

2008年09月02日

開幕戦、スポルティング・ヒホンのサポーターからチームメートのグェロンに対して人種差別的野次が飛ばされたことについて、ヘタフェMFセレスティーニは、「社会、スタジアムどこに行っても馬鹿はいるもの」とコメントし、解決することがちょっとやそっとでは出来ないものであることに憤慨している。

セレスティーニは、「確かに野次を聞いた」と人種差別の野次があったことを認めており、「グェロンは自分に向かって言われていることを気づいていなかったみたいだ。きっとそのような野次は彼の国ではないのだろう」とスペインサポーターのモラルの低さを皮肉っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

気にしていない

2008年08月27日

ヘタフェのナイジェリア代表FWウチェは、FWの得点が総得点の半分以下と決定力不足に陥っていることについて、「大事なのは結果で、チームの全員がゴールを決める準備をしている。ゴールは少ないかもしれないが、FW陣も良い動きをしているし、FWがゴールを量産する日は必ずくる」と特に心配していない。

また、先発争いをする相手ソルダード、マヌ・デル・モラルについては、「ソルダードが入ったことでFW陣にいつも緊張感をもてるようになったし、マヌは多くのオファーがありながらチームを残留を決めてくれた事はチームにとって大きなプラス」とコメント。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

補強だ

2008年08月06日

脛骨負傷のため登録が抹消されたヘタフェのフランス人DFシニョリーニョ。今季既に大量補強をしているため、余剰戦力の放出を余儀なくされているヘタフェだが、左サイドバックの補強を検討している。

レギュラーを勤めるリヒトも、「一人では長いシーズンを戦うのは厳しい」とライバル獲得を歓迎している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

後は選手が

2008年07月17日

グラネロ、ガビラン獲得と残りの補強はCFだけとなったヘタフェ。会長のアンヘル・トーレスはレアル・マドリーFWソルダードと合意に達しており、彼がチームに加入できるかどうかはソルダードとレアル・マドリーの間で合意に達せるかどうかにあると移籍交渉が後一歩のところに来ていることを明らかにしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

また一人

2008年07月14日

ヘタフェは昨季レンタル移籍で獲得していたレアル・マドリーの下部組織出身MFグラネロを正式に獲得したことを公式HPで発表。移籍金などは現時点では未発表だが、マドリーは買い戻しオプションを契約に入れたとの事。

ヘタフェの残りの補強ポイントはFWだけで、こちらもマドリーで昨季出場機会を失っていたソルダード獲得が濃厚といわれている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

古巣復帰

2008年07月09日

バレンシアMFガビランのヘタフェへの移籍が成立。バレンシア出身のガビランは2シーズン前にヘタフェからバレンシアに復帰したものの、じん帯断裂の怪我もあり出場機会を得ていなかった。移籍合意のオプションとしてバレンシアはガビランが炊くラブへ移籍した場合、15%の違約金を受け取るとの事。

他クラブからのオファーがあったガビランはヘタフェにとって6人目の補強となり、後はFWの獲得だけが課題として残されている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

そうですか

2008年07月08日

ヘタフェに入団した元U-21ドイツ代表MFポランスキーは、マドリーの郊外のクラブは小さく家族的なクラブであるが、10人となりながらもバイエルン・ミュンヘンをあそこまで苦しめたチームとしてドイツ国内では高く評価されているとコメント。

また、U-21でキャプテンを務めていたが、まずはピッチの上で自分の力を見せることが大事で、結果を残せば自ずと周囲も自分を信頼してくれるはずとコメント。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ウチは良いぞ

2008年07月07日

スペイン国内だけでなくサンプドリア、マンチェスター・シティとヨーロッパの強豪の補強リストに入っているレアル・マドリーFWソルダードについて、移籍が有力視されているヘタフェ会長アンヘル・トーレスは獲得については話をはぐらかしたものの、選手にとってもクラブにとっても良いオプションであるとマドリー下部組織出身FWの獲得の可能性を示唆している。

昨季は、ウチェ、マヌ・デ・モラルといったスピード系の選手がいたものの、スペイン国内だけでなくヨーロッパでも認められる存在となったフィニッシャーであるFWグィサの穴を埋めることが出来ずに、得点力不足に陥ったことから、アンヘル・トーレス会長はソルダードの獲得はその穴を十分に埋めることの出来る補強だと考えている。

ソルダードにはこれまでキケ・サンチェス・フローレス率いるスポルティング・リスボンが興味を示していたが合意に達しておらず、地元紙はヘタフェと3年契約で合意したと伝えていた。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

2世はどうだ

2008年06月26日

ヘタフェと4年契約を交わしたアドリアン・ゴンサレスがホーム・スタジアムのコリセウム・アルフォンソ・ペレスで入団会見を開き、
マレアアスールの選手としての第一声を発している。

スペイン代表とレアル・マドリーで1980年代から90年前半にかけて大活躍したミッチェルを父に持つアドリアン、昨季は2部のセルタ、
ヒムナスティックでプレー。2世選手はレアル・マドリーの下部組織で共にプレーしたデ・ラ・レッドに話を聞いたとの事で、
「ここでプレーできることに夢を馳せている。すごい選手になりたいし、できる限りチームを助けたい」と新境地でのプレーに意欲を見せている。

また、アドリアンは、「1部リーグでたくさんのゲームに出場したい。今後、レアル・マドリーに帰るか、他のチームへ行くことになっても、大切なのは
トップリーグで出場し、学ぶことだ。経験を手に入れ、自分を成長させるためにもプレーすることは必要不可欠」とトップリーグで出場することが
最重要であることを強調。

ポジションについては「サイドやセンターのMFとしてプレーできる。もっとも好きなプレーは、チームメイトをアシストすること」と父と同じ中盤
であることを語っており、ヘタフェサポーターからはデ・ラ・レッド、グラネロの後継者としてはもちろん、父親同様の活躍が期待されている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

とってきて

2008年06月19日

ヘタフェ新監督に就任したビクトル・ムニョスは監督就任のお祝いとしてアンヘル・トーレス会長にレアル・マドリー・カスティージャFWダニ・パレホのレンタルでの獲得を要請している。パレホにはバルセロナも興味を示しており、違約金1500万ユーロを払うかどうかが焦点となっている。

経済的余裕の無いヘタフェは、正式に獲得できないため、パレホをバルセロナが獲得したとしてもレンタルでの申請をアスールグラナにするとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

それはどうかと…

2008年06月17日

ラウドルップ監督の後任を探しているヘタフェ。バルベルデ、アルコナーダと目をつけていた監督候補がいずれも他チームに就任した事から、一からの監督探しとなったが、昨シーズン、レクレアティーボ・ウエルバを率いていたビクトル・ムニョスが候補に挙がり、19日にも正式発表の予定。

キケ・サンチェス・フローレス、シュスター、ラウドルップと若手を起用してきたが、ビクトル・ムニョスはどちらかと言えば守備的な監督で知られており、チームカラーに合うかが疑問視されている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

残る

2008年06月14日

ボカ・ジュニオールズ復帰がアルゼンチンで噂されているヘタフェのアルゼンチン代表GKアボンダンシエリだが、会長のアンヘル・トーレスは同選手と話をして残留することをしっかりと聞いたとの事。

アボンダンシエリは、アルゼンチンで話されていることは一つも確かなことはなく、ボカ関係者ともコンタクトを取ったことはないとの事。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

世代交代か

2008年06月10日

ボカ・ジュニオールズはヘタフェGKアボンダンシエリのチーム復帰を希望しており、アルゼンチン代表がブエノスアイレスに帰郷した際に同選手にまず話をするとの事。

アボンダンシエリはヘタフェから2010年の南アフリカW杯を目指し、契約を延長していたものの、先月末にアルゼンチンメディアに対してボカに戻るのに今が一番のタイミングであると復帰の可能性を示唆していた。

ヘタフェにはアボンダンシエリ同様にアルゼンチン代表GKウスタリがおり、ベテランGKが母国に復帰した場合は、出場機会を求めていた若手GKにチャンスが訪れることになる。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

そうだったの

2008年05月28日

レアル・マドリー復帰が噂されているMFグラネロについてヘタフェ会長アンヘル・トーレスは、マドリー出身MFは既にヘタフェと正式の契約をしており、マドリー復帰の場合は、デ・ラ・レッド同様にマドリーが再買取オプションを行使するかどうかだとコメントしている。

また、新監督については来週スポーツディレクターに就任するトニ・ムニョスが人選をしていると話し、噂にあがっているバルベルデについての明言は避けている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

小さかった

2008年05月20日

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスは辞任を告げたラウドルップ監督に関して、彼にはヘタフェは小さかったとコメントし、ビッグクラブでの活躍を期待している。

デンマーク人監督にはルイ・コスタがフロント入りしたベンフィカが興味を示していると言われており、アンヘル・トーレス会長はバルセロナも興味を示しただけの力をラウドルップは持っており、ビッグクラブを指揮することには何も問題はないと話した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

やっぱり

2008年05月17日

契約を1年残しているもののヘタフェ監督ラウドルップは来季同クラブで指揮を取らないことをアンヘル・トーレス会長に伝えた事を明らかにした。最期は無冠に終わったものの、ヘタフェをUEFA杯ベスト8、国王杯決勝に進出させた手腕を高く評価されてオファーには事足りているとの事で、来季のチームについては明言を避けたが、ヘタフェより上のビッグクラブで指揮を取る事が確実視されている。

デンマーク人監督は、チャンスを与えてくれたヘタフェに感謝しており、スペイン国王までがチームを応援してくれたこのシーズンを忘れる事はないとコメントしている。

後任候補は現時点では決まっていないが、ウーゴ・サンチェス、キケ・サンチェス・フローレス、ウナイ・エメリーと20を超える監督からオファーがあるとの事。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

次の監督は当たるか

2008年05月14日

ヘタフェがプリメーラでプレーするようになってから、選手はもちろん監督も他チームへとステップアップしており、バレンシアへ移籍したキケ・サンチェス・フローレス、レアル・マドリーに移籍したシュスター監督のように、ラウドルップが来季からセビージャの監督に就任する可能性が一番高い事を同監督の代理人がラジオのインタビューでコメントしている。

同代理人は、今季チームが放出したグィサがチームに残っていれば、間違いなくヘタフェはUEFA杯圏内には進出していたとコメントし、終盤、心身ともにバッテリー切れとなったチームだが、ラウドルップは素晴らしい仕事をヘタフェでしており、これ以上同チームでやるべき事がないとコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

自分達のためだよ

2008年05月03日

ヘタフェは今節ビジャレアルと対戦とレアル・マドリー優勝の鍵を握るチームだが、コントラは、自分達は自分達の残留を決めるために勝ち点を取りにいくだけで、マドリーの手助けをするとかしないとかは問題外だとコメントしている。

コントラは未だ勝ち点を重ねたことがないマドリガルでのビジャレアルとの対戦はとても難しいものだが、勝ち点3を重ねて、1節でも早くプリメーラ残留を決めたいと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

出たいの出たくないの

2008年04月29日

ヘタフェの第2GKウスタリは、継続した出場機会を求めており、他クラブへ移籍するために出来る限りのことをするとチーム退団の意思があることをアルゼンチン紙でコメントしている。

とはいえ、翌日アルゼンチンGKはスペイン通信社に対して、もちろん多くの出場を望んでいるが、自分を信頼して獲得してくれたクラブにプレーでしっかりと返したいと話し、昨シーズンはパレデスのサブとして試合出場に恵まれなかったが、今季チーム出最多出場を果たしているリッチのようになる事を望んでいる。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

共に戦っている

2008年04月24日

国王杯決勝で若手選手が出場し、ベテラン選手がベンチを温めたことから、チームのなかで、特にベテラン選手との間に確執が生まれていると言われているヘタフェ監督ラウドルップだが、ベテランMFマリオ・コテロは、監督はヘタフェのことだけを考えて戦っているし、選手たちも監督を信じ共に戦っていると報道されたような確執がチームの中にはないと否定している。

マリオ・コテロは、もちろん選手なら誰もがプレーをしたいと思っているものだし、プレーできないことに不満を持っていることはごく普通のことだし、ベテランだからと言ってプレーを確約されていると言ったことは決してないと監督の決断を尊重している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

取れたらすごい

2008年04月19日

バレンシアの前に涙を飲んだヘタフェ。例年通り、チームの主力の放出が決定的となっており、デ・ラ・レッド、グラネロ、パブロ・エルナンデスが古巣復帰、カタ・ディアスにイングランドのクラブが興味を示している。

チームも既に来季のチーム作りに動いており、バジャドリーのDFラファ、ナスティックのアドリアン、ボルシアMGのポランスキー、ベシクタシュのカスと合意に達しているとの事。更にチームは、トップクラスの実力と人気を備えた選手獲得を目指しており、バレンシアのモリエンテスをリストアップしていると言われている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

レンタルは嫌だよ

2008年04月17日

レアル・マドリーからヘタフェにレンタル移籍しているグラネロ。来季、チームに戻ることをラモン・カルデロン会長は明言しているが、グラネロはソルダードの二の舞になることを望んでおらず、シュスターが戦力として計算していないのであれば、レンタルではなく、完全移籍でチームを離れることを望んでいる。

移籍先としては、現在プレーしているヘタフェをグラネロは望んでいるが、スペインだけでなく、海外のクラブも興味を示しているようで、この夏の移籍市場で話題を呼ぶ一人になりそうだ。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

もう1度。

2008年04月16日

バイエルン・ミュンヘン戦で痛恨のファンブルをしてしまったヘタフェのアルゼンチン代表GKアボンダンシエリ。2失点目はボールがDFとかぶり見失ってしまったが、何が起きたのか自分にも分からないと説明。

パトは、泣き続けているわけではないと気持ちの切り替えを強調しているが、何よりも大きな期待を抱いていた人々の期待を無にしてしまったことと語り、引退までにもう一度、ヘタフェの一員として決勝に進出し、人々に喜びを与えると約束している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

契約延長

2008年04月12日

ヘタフェの世紀の試合で、世紀のミスを犯してしまったGKパトだが、アンヘル・トーレス会長はアルゼンチン人GKの力を信じており、1年の契約延長を発表。

パトは、今回の契約延長でヘタフェでプレーしながら南アフリカW杯を目指し、同チームで引退することに。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ヘタではない

2008年04月11日


3-3 (aet) Getafe CF vs. Bayern Munich UEFA Cup - MyVideo
UEFA杯ベスト8セカンドレグ、ヘタフェは欧州の強豪バイエルン・ミュンヘンと3対3の引き分けに終わり、アウェーゴールから夢物語に終止符が打たれた。

リーガに初参戦したころのようにスタジアムが満員となっただけでなく、VIP席にはフアン・カルロス国王が駆けつけるなど、マドリー郊外の小さなクラブはベッドタウンの人々だけでなく、スペイン国中から熱い後押しを受け、「ヘタフェなどどこにあるのか、誰がいるのか全くわからない」と高慢に振舞ったバイエルンに一泡を吹かせようとしていた。

この日、空はあいにくの雨模様。晴れ晴れとしたイメージの強いスペインだけに、雨雲に覆われたもとで行なわれる試合は、決して縁起の良いものには思えなかった。そして、現実にヘタフェの進む道は茨の道となった。

開始わずか5分、デ・ラ・レッドがクローゼを倒したことからまさかのレッドカード一発退場。今シーズンのチームの象徴と言える元マドリーの選手がまずピッチから姿を消してしまった。

3大会を戦い続けていることで、けが人が続出し、苦しい台所事情のヘタフェ。デ・ラ・レッドは空中戦の強さから怪我明けのキャプテンベレンゲルに代わり、長身FWルカ・トニ対策としてCBで起用されていたが、この退場でチームのゲームプランは大幅の見直しを余儀なくされる。

さらに、20分には攻撃のキープレーヤーであるFWウチェが再び足を痛めてしまい、バルセロナ戦のパブロ・エルナンデス、マリオ同様にピッチを後にするなど、UEFA杯だけでなく、リーガ、国王杯を見据えた上でも厳しい状況に追い込まれた。

一人多いバイエルンは、数的有利もあり、しっかりとしたパス回しからヘタフェの守備を崩そうとするが、一人少ないことから守備の意識が高いヘタフェから決定的な形を作れずにいる。マドリーのチームは専守防衛、亀のように身を縮めているのではなく、時よりカウンターアタックで応戦。

そして、42分、自陣右サイドでパスをもらった前回のヒーロー、コントラが右サイドを駆け上がり、DF2人を強引な突破で抜きさり、カーンが見送るだけの強烈な一発をネットに突き刺す。歓喜が爆発するスタジアム。ハンディキャップを背負う、どこの国のどこの町にあるかわからないヘタフェが、ヨーロッパだけでなく世界中に名を知らしめるビッグクラブから先制点を奪った意味はとても大きなものだった。

後半、後のないバイエルン。怒涛の攻撃を見せ、ネットを揺らすも、ファールがあり、ゴールは取り消される。前半と変わらぬ様相の試合展開だが、疲労の色は隠すことが出来ずに、ルカ・トニの頭を狙ったバイエルンのパワープレーに徐々に押し込まれていくヘタフェ。

だが、再びカウンターから決定的なチャンスをヘタフェは作り出す。68分、左サイドからカウンターを仕掛けたヘタフェ。ボールは中央のブラウリオに渡り、GKカーンを抜き、あとは右足を振りぬくだけで準決勝進出の切符は手元に届けられ、スタジアムの誰もがゴールへの喜びを爆発させる準備をしていたが、降りそそぐ雨のためにぬかるんだピッチに足を取られてしまいシュートを打つことができなかった。

ここで決めていれば終わっていた試合だった。だが、神様はヘタフェに試練を与えることを望んでいるようだった。試合終盤86分には、カウンターからガビランがDFを交わし、カーンと1対1となりとめられるものの、ボールは再びバレンシアカンテラーノの元に。後ろにはブラウリオが詰め、ガビランがヒールでパスを送るが、DFが必死に伸ばした足にボールは弾かれてしまう。

決定的チャンスを2度逃したヘタフェ。だが、時計の針は刻々と試合終了を告げる為に動いていた。だが、相手はあのバイエルン。気持ちの弱いスペインのチームならまだしも、ゲルマン魂の塊を体現するチームだ。そして、89分。パワープレーからリベリーが豪快に右足をふり抜き、3度目の正直と言わんばかりに同点ゴールを決める。

延長戦。疲労が蓄積されている上、一人少ないことからゴールというポジティブなイメージは見えなかったヘタフェだが、それは間違いだった。笛が吹かれて1分、左サイドでゲームを作り、カスケロが中央でフリーの状態でワントラップし、ボールをシュートの出来るところに置き換え、右足をふりぬくと、ボールはカーンをあざ笑うかのようにポストに当たり逆サイドのネットへと転がり込む。

待望の追加点。だがこれだけではない。わずか1分後、今度は右サイドのカウンターからブラウリオが粘って、ボールを奪い返し、ゴールエリア右45度からカーンの牙城を崩す。3対1。試合は決まったと素直に思えた。バイエルンの選手たちの気持ちも切れているのが見て取れた。だが、114分にパトが致命的なミスを犯してしまう。

昨シーズンのリーガNO1であるアルゼンチン代表GKがまさかのファンブル。このミスを狡猾なイタリア人FWが見逃すことなく1点差に。更に試合終了1分前、GKカーンが前線に上がりラストチャンスに賭ける。ボールはそのカーンのもとに届き、GKはヘタフェの選手にプッシングのファールを犯すも、主審はそれをとらずにプレーを続けることに。そして左サイドから上げられたクロスにルカ・トニが頭で合わせて、まさかの同点劇を起きてしまった。

けが人がいなければ、デ・ラ・レッドが退場でなければ、第1戦のマヌのシュートがポストを叩かなければ…たら、ればを言えばきりはない。現実問題としてヘタフェのヨーロッパでの戦いが一番残酷な形で終わってしまった。2戦を通して4対4の引き分け、CLの常連、しかも上位進出の常連であるバイエルン相手に負けることなく姿を消すことになった。試合後フィツフェルトは、素直にヘタフェがバイエルンより良いプレーをしていたことを認め、バイエルン広報は国王杯での優勝を期待するとエールを送った。

ヘタフェはスペインのマドリー郊外にある小さなチーム。チーム予算もJリーグと大きな差がないチーム。だが、日本語のようなヘタなチームでは決してない。サポーターが選手たちに誇りを持ち、「ヘータ、ヘータ」とコールを贈り続けるチームだ。今はただ、夢を見させてくれているこのチームが、来週の国王杯で優勝というタイトルを取り、夢を現実にすることを期待している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

オファーは一杯ある

2008年04月05日

リーガ監督1年目とは思えないほど、3大会を戦い抜くチームを作り、高い評価を受けているヘタフェ監督ラウドルップ。既に代理人の元にはイングランドやスペインから多くのオファーが毎日のように届いているとの事だが、代理人であるバイラム氏は今、オランダ人監督にとって一番重要なのはヘタフェだけで、彼の頭の中にはチームが迎える大事な試合についてだけであるとコメント。

また、バイラム氏は去就についてはシーズン終了後に話をする事、ヘタフェへのリスペクトから、自分が受けたオファーを一番に聞くのはアンヘル・会長であると話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

UEFA杯 バイエルン・ミュンヘン対ヘタフェ

2008年04月04日

序盤こそ、バイエルンの猛攻に押されていたが、エウロヘタは90分にコントラが貴重な同点弾を決め1対1とし、第2戦に希望をつないでいる。


Bayern Munich - Getafe CF
Uploaded by ComedLov

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

勝てない理由はないでしょ

2008年04月04日

スペイン勢で唯一3大会を戦い抜いているヘタフェ。4月3日には優勝候補筆頭であるバイエルン・ミュンヘンと戦い、アウェーで1対1の引き分けというポジティブな結果を引き出している。

試合後、ラウドルップは、失点するまでチームはバイエルンを警戒しすぎたが、徐々に自分達のサッカーを見せることが出来たと満足げに話し、第2戦については、自分達は0対0を目指す守るサッカーはしないし、得点を狙いに行くと語った上、アウェーで引き分けてホームで勝てない理由はないと自信を見せている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

帰って来い

2008年04月01日

レアル・マドリーは、ヘタフェに移籍したデ・ラ・レッド、オサスナに移籍したハビ・ガルシアの買戻しオプションを行使することをそれぞれのクラブに通達したとのこと。

デ・ラ・レッドがチームに戻るためにマドリーは、450万ユーロを払うことに。また、代理人のガルシア・キロンは、ヘタフェ会長アンヘル・トーレスがこれまでに他チームへ移籍させることを目的としているならマドリーに戻す意思はないとコメントしていることに対して、1度マドリーに戻れば、保有権はマドリーにあるので、ヘタフェ会長の理論は通じないし、何が起きるかわからないとコメントしている。

また、同氏はビジャレアルが興味を示しているが、カステジョンのチームに移籍することはないことを明言している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

帰りたいよ

2008年03月25日

レアル・マドリーからヘタフェに移籍し、成長を遂げているMFデ・ラ・レッドは欧州選手権前の最後の調整試合イタリア戦に召集と今シーズンのリーガのニュースターとなっている。

代表召集と言う夢をかなえた今、元マドリーMFは古巣復帰を熱望しており、懸念要素となっている試合出場の難しさについては、どの選手も試合出場を義務付けられておらず、自分の手で勝ち取るものだと特に問題視していない模様。

大きな思いを胸に秘めているデ・ラ・レッドだが、昨シーズン、同じように代表に選出され、マドリーに復帰したソルダードが完全に干されてしまっていることを考えると、古巣復帰は選手として成長することを考えれば、容易に決定できる選択肢ではない。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

何があったか分からん

2008年03月22日

古巣ラシン・サンタンデールの国王杯決勝の夢を砕くとどめのゴールを決めたヘタフェMFカスケロ。試合後にはサンタンデールからの批判が出ているが、「ガライが倒れているのは見えなかったし、自分はチームのためにやらなければいけないことをやっただけ。UEFAの規則では主審がプレーを止める判断をするべきものと書かれている」と正当性を主張している。

さらに、カスケロは、ラシンでプレーをしていた時は評価されていたし、愛情も受けていたのに、何故自分が入退場でブーイングといった仕打ちをされるのかその理由はわからないし、誰かがそういった方向にラシンのサポーターを扇動しているとやるせなさも見せている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

延長戦

2008年03月21日

議論が生まれた国王杯準決勝ラシン・サンタンデール対ヘタフェ。ゴールを決めたのが元ラシンのカスケーロで、しかもガライが倒れていた中でのものだったことから、ラシン側からカスケロに対する批判が多く飛び出している。

これに反論するようにヘタフェ会長アンヘル・トーレスはマルセリーノは普段から選手が倒れた時にボールを外に出せとは言っていないし、カスケロは選手としてだけでなく一人の人物としても素晴らしい人物で、そのカスケロをしっかりとラシンは手元においておくことが出来なかっただけとコメント。

さらに、このヘタフェ会長のコメントに対して、マルセリーノは素晴らしい試合に泥を塗るようなことがあったのが残念なことで、アンヘル・トーレス会長のコメントは自分に対して激しい侮辱と言えるものと応対しており、ヘタフェとラシンの間で因縁が生まれそうだ。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

国王杯準決勝

2008年03月20日

ラシン・サンタンデール対ヘタフェ 1対1
カスケーロの同点ゴールが議論を呼んだこの試合、試合後も荒れるなど両チームに因縁が残ることに。ヘタフェは2年連続で国王杯決勝に進出。


Racing de Santander - Getafe (Copa del Rey)
Uploaded by ComedLov

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

エウロヘタ

2008年03月13日

ヘタフェ対ベンフィカ 1対0

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

考えている暇はない

2008年03月12日

チェルシーの来季監督候補にあげられているヘタフェ監督ラウドルップだが、「チームは3大会を戦っていて3日に一度試合があるから、今はシーズンを良い形で終わることだけを考えていて、その他のことを考えている暇はない」と明言を避けている。

また、ラウドルップはチェルシーからそういった噂が出ることについて、「そういった話が出ることは満足できるものだし、自分たちがいいシーズンを送っていることを証明するもの」と悪い気はしていない模様。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

やばい

2008年03月11日

リーガ、国王杯、UEFA杯とバルセロナと並び3大会を戦っているヘタフェだが、ここに来てけが人が続出している。特にレギュラー陣に負傷者が多く、ウチェ、マヌ・デ・モラル、グラネロ、カタ・ディアスが戦線離脱となっている。

さらに、水曜日のベンフィカ戦ではパブロ・エルナンデス、ブラウリオが出場停止のため、チームの約半数となる9名が欠場することに。さらに、守備の要であるベレンゲル、中盤でゲームを組み立てるデ・ラ・レッドが故障気味とチームは満身創痍の状態。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

エウロヘタ

2008年03月08日

UEFA杯ベスト16 ベンフィカ対ヘタフェ 1対2

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

国王杯準決勝 ヘタフェ対ラシン

2008年02月29日

国王杯準決勝ヘタフェ対ラシン・サンタンデールの試合はラシンファン4000人が駆けつけたが、ヘタフェが3対1と勝利を収め、決勝進出のチケットに手の届くところに上り詰めている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

重要なゴール

2008年02月26日

レアル・マドリー戦で値千金のゴールを決めたヘタフェのナイジェリア代表FWウチェはどのゴールも重要なものだが、マドリー戦のゴールは自分の人生の中でも重要なゴールだったと話している。

またマドリー戦をウチェは振り返り、マドリー相手だと1つのミスがチームの敗戦につながるが、チームはしっかりと仕事をし運動量もあったし、しっかりとチャンスをものにする幸運にも恵まれたと満足感を示している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

楽しまないと

2008年02月20日

アラベス時代にリバプールとUEFA杯決勝を戦った経験を持つヘタフェのルーマニア人DFコントラは、当時の記憶を振り返り、チームは相手に関係なくピッチの上で楽しむことを一番にしていたし、ヨーロッパの大会に小さなクラブが戦い続けることは1つのプレミアムといえるものと話している。

現在、リーガ、国王杯、UEFA杯を戦っているヘタフェはお世辞にもスペインのビッグクラブと言える存在ではなく、コントラはヘタフェでアラベスで達成できなかったUEFA杯タイトル獲得を望んでいるものの、まずはそこにたどり着くまでの仮定、それぞれの試合を楽しみながらプレーできることが一番大切なことと語っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

今はヘタフェが自分のチーム

2008年02月16日

ヘタフェMFパブロ・エルナンデスはバレンシアが買い戻しオプションを行使し、来季チームに復帰させると噂されているが、今の自分のチームはヘタフェで、自分の力を信じてくれたチームだし、そのチームが戦う3つの大会に全力を尽くすし、チームの力になること以外には考えていないとコメントしている。

またバレンシア戦についてはチームにとっては重要な戦いだし、自分にとっては5年間在籍した特別なチームとの戦いだと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

生きてて良かった

2008年02月15日

相手チームにとって地獄の環境といわれているギリシャのスタジアムだが、13日行われたAEKアテネ対ヘタフェの試合で、MFガビランが相手DFとの空中での競り合いで頭からぶつかられ意識を失い、頭から地面に落ちるというアクシデントが起きてしまった。

すぐさま病院送りとなったものの、幸いに記憶をなくした他に大きな後遺症はなく、2週間の安静ですんでおり、ガビラン自身も、「生きれる運が自分にはあった」と話しており、イメージは見たくないとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ポジティブだよ

2008年02月07日

バレンシアからヘタフェにレンタル移籍中のMFガビランは移籍後は全てがポジティブなものと振り返っている。ガビランはチームは国王杯で準決勝進出に進出したし、リーガでは一長一短はあるものの、良いプレーをして見せておりいい流れに来ているとコメント。

とはいえ、やはり一番重要なのはリーガでの成績であり、日曜日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦はセグンダ降格圏から離れるためのチャンスと語り、必勝を期している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

二の舞は嫌だ

2008年02月02日

ヘタフェでブレークしているレアル・マドリーからレンタル移籍中のMFグラネロは、来季マドリーに戻ることが噂されているが、オサスナで良いシーズンを過ごしたものの、復帰後は出番に恵まれていないソルダードの二の舞になることは避けたいと考えているとのこと。

ともかく、グラネロは来季についての考えは今はないようで、今シーズン、良い成績を残すことだけに集中しているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

チーム補強はアルゼンチンから

2008年01月31日

昨シーズンに続き、国王杯ベスト4進出を決めたヘタフェはキャプテンのベレンゲルの高齢化、ラウドルップ監督の構想にテナが入っていないことから、CBの補強としてモナコのアルゼンチン代表DFクフレ獲得に興味を示している。

先日、MFナチョをレアル・ソシエダにレンタルで放出したため、登録枠も空いており、CBと右サイドでプレーが出来るアルゼンチン人DFはチームにとって大きな補強に成ることは間違いない上、ドイツW杯でパト、アボンダンシエリと共にプレーをしており、コンビネーションも心配がない。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

古巣復帰か

2008年01月25日

ヘタフェでブレーク中の右サイドパブロ・エルナンデスがシーズン終了後に古巣のバレンシアに復帰する可能性が出てきている。ヘタフェはパブロ・エルナンデスを完全移籍で獲得したものの、バレンシアが買い戻しオプションを所有しており、ビセンテ、シルバと豊富な左サイドに比べ、アングロが抜けた右サイドはホアキンのみと戦力としては薄いため、100万ユーロをヘタフェに支払い、生え抜き選手を取り戻すことを検討しているとのこと。

同様にレアル・マドリーからヘタフェへ2年感のレンタル移籍中のグラネロも、ヘタフェで良いプレーをしていれば来シーズンはマドリーが呼び戻してくれる可能性はあるとコメントしている。とはいえ、今はヘタフェで結果を残していくことが大事とも語っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

たぶん残る

2008年01月18日

ヘタフェのアルゼンチンGKウスタリは既にリーガ、国王杯あわせて5試合に出場したため国内の移籍がなくなったことで、海外からのオファーがくれば検討はするものの、チームに残る可能性が高いことを話している。

ウスタリはサッカー選手として試合に出場したい気持ちは持っているが、ヘタフェは素晴らしいチームメート、スタッフが揃っており満足していると話したほか、今季ブレーク中の親友であるアトレティコ・マドリーFWアグエロも1年は苦労をしているし、サッカーは決った人数でプレーするもので、ベンチを暖めることもあるとのこと。

2008年に入り、パトの不調も手伝い試合出場を果たしているウスタリだが、チームメートのミスが出ないことが一番だし、自分は今までどおりにトレーニングを積んでいくと冷静さを見せている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

話が長い

2007年12月29日

高い役職につく人々の話が長いのはごく自然のことと受け入れられているが、その例に漏れることなくヘタフェ会長アンヘル・トーレスも記者の1つの質問に対し5分は必ず話すと言う演説家である。

28日、2007年のチーム評価を行った会長は同席で、開幕当初はけが人や、新選手、新監督などでチームは望みどおりのスタートを切れなかったが、メンバーは昨年国王杯決勝進出を果たしたチームより良いメンバーが揃っていると自信を持っており、2008年はUEFA杯、国王杯どちらかの決勝に進むことが目標であると話している。

また、ウスタリについては納得のいくオファーが届いていないようで、前節は個人的な問題でアルメリア戦には召集されなかったが、バジャドリー戦には召集されると話し、アボンダンシエリのもとヘタフェで選手として成長していくと話している。

また、アボンダンシエリにはこの夏スペインの3つのクラブからオファーがあったことを明らかにしたが、アボンダンシエリがヘタフェでのプレーを望んだこと、アルゼンチン代表として南アフリカでのW杯でプレーすることを望んでおり、クラブは2009年まである契約を1年延長させる意思があることを伝えている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

残念だ

2007年12月27日

ガビランがチームに加入したことから登録上の関係でセグンダ・ディビシオンのグラナダ74に移籍することになったヘタフェMFアルベルトはヘタフェでの3年間には満足してチームを離れることは出来るが、ラウドルップが他の選手に与えたようなチャンスを自分に与えてくれなかったことが残念で仕方がないとのこと。

アルベルトはラウドルップとは一度も話をしたことがなく、話をしたのは自分がチームを去ると告げたときだけだったと彼の誰がプレーをするかの決定は尊重はするが納得は行かないとのこと。

また、ヘタフェでの経験は全てが代えられない出来事で唯一変えるとした国王杯決勝の結果だけと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

思い出の地に

2007年12月18日

バレンシアMFガビランはレンタル移籍していたヘタフェに来週にも今シーズン終了までの再レンタルで移籍することが決まった。昨シーズン、十字じん帯断裂の怪我と、高く評価してくれたキケ・サンチェス・フローレス監督の退任、ビセンテ、シルバと重複するポジションからバレンシアでは出場機会を失っており、リーガ2位のアシストを記録したヘタフェで再建を図る。

ヘタフェも左サイドのポジションがナチョ一人と薄いため、ここまではグラネロ、ソウサが起用されており、上位進出の鍵となる選手を獲得することが出来た。またガビランの加入でMFアルベルトのマラガ移籍が濃厚となっている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

電話した

2007年11月27日

サラゴサ戦、らしくない凡ミスでチーム新記録となる4連勝をふいにしたヘタフェのアルゼンチン代表GKアボンダンシエリ。試合後、ゴールを決めたダレッサンドロにフェアプレーについて話をしたとのこと。

また、守備をしなければいけないセットプレー時に選手交代をしないことがセオリーとなっているサッカーで、サラゴサ戦、メンバーを交代させたラウドルップ監督に対しての批判が出ているが、パトは守れるメンバーが欲しかったから別に間違った采配ではないと擁護している。

問題のシーンは、サラゴサのFKのチャンスにヘタフェがメンバー交代をした時にアボンダンシエリが審判に詰め寄り、選手が来るまで笛を吹くのを待って欲しいと訴えに行ったときにダレッサンドロが無人のゴールにFKを行なったもの。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

がんばっちゃおうかな

2007年11月21日

ヘタフェのアルゼンチン代表GKアボンダンシエリはヘタフェとの契約が切れる2009年で現役を引退することを考えていたものの、ヘタフェに移籍し、求めていた落ち着いた中でのプレーが出来ることで、サッカーへの思いを取り戻したことに加え、代表でプレーすることでアルゼンチンにも戻れることから、2010年南アフリカでのW杯出場も視野に入れているとのこと。

可能性としてはヘタフェとの契約延長、ヘタフェとの契約終了後にアルゼンチンクラブへの復帰、ヘタフェとの契約中に他クラブへの移籍があるが、一番の可能性はヘタフェとの契約を延長することだとか。

現在35歳のパトは代表GKのポジションを後輩に譲るつもりであったが、バシーレが望めばプレーをすることになんの問題はないとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ベテランの勝ち

2007年11月16日

ヘタフェはアボンダンシエリ、ウスタリと2人のアルゼンチン代表GKを抱えているが、ベテランGKはクラブとの09年までの契約を全うしたいとヘタフェでのプレーを明らかにしている。アボンダンシエリはヘタフェではマスコミの喧騒に巻き込まれることなく気持ちよくプレーが出来ていることを告白している。

GKというポジション性から出場機会を失うことになったもう一人の若手GKは自身が成長するためにもプレーすることの必要性を感じており、この冬の移籍市場で他クラブへの移籍を真剣に考えており、アルゼンチンでプレーする場合は古巣のインディペンディエンテだけとコメントしている。

既に、アンヘル・トーレス会長にはヘタフェで得ることの出来ない出場機会を約束した5つのプリメーラのクラブがあるとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

一日で違う人生に

2007年11月15日

バルセロナ戦でメッシを抑えたことから人生が大きく変わったヘタフェのアルゼンチン人DFリヒト。試合後には母国アルゼンチンからの取材の申し込みや友人、家族からの電話で携帯電話は鳴り止まなかったとのこと。とはいえ、リヒトは素直に自分ひとりではなく、ソウサ、デ・ラ・レッドが自分を上手くフォローしてくれたからメッシを抑えることが出来たと謙虚に話している。

また、試合の思い出にメッシと中の良いウスタリに頼み、ユニホームをもらったとのこと。同選手はバシーレ監督の代表候補までには入っており、シーズン開幕前にはチームを去る可能性があったが、今はヘタフェにとって貴重な選手となっている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

このままじゃ駄目になる

2007年11月14日

ヘタフェのアンヘル・トーレス会長はアルゼンチン代表GKウスタリについて、このまま試合に出れない状況を続けることは許されないことであって、冬の移籍市場でレンタル移籍か他チームへの移籍を検討しているとの事。

会長によるとウスタリ獲得はこの夏の移籍市場でパトが退団する可能性が高かったことからの先行投資であったが、最終的にはアルゼンチン代表の守護神が残留を決めたことからウスタリの出番はなくなり、会長自身も自分が選手起用に口を出すわけには行かないと話し、ウスタリの将来のために他チームで経験をつむことを優先させるとの事。

スペインだけでなく、海外を含めいくつかのチームが興味を示しているとの事だが、現時点では、正式なオファーはないとの事。とはいえ、会長はレンタル移籍の場合は出場を、完全移籍の場合は、600万ユーロ以上のオファーがなければ、ウスタリはヘタフェに残留すると話している。

仮にウスタリがチームを離れた場合には、選手登録を抹消されていたルイス・ガルシアが復帰するとの事。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

いくらでもある

2007年11月09日

5人抜きを決められた相手メッシと再び顔を合わせることになったヘタフェMFカスケロは中盤でメッシがボールを持った場合に止める方法はファールでとめる事と冗談を飛ばした後に、ファールをする前にメッシにボールが渡らないようにするとか色々方法はあるし、DFはいつも以上に多くの仕事をするだろうが、彼等をバックアップするような動きをすることが大切だと話している。

また昨シーズンのリピートを期待する声に関してはリーガと国王杯では全く違う戦いだとコメントし、自分達がすべきことは同じような気持ちプレーをすることと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

もう一つ必要

2007年11月01日

アスレティク・ビルバオ戦でチームを勝利に導く先制点を決めたヘタフェMFカスケーロは、ゴールと勝利に満足感を現しているものの、チームが降格圏内を脱出するためにはオサスナ戦での勝利が必要だとコメントし、アスレティック戦の勝利を自信にかえて、勝者のメンタリティーで挑むことが重要だと気を引き締めている。

またカスケロは今シーズンは昨シーズンまでのように余裕を持って出来ないとシーズン終了まで苦しむ事を覚悟している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

我慢だ

2007年10月31日

ムルシア戦でリーガ初勝利を飾り、セビージャを混乱に落とし込む勝利をトッテナムから奪い、勢いに乗るかと思われたヘタフェだが、ラシン戦はマルセリーノがどちらが多くの試合をしたかわからないとチームの出来の悪さに不満を示しながらも勝利を謙譲と降格圏を脱出できず、厳しい状態が続いている。

アンヘル・トーレス会長は元監督キケ・サンチェス・フローレスがリーガ4位につけながら、解任されているにもかかわらず、ラウドルップに信頼を与えており、「チームのプロジェクトは間違っておらず、結果がついてこないだけで今は我慢が必要だ」とコメントし、アスレティック・ビルバオ戦、オサスナ戦で結果を残すことを期待している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

イムノ プリメーラ・ディビシオン No8

2007年10月25日

ヘタフェのイムノ(チームソング)

ビーバ エル ヘタフェ
     ケ エス カンペーオーン!!

 


コパ・デル・レイ決勝進出記念ソング

バモス アスーレス!!
        バモス ヘタフェ!!    
                バモス コンティーゴ!!

バモス アスーレス アスーレス ミ ディスティーノ!!

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

イタリアだったらくびだったろう

2007年10月25日

ヘタフェのデンマーク人監督ラウドルップは母国のメディアに対して、チームに結果が出なくてもやっていることに間違いはないと最後通告ではなくサポートの声を続けてくれたアンヘル・トーレス会長に感謝している。

またラウドルップはもし自分がイタリアでプレーをしていたなら結果を重視するリーグだから今頃は職を探しているに違いないとコメント。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

見習いたいものだ

2007年10月18日

ヘタフェのフランス人サイドバック、シグノリーノは左ひざの怪我も治り、リーガデビューの準備が出来ていることをコメント。またチームが勝ち星に恵まれないことについては運に見放されているといえるかもしれないけど、今のチームは100%ではなく200%の力を出さないと勝利を掴むことは出来ないと危機感も見せている。

また、8月の記者会見ではとぼとぼしいスペイン語だったが、今回の会見では広報部長の手助け無しにしっかりとしたスペイン語を話し、ラテン語圏の適応の早さを見せている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

UEFAよりリーガが大事

2007年10月10日

マジョルカ戦でヘタフェの選手としてはじめてのゴール、しかも2ゴールを決めたものの、勝利に結びつかなかったソウサは、UEFA杯のグループリーグの対戦相手が決まったものの、自分にとって大事なのはリーガだしチームメートもそう思っているはずとコメントし、プリメーラ4年目にして初めて迎えた危機を脱出するために次節のムルシアでの勝ち点3を取る事だけを望んでいる。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

戦うチームじゃない

2007年10月09日

ヘタフェの中田英寿ことMFカスケーロは、マジョルカ戦、2点を先行しながらも4失点の逆転負けを喫したことに不満を示しており、今のヘタフェは戦うチームじゃないとコメント。

またカスケーロは、自分はいつだって勝利を欲しているから、2週間も降格圏内の順位のまま過ごすなんて恥ずかしいし屈辱だと嘆いている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

初アウェー

2007年10月04日

getafe.jpg

4日トゥエンテとUEFA杯第2戦を戦うヘタフェ。やっているサッカーは良いのだが、ゴール欠乏症に苦しんでいる。プレシーズン、ゴールを量産したオランダできっかけを作れるかどうか。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

苦いデビュー

2007年09月27日

アルゼンチン代表ながらもチームに同代表の正GKパトがいるため、ベンチ生活を強いられていたヘタフェGKウスタリがバレンシア戦でリーガデビューを果たした。

ビジャのジャンピングボレーをすばやい反応で防ぐなど大器の片鱗を見せたものの、その後、クロスをファンブルし先制点を謙譲しただけでなく、2点目も飛び出したところをループシュートで決められるなど若さが出てしまい苦いデビュー戦となった。

チームは未だ勝ち星がなく次節の相手はレアル・マドリーと難しい試合が予想されるため、ウスタリの働きに大きな期待がかけられている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

あわてないでいい

2007年09月18日

試合内容はいいものの、退場者を出すなどして3節終了後わずか勝ち点1とクラブ史上最低のスタートを見せているヘタフェだが、守護神のアボンダンシエリはチームには今の状況を抜け出す力のある良いメンバーが揃っており、最後の詰めの段階でしっかりと決めることが出来れば問題ないと、初めての経験にあわてるメディアを落ち着かせている。

アボンダンシエリはまだシーズンは始まったばかりで昨シーズンと同じようなシーズンを送ることに自信を持っており、今は木曜日に行なわれるチームのほとんどが経験したことのない大会UEFA杯に勝ち、日曜日のリーガにも勝つことを望んでいる。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

そんなチームじゃない

2007年09月08日

リーガ2節を終わって退場者3人と審判の判定に涙を飲んでいるヘタフェ。その当事者の1人であるサイドバックのコルテスは自分達は今までこのような状況になったことはないしラフプレーをするようなチームでないと主張し、これからは審判がカードを提示するような状況を作らせないようなプレーを心がけていくとコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

成長すること

2007年08月23日

1年1年、確実に結果を残しているヘタフェ。キャプテンのベレンゲルはチームの目標はプリメーラの中で成長していくことと目標を上げている。チームの補強に関しても1年目は15人の選手の入れ替えがあり、レンタル選手もいたが、今季はレンタル選手が1人もいない完全移籍の選手で、順調に言っていると評価。

またベレンゲルは新監督を迎えたヘタフェはラウドルップの哲学を理解するにはまだ時間が必要であることを話しているが、目指しているサッカーは方法は違えどシュスターと同じとコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

3連勝

2007年08月08日

ラウドルップが監督に就任したヘタフェはオランダ遠征を行っており、7日NEC 二メガにケパがあげたゴールをあげた1点を守りきり3連勝を飾っている。リーガ監督経験が無いため心配されていたものの、しっかりと勝利という結果を残し新加入したパブロが監督のしたいサッカーが判り始めたとコメントするように選手の信頼を得始めている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

最悪だ

2007年08月01日

ヘタフェFWグイサはオランダ遠征の前のマドリー練習に他のメンバーとは違い私服で現れチームメートと最後の別れを行っている。行き先は昨シーズン、ラブコールを送ったマジョルカで木曜日に正式発表となる予定。契約は4年。

グイサは「自分はマジョルカに行くように交渉はしていないが、会長が自分を放出すると言っていた。それから会長とは話をしてないし別れの言葉も告げていない。ここで楽しくプレーが出来ていたから最悪な気持ちでチームを離れる」とヘタフェ残留を望んでいたことを地元記者たちに告げていた。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

これでOK

2007年07月31日

ヘタフェはナントからフランス人左サイドバック、シグノリオを違約金150万ユーロで獲得とル・エキップ紙が報道。この補強によりサラゴサへ移籍したパレデスの穴を埋めることができチームは一応の補強終了を告げるが、クラブ側は現時点ではまだ合意に達していないとコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ラウドルップ生産へ

2007年07月21日

ヘタフェは来季に向けてのプレシーズンをセゴビアで開始。新監督のラウドルップはストレッチとランニングのあとボールを使った練習を行っており、その中で選手たちと会話を取りながらチーム作りを始めている。コパ・アメリカに参加したアボンダンシエリ、カタ・ディアスはまだ合流はしていないものの、ウチェ、ウスタリ、ケパといった新メンバーは参加している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

決まりました

2007年07月19日

ハジ率いるステアウア・ブカレスト移籍が合意直前で決裂したヘタフェDFプリードのアルメリア移籍が決定している。契約期間は3年。また、キャプテンのビバル・ドラドのバジャドリー移籍も同様に決定した。契約は1年契約で各シーズン25試合出場を果たした場合自動的に契約が延長されるとの事。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

そういう意味なのか

2007年07月14日

来季使用するユニホームのプレゼンテーションを行ったヘタフェ。その中で国王杯決勝進出を記念し、スポンサーに選手のサイン入りユニホームがはいった額が贈与された。その背番号はキャプテンビバル・ドラードの8番で、くしくもアンヘル・トーレス会長から初めてマスコミにむけて契約延長に達しなかったと知らされ、まるで遺影のようなものだと笑っていた記者陣の顔を凍りつかせていた。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ヘタフェの堂本剛です

2007年07月13日

Jipango_0707_0712.jpg


クラブ史上最高額の違約金で加入したアルゼンチン代表GKウスタリ

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

こちらも着々

2007年07月06日

カタ・ディエスとの合意、ウスタリとの順調な交渉とヨーロッパで戦うチームを監督の去就が未定ながらもしっかりと作り続けているヘタフェは攻撃ではセビージャのU-23スペイン代表FWケパと合意目前との事。

ケパはアスレティック・ビルバオ移籍が濃厚と見られていたが、バスク出身でないことからアスレティックの構想からはずれ、ヘタフェ移籍を決断したとの事。とはいえ、現時点では100%の状態ではないとの事で正式な発表はセビージャとの契約をしっかりと解消してからとなる。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

国王杯の借りを返す

2007年07月05日

セビージャ、ベティスも獲得を狙っていたアルゼンチン代表DFカタ・ディアスのヘタフェ入りが濃厚になった。カタの代理人ヘラルド・ノランが地元アルゼンチンラジオでコメントしており、ボカ・ジュニオールズとヘタフェの間で合意に達し、5年の契約を結ぶ予定。違約金は400万ユーロ。

また、ヘタフェはアボンダンシエリの後継者を探しており、バルセロナが興味を示しているインデペンディエンテの20歳GKウスタリとの交渉も順調に進めており、数日中にもヘタフェ移籍が発表される可能性があるとの事。ウスタリはドイツW杯で第3GKを務めているが、コパ・アメリカには怪我のため参加していない。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

仲良く参戦

2007年07月04日

ヘタフェが興味を示していたボカ・ジュニオールズのアルゼンチン代表DFカタにセビージャの2クラブ、セビージャ、ベティスが参戦している。ヘタフェは400万ドルのオファーを出しているが、セビージャはそれを上回る500万ドルのオファーを提示したとの事。

またベティスは、新監督就任濃厚なクーペルが獲得を望んでいることからセビージャを上回るオファーとEU外選手ながらも5年と長期のオファーを出すとの事。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

明と暗

2007年06月26日

喜びにわくセビージャメンバー

Zipango_070623_002.jpg

がっくり肩を落とすメンバーを励ますヘタフェサポーター

Zipango_070623_001.jpg

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

どっちだ?

2007年06月23日

セビージャか

Zipango_0705_013.jpg

それともヘタフェ

Zipango_0705_007.jpg

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

決勝にいないのが残念です

2007年06月22日

070401Getafe_Pato_005.jpg

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

あなたはどこへ?

2007年06月21日

070401Getafe_Schuster_007.jpg

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

頑張ります

2007年06月07日

ヘタフェのウルグアイ人MFアルビンは今季怪我がちだったため、満足のいくシーズンを送ることは出来なかったが、アンヘル・トーレス会長が来季の一番の補強になると声をかけてくれたことにとても光栄なこととクラブの最高責任者が信頼してくれたことに喜びと来季の活躍を誓っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

残留です

2007年06月01日

3角トレードでアトレティコ・マドリーに復帰したあとデポルティーボ・ラ・コルーニャへ移籍するといわれていたヘタフェFWマヌ・デ・ラ・モラルだが、アンヘル・トーレス会長、そして選手本人自身が、既に契約はヘタフェだけとなり、アトレティコに戻る義務もなく4年契約を全うすることを明らかにした。

アンヘル・トーレス会長はもしどこかのクラブがマヌ・デ・モラルを獲得したいというのであれば、アトレティコも例外なく違約金を払わなければいけないと話した。また、マヌも紙面に出ていることはうそだし、自分はヘタフェを気にっているし、来季ヨーロッパで戦いたいとコメント。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

すりかえている

2007年05月30日

激しい首位争いの中行われたバルセロナ対ヘタフェ戦。ヘタフェがレアル・マドリーの相棒としてバルセロナを苦しめているというキャンペーンをカタルーニャメディアが展開していることについて、ヘタフェDFパレーデスはそのキャンペーンを行っていることによってブラウグラナの危機的状態を地元マスコミがそらそうとしているものとコメントした。

ヘタフェDFパレーデス
「カタルーニャのマスコミは首位ではないチームの危機を何とかそらそうとしている。もしバルセロナが首位であったなら素晴らしいサッカーをしているだろうが、そうではないから、その話も出来ない。ヘタフェで結果を出せなかったから、チームの本当の姿ではなく他の話をしている。彼等のやっていることは分かっている。それがメディアの方法だし、カタルーニャのマスコミが話をそらすために使っていることも」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

どこにある?

2007年05月23日

ヘタフェMFマリオ・コテロはシーズン終盤での第3者からのボーナスについてはビン・ラディンのようなもので、ある(いる)のは分かっているが、誰もがその存在を確認できていないと説明している。

またイングランドのクラブからのオファーについても認めており、既に2月の時点で会長も知っていた話としたが、ヘタフェでのプレーに満足していること、今はシーズンを良い形で終えることに集中している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ずっと見ていてくれたから

2007年05月17日

ヘタフェDFアレクシスは来季バレンシアへ移籍することを自身の口から発表した。契約は6年になるとの事。移籍を決断した理由としてずっとラブコールを送ってくれていたこと。代表仲間であるアルビオル、シルバ、ガビランなどがいることをあげている。

またアレクシスは、ヘタフェのチームカラーとなっている他チーム移籍は自分だけでなく、素晴らしいシーズンを送っているカスケーロも可能性があると話したが、カスケーロは来季もヘタフェでプレーすることを宣言している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

明と暗

2007年05月11日

国王杯準決勝第2戦ヘタフェ対バルセロナは大方の予想を裏切り、ホームのヘタフェが4対0とバルセロナに圧勝し、逆転で決勝進出を決めている。コリセオ・アルフォンソ・ペレスはチームの決勝進出を意味するキャプテン、ビバル・ドラドの3点目となるヘディングゴールが決まると歓喜に包まれ、試合後もスタジアムには多くのファンが英雄たちに声をかける他、祝いの場であるシベリーナ広場に集まり、日付が変わっても愛するチームが起こした奇跡を喜んでいる。

試合後の両監督の記者会見は明暗はっきり分かれるもので、シュスター監督が監督として最高の夜になったと笑顔で話していたのをはじめ、記者、選手を含め会見場から喜びが感じられるものであったが、逆にライカールト監督は沈痛な表情を浮かべ、一番大きなダメージを受けた試合と話し、カタルーニャから訪れた記者からの公開裁判とも言える責任追及といった質問に答えていた。

動画はこちらでどうぞ

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

いいんじゃない

2007年05月05日

ヘタフェ監督シュスターは自身の後継として噂に上がっているラウドルップについて、「選手としてファンタジーをサッカーで見せてきたから、監督としてスペインのクラブを指揮する姿を見てみたいし、それがヘタフェだったら歓迎する」とまるで来季はヘタフェの監督を続けないかのような発言をしている。

また監督としての力量については何度か練習を見たそうで、モダンサッカーをベースにしたスピードとボールを使ったサッカーをするとのこと。またラウドルップが女性なら自分の彼女にすると冗談を飛ばしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

交渉中

2007年05月02日

バレンシアへの移籍が濃厚なアレクシス、サラゴサ移籍が濃厚なプリドとCBの補強が必要不可欠なヘタフェはラシン・サンタンデールのアルゼンチン人DFガライに注目しており、アンヘル・トーレス会長が2ヶ月交渉を続けているとのこと。

もしこの交渉が決裂した場合は、デポルティーボ・ラ・コルーニャDFフアンマを獲得候補に挙げている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

モラルを

2007年05月01日

ヘタフェのキャプテン、ベレンゲルはサポーターがレアル・ソシエダに対してセグンダコールをしたことに相手サポーター、選手に対する配慮をかけた行為と批判し、現実社会同様に自分がされて嫌なことは、相手にすべきものではないとスタジアムの中でも最低限のモラルを持つことを訴えている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

孫に自慢できる

2007年04月20日

ヘタフェのスイス人MFセレスティーニは国王杯対バルセロナ戦でメッシにマラドーナの5人抜きを再現されたものの、将来孫に結果はいわないものの、自分はメッシの対戦相手の一人としてピッチにたっていたと自慢できるとメッシのプレーを賞賛している。

また5対2と決勝進出が厳しい状況に追い込まれたが、チームが逆転できると信じさえすれば、1000の可能性が残されているとあきらめていない。またそのためには選手たちが全力を尽くすこと、サポーターの後押しが絶対に必要とサポーターに呼びかけている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

でたらめだ

2007年04月14日

ヘタフェ監督シュスターは母国ドイツのDPA通信が既にマドリーと仮契約を結んだと伝えたものの、状況は以前とまったく変わらぬもので、もし動きがあったら一番に話に飛びつくのは今自分に質問しているスペイン報道陣のはずで、遠くドイツの通信社のわけがないとでたらめであると否定している。

また来季のマドリー監督最有力候補に挙げられているとはいえ、シュスターは最後にはモウリーニョがベンチに座っている可能性が高いと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

理解に苦しむ

2007年04月07日

ヘタフェ監督シュスターは次節の対戦相手マジョルカへの移籍がうわさされているFWグイサにアトレティコやデポルティーボに行く訳でもなく、給料が3倍に上がるわけでないのであればヘタフェに残留するほうが選手としてよい選択であるとアドバイスしている。

また、マドリードについての質問については話さないより何が起きているのかをしっかり話すほうがよいことだし、サラゴサ戦後にGKセサルにマドリーで頑張ってと声をかけられたことも面白い冗談だと受け入れるようにしているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

話がなければ合意もない

2007年03月31日

来季のレアル・マドリー就任が噂されているヘタフェ監督シュスターはコンタクトがなければ合意もあるわけがないとマドリーとコンタクトをとったとの報道を否定。また両クラブの会長が顔をあわせたことは特に大きな意味を持つものではないと冷静でいることをコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

アトレティコだ

2007年03月17日

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスはレアル・マドリーらが招聘を検討しているシュスターの来季のチームとして新たにアトレティコの名前を挙げている。

アンヘル・トーレスはシュスターがアトレティコでプレーしていたこと、実力者であるヒル一家との関係が良好なこと、アギーレ監督の契約が今季終了後に切れることから、もしシュスターにアトレティコからの電話がかかれば自分たちはどうしようもないと説明。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

本気に思えない

2007年03月15日

ヘタフェのアンヘル・トーレス会長はレアル・マドリーがDFアレクシスに興味を示していると言われているが、他クラブはすでにオファーを出しているのに正式なオファーがないと話し本気で獲得を願っているとは思えないとコメントしている。

すでにアレクシスにはバレンシアが選手の譲渡も含んだオファーを出しており、キケ・サンチェス・フローレス、アルビオル、ガビランと同じ道を進む可能性が高くなっているが、アンヘル・トーレス会長は最後の決定は選手が決めるものと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

勝手に辞めさせないでくれ

2007年03月10日

今節の相手がシュスター退団後の監督候補といわれているマルセリーノについてシュスターは自分をそんなに早く追い出さないでくれと開口一番話した後、同じ哲学をマルセリーノはもっており、選手にとっても良い監督であるのは間違いないし、違いは髪の毛の長さと色だけだと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ロシアへ

2007年03月08日

ヘタフェのセルビア人FWパウノビッチのロシアリーグルビン・カサンへの移籍が正式にヘタフェの公式HPで発表された。よく言えばユーティリティープレーヤー、悪く言えば器用貧乏だったパウノビッチはマルベージャ、アトレティコ・マドリー、マジョルカ、テネリフェ、オビエド、ヘタフェと11年スペインで過ごしてきたがついにリーガに別れを告げている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

誰でもいいんだろう

2007年02月24日

来季のレアル・マドリー監督就任が噂されているヘタフェ監督シュスターだが、今のベルナベウはどの監督でもかまわないのだろうと毎日新聞紙面を騒がしている日替わりの監督候補についてコメント。

例え、明日監督になってくれとマドリーのサポーターは言ってもその次の日には出て行けといわれるわけでマドリーの監督になる事だけはとても簡単だと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

セビージャは強い

2007年02月23日

古巣セビージャと対決するヘタフェMFカスケーロはでマドリーもバルセロナも調子が良くなく、いつものような強さを発揮していないから、不調の波を抜けたセビージャはアトレティコ・マドリー戦のようなサッカーを続ければリーガタイトルを取る可能性を秘めているとエールを送っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

初めてだね

2007年02月17日

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスが来季もシュスターはヘタフェの監督を続けるとコメントした事を受け、シュスターは今年初めて会長が来季自分を他のクラブでなくヘタフェの監督と見てくれたと喜びを表した。現時点ではシュスターにはどこからのオファーも届いていない。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

光栄です

2007年02月16日

前節怪我のため欠場したヘタフェDFアレクシスは順調な回復を見せており、アスレティック・ビルバオ戦への出場の見込みが出てきている。また、バレンシアやレアル・マドリーといったビッグクラブが自分のプレーを評価してくれていることは光栄な事と話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

そろそろ考えてもいいかな

2007年02月13日

バレンシア戦でも再三の好セーブでチーム躍進の原動力となっているヘタフェのアルゼンチン代表GKアボンダンシエリは、プリメーラ残留ライン40まで残り勝ち点5のところにチームがいる事から個人的な見解としてモチベーションをあげるためにもチームには残留以上の目標、ヨーロッパ圏内入賞が必要だとコメント。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

問題ない

2007年02月10日

来季のレアル・マドリー監督就任が噂されているヘタフェ監督シュスターはマドリーのベンチで指揮を執る事に何の問題はないと話したもののハイと答えてもイイエと答えても正しい答えなどはないとのこと。

シュスターは全ての監督は小さなクラブから大きなクラブまでどこでも指揮が取る能力があると一般論で質問をかわしている。また監督去就については今は話す時期ではないと不快感を示しているが、すでにサブメンバーまで自分の中では構想があると冗談も飛ばしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

気にしていない

2007年02月02日

2007年好調のヘタフェの牽引者としてスペイン代表入りが噂されているMFカスケロは、「プリメーラでプレーしている全ての選手に代表に入る可能性はあるし、メンバーに選ばれることはとても光栄なことだが、自分はもちろんロッカールームのなかも特に代表について話していない」と特に気にしていない事を強調している。

カスケロはその理由としてヘタフェが代表に常時選手を送るクラブではないからと説明している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

子ども殴るよりマシだ

2007年01月17日

ヘタフェ監督シュスターは今週末のバルセロナ、レアル・マドリーの両監督の行動について家に帰ってから子どもを殴るよりはベンチのクリスタルを壊す方がましだと特に大きな関心を示していない。

シュスターはダービー戦で無様な試合を自チームがしたのであれば、監督としていらだつのは当然だと話し、監督の前に人だからしょうがないとコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

何も変っていない

2007年01月12日

レアル・マドリーのソシオでもアルヘタフェ会長アンヘル・トーレスはラモン・カルデロン会長が毎日新聞紙面を飾るように表に出過ぎで、は会長が代わってもレアル・マドリーは何も変っていないと批判。チームに問題があるのであればすぐに再選挙をすべきだとソシオとしての意見を述べている。

また、レアル・マドリー会長就任についてはヘタフェの会長をしていなければ喜んで就任したいが、ヘタフェで満足しており何の不満も無いとコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

だから駄目だ

2007年01月11日

ヘタフェMFナチョはコパ・デル・レイ対バレンシア戦でミゲルに対しスタンドから人種差別の野次が飛んだことに対したことを認めたものの、大多数は人種差別の野次を飛ばしてはおらず心無い一部から飛んだけどそれは差別の意味的でやったものではないと擁護している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

凄い記者会見

2007年01月04日

ヘタフェに入団したリトアニア人ベルパコブスキスの正式入団会見が3日行われたものの、ベルパコブスキスの母国語の通訳でなく英語で行われ、記者の質問に通訳が色をつけて返答する記者会見となっていた。

リーガの登録名がマリスとなったベルパコブスキスは、チームが上位につけるようにゴールを決めていきたいと意気込みを語っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

バルサを引っ張っているのは

2007年01月03日

いのししのあだ名を持つヘタフェDFパレデスはバルセロナを引っ張っているのはロナウジーニョでもなくエトーでもなくキャプテンのプジョールでもなく毎試合しっかり良いゲームを作るデコが真のバルセロナの牽引者であると評価。

そのデコを初めとしてヘタフェ戦では主要メンバーが出場しないものの、他のメンバーも一流選手がそろっていると話し警戒している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

誰がでようと関係ない

2007年01月02日

SOUSA
ヘタフェMFソウサは新年開幕戦となるバルセロナについてロナウジーニョ、デコなどが出場できなくてもバルセロナは素晴らしい選手がそろっており、自分たちが100%の力を出さなければ勝つことは出来ないとバルセロナの主要メンバー欠場がヘタフェにとって好材料になるわけではないとコメント。

また、ソウサは2007年の目標について監督の信頼を再び勝ち取り、先発に戻りチームに貢献することをあげている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

飲み物なら知っているが

2006年12月20日

得点力不足が謙虚なヘタフェは冬の移籍市場でポリ・エヒドのナイジェリア人FWサニー獲得に動いていると報道がされているものの、シュスターはその名前は飲み物名前でしか知らないと否定している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

リトアニア人FW

2006年12月14日

ヘタフェはディナモ・キエフからシーズン終了後までの半年間のレンタル移籍でリトアニア人FWベルパコブスキスを獲得。既にリトアニア人FWはマドリー入りし、チームと共に汗をかいているものの、メンバーは名前を呼ぶことが困難なためニックネームをつけることを考えている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

おじさんにいい話は来ない

2006年12月05日

チームを救うファインセーブを毎試合みせリーガ1の守備率を誇るアボンダンシエリは冬の移籍市場でチームを去るという噂をこの年でヨーロッパからいいオファーは届かないし、ヨーロッパでプレーしたいと言う自分の夢をかなえてくれたヘタフェに満足しているのでチームを去る気はないとコメント。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

テスト不合格

2006年12月02日

クリンスマンの勧めでヘタフェの入団テストを受けていたジンバブエFWングエンジャだが、最終テストのアトレティコ・マドリーCとの対戦でノーゴール結果を残すことが出来ず不合格を言い渡されている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

そりゃもちろんやる気が出るってもんですよ

2006年11月11日

副キャプテンを務めながらマジョルカから簡単に放出されたヘタフェDFコルテスは古巣との対戦にモチベーションはあがるし、ゴールを決めたら喜ばないでどうするのと笑顔を見せたが、前節サラゴサに負けている以上勝利が必要だと真剣にコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ミランからオファー

2006年11月08日

レアル・マドリー戦で決勝ゴールをあげたことにより俄然評価が高まっているヘタフェDFアレクシスにイタリアACミランが興味を示していることをアンヘル・トーレス会長が告白。ミランはアレクシスが16歳の時にも獲得を目指しており、今季終了後にレアル・マドリー、バレンシアが獲得に動くと噂されている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

実際そうだからね

2006年11月03日

プリメーラ昇格後、安定した成績を残し今シーズンもここまで6位とヨーロッパ圏内につけているヘタフェ。MFチェレスティーニはチームの目標がヨーロッパといっても自分は笑うことは出来ない。実際にそのポジションにつけているのだからとサポーターやマスコミはいくらでも夢を持つことが出来るとコメントしている。

とはいえチェレスティーニは選手はヨーロッパも残留争いも今は頭の中になく、目の前の試合を大事にしていくだけで来シーズンについては残り10節をきってからと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

見て行ったなら呼んでよ

2006年11月02日

ヘタフェDFプリドは前節のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦にスペイン代表監督ルイス・アラゴネスが訪れたことに触れて、ルイスは上位のチームよりもビッグクラブを見に行っているだろうし、自分たちのような小さなチームには興味は薄いだろうし抜擢するにはリスクを感じているだろうと批判とも擁護にも取れるコメントをしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

世界王者またきてね

2006年10月24日

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスはF1世界チャンピオンのフェルナンド・アロンソが再び始球式をコリセウムで行うことを期待している。スポンサーが共通していることからアンヘル・トーレス会長はアロンソのレースを全試合欠かさずチェックしてきたものの、1年を通して最高の瞬間である優勝を決めたブラジルGPを見逃している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

問題なくプレーできるよ

2006年10月18日

レアル・マドリーの選手がヘタフェ戦の敗因の言い訳に使っているヘタフェのホームスタジアム、コリセウム・アルフォンソ・ペレスの芝の状態についてもとレアル・マドリーDFパレーデスはお世辞にも良い芝とは言えないがプレーするには何の問題はないとただの言い訳に過ぎないとコメント。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

勝ち点を取ることが必要だ

2006年09月29日

ヘタフェMFセレスティーニはセビージャ、レアル・マドリーと強豪との対戦が続くものの、アスレティック・ビルバオ戦で失った2ポイントを取り戻すためにも気合を入れなおし勝ち点を取りにいかなければいけないとコメント。そのためには引き分けねらいの消極的な姿勢では相手に飲み込まれるので、難しい相手とはいえ勝ちを最初から狙いにいくプレーをしなければならないと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

今スペインでは論争となっています

2006年09月20日

相手選手が倒れた際にボールをタッチラインに出すか出さないかが現在スペインでは大きな論争となっており、その論争の一つとなったバレンシア対ヘタフェ戦(バレンシアの先制点はカスケロが倒れていたにもかかわらずプレーを続行してのもの)で当事者であったヘタフェMFカスケロはボールをタッチに出すのは相手が死なない限り無いことだろうねとサッカーが紳士のスポーツであるはずなのにバレンシアの選手はその気持ちを忘れたものだったと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

まだ始まったばかりだよ

2006年08月29日

プレシーズンマッチから1失点も許していないGKアボンダンシエリはオサスナとの開幕戦でもファインセーブを連発しチームを暫定首位に導く活躍を見せた。だが、アルゼンチン代表GKはリーガは始まったばかりで浮かれるのには早いとピシャリ。とはいえ、幸先のスタートを切れたことはチームにとってはとても大きいコメント。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

去年のようには行かない

2006年08月26日

ヘタフェ監督のシュスターは主力4人が抜けた今季は昨シーズンのような結果を出すことは難しいと判断しUEFA杯出場という周囲の期待とは裏腹にプリメーラ残留を目標に挙げている。また、残り僅かだが市場は開いており、新選手獲得を示唆している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

何のために選手は契約をするのか

2006年08月19日

ヘタフェ監督シュスターはFWグィサが家族がマドリーの生活になれない為生まれ故郷のクラブでプレーがしたいと退団希望とも取れる発言をしたことに対しクラブと選手は何のために契約をしているのか自問自答することがあると選手のプロ意識、契約があるにもかかわらず移籍が横行する現在のサッカー界にに疑問を投げかけている。

ヘタフェ監督シュスター
「だいぶ前から自問自答することがあるがそれは契約にサインをするということは何のためなのかということだ。新聞を読んでいると誰もが自由にチームを離れることが当然の権利と考えているように思えてしまう」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

シュスターの元でやれるのはうれしい

2006年08月17日

ドイツW杯でアルゼンチン代表の正GKを務めたアボンダンシエリは対話を大事にしチームを一つにまとめることの出来るシュスター監督の下でプレーできることはとても嬉しいことだしやりがいがあるとコメントしている。ちなみにリーガの登録名は名前が長いためパトで決定している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

チーム発表はデルビー

2006年08月11日

ヘタフェは8月19日に行われる新シーズンのチーム発表の際の対戦相手として同県内のアトレティコ・マドリーを選んだことを正式に発表。ヘタフェにはコントラ、パウノビッチを始めとしアトレティコ・マドリーでプレーした選手が多く、またアトレティコにもペルニア、ガビとヘタフェのユニホームに袖を通した選手がおり両者の中はとても友好なものとなっている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ヘタフェが邪魔だ

2006年08月09日

セビージャFWマククラの獲得を目指しているナスティックだが、デル・ニード会長がFW放出をしても1人だけと宣言しているところに、ここに来てヘタフェが同セビージャFWケパ獲得に乗り出したため交渉は難航し始めている。

とはいえヘタフェはデル・ニード会長の要求する違約金2500万ユーロをクリアすることができていない事とフアンデ・ラモスが同ユース選手を戦力に計算しているためナスティックにもわずかな希望は残っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

今はしょうがない

2006年07月26日

今季も10選手が新加入、そして昨シーズンの主力であったリキ、ペルニア、ディエゴ・リバスが移籍と毎シーズン選手の大幅入れ替えが行われているヘタフェだがキャプテンのビバル・ドラドは同じメンバーで続けられたらいいのだが限られた中でプリメーラを生き残っていくためにはしょうがないこと、クラブが力をつけるまでは我慢をしていく必要があると自身の契約延長の話はまだ決まっていないが、ヘタフェがプリメーラにしっかりと定着することを目標にプレーしていくと話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

あきらめていない

2006年07月21日

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスは今季の補強を占める最後の選手として昨季所属していたバレンシアのガビラン、レアル・マドリーのソルダード獲得を望んでいる。ソルダードにはセルタを始め多くの恋人がいるが、マドリー、選手が最終決定権をにぎっていると話し、同じマドリーにあることをメリットにヨーロッパを争うチームでないことをデメリットに上げている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

押し出された形で

2006年07月06日

ヘタフェはマジョルカの右サイドバック ダビド・コルテスを獲得したことを公式サイトで発表。マジョルカの副キャプテンを務めていたコルテスだが、同ポジションにベティスからバレラが加入したことと契約が来季一杯のため新チームを探すことになっていた。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

悩みの種のひとつが解消

2006年06月29日

3年連続のプリメーラ残留を目指すヘタフェのウィークポイントであったGKのポジションにアルゼンチン代表正GKアブボンダンシエリが加入することが濃厚に。両クラブの間での話し合いがまだだが、アブボンダンシエリが年齢的にもヨーロッパでプレーする最後のチャンスということ、ボカ・ジュニオールズとの契約ものこり1年ということもあり難しい話し合いにはならないだろうとアルゼンチンの守護神はコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

2年間延長

2006年06月27日

先シーズンアトレティコ・マドリーからヘタフェにレンタル移籍していたルーマニア人DFコントラの2年間の契約延長が濃厚に。アトレティコと1年契約が残っていたコントラだが、両者同意のもと契約を解除し、フリーとしてヘタフェと2年間の契約を結ぶ予定。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

大変だった

2006年06月16日

セグンダに落ちたマラガからヘタフェへの移籍が決まっているアレクシスは長年育った家ともいえるマラガを離れるのはつらい決断だが、ヘタフェを新しい家と考えるとコメントを残している。

マラガDFアレクシス
「我が家のようにかんじていたマラガを離れることは苦渋の決断だったけど、これからはヘタフェが第2の我が家だ。もしメディカルチェックで問題がなければヘタフェの一員になることになる。自分はデポル、バレンシア、セビージャからもオファーがあったけどヘタを選んだんだ。なぜなら代表仲間のアルビオルやガビラン、そしてアルベルト、グィサから進められたからね、。それにヘタは一番自分に興味を示してくれた選手だし、会長が一番に、そして監督が二番目に自分に声をかけてくれたから悪い気はしなかったよ。やるには全力を尽くすだけだで、センターバックが自分のポジションだけど監督からGKをやれといわれても喜んでやるよ」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

みんな出て行く?

2006年06月08日

ヘタフェFWのリキ、グィサ、パチョンの3名には他クラブからのオファーが届いており、条件次第では3人ともマドリーのクラブを退団する可能性が出てきている。

リキにはイングランドの複数のクラブを始め、ダビド・コルテスと3百万ユーロを提示してきたマジョルカ、昨季からラブコールを送り続けているデポルティーボ・ラ・コルーニャ、ルイス・ガルシアが移籍した場合の後釜として6百万ユーロを用意しているエスパニョールが、グィサにはレアル・ソシエダ、ラシン・サンタンデール、パチョンもこのまま出場機会に恵まれない状況が続けば他チームへ移籍すると言及している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ばかじゃないはず

2006年06月01日

05/06シーズンの成功をうけ、エスパニョール、サラゴサなどからラブコールを受けていたヘタフェ監督シュスターに新しくベティスもコンタクトを取り始めたものの、ヘタフェ会長のアンヘル・トーレスはシュスターが賢ければヘタフェで監督を率いてくことが一番だと理解しているはずと噂を一蹴している。

アンヘル・トーレス会長
「シュスターは2年の契約が残っている。今彼について多く話されていることはどれもこれも信憑性にかけるもので辟易している。彼は賢いからまだヘタフェを離れることはないだろう」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

呼ばれたらいく

2006年05月23日

ヘタフェ監督シュスターはレアル・マドリーから監督就任のオファーが来た場合、快く受け入れることを認めている。とはいえ、現時点では公式、非公式に関係なく連絡はないとのこと。

ヘタフェ監督シュスター
「今、マドリーから声がかかれば答えは"SI(はい)"だ。もうアンヘル・トーレス会長ともその点では話がついている。マドリー会長立候補者の1人、カルデロンが当選したときに自分を呼ぶ考えがあるのはわかっている。だが、今は彼とも話していないし、誰からも具体的な話をされたわけではない。

それとひとつ、サラゴサやエスパニョールを金銭の問題で拒否したと報道されているが理解に苦しむ。なぜなら誰も自分にコンタクト取ってきてないし、自分がこのチームはOK、あのチームはだめだなどという権限はない。両チームとも歴史のあるチームだから敬意をもって接しなければならない。ただ自分はお金ではなく、サッカーで勝利がしたいだけだ」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

力はある

2006年05月20日

シーズン開幕前は降格候補だったがふたを開けてみればヨーロッパに手が届く順位に落ちついたリーガ2年生のヘタフェ。FWパウノビッチはチームが昨シーズンの数字を超えたときにリラックスしなければヨーロッパも可能だったとコメントしている。

ヘタフェFWパウノビッチ
「昨シーズンの結果よりもいい数字を残せたのは奇跡でもなんでもない正当な結果だ。自分たちに足りないのは上位との対戦でも勝つという自信だと思うよ。なぜなら昨シーズンの数字を越えたときにチームは安心してしまったからね。

だから自分たち自身を信じ、本気でヨーロッパを望むなら、きっとヨーロッパも不可能はなしではないと思う。今シーズンヘタフェを完全に打ち負かしたチームはそんなにないし、やれるという力をある時期はもっていた。けど、ヘタフェがここまでの成績を残せたのは当然と浮かれないことが大事だよ」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

来季も変わらないなら

2006年05月16日

ヘタフェプリメーラ昇格の英雄パチョンだが,今季は開幕前の怪我が影響し出場機会に恵まれなかったため、来季も今と変わらない状態ならば自分にとってもクラブにとってもいいことではないと再起を誓っている。

ヘタフェFWパチョン
「クラブとしてはヨーロッパまで後一歩と小さなクラブにしたら出来すぎだったけどね。
個人的には今季は決していいシーズンとはいえなかったね。あまり出場機会に恵まれなかったしね。怪我の影響から中々信頼を勝ち取ることは出来なかった。自分がプレーできない間に他のFWが結果を出してたからしょうがないけどもっとできると思っていた。

自分はチームと2年契約が残っているけど、来季もこんな状況でいることは望んでいない。今季のような状況ならチームにとっても自分にとっても好ましいものではない。とにかく落ち着いて話し合いをして問題を解決することが一番だね。だからといって他チームのオファーを聞くとかじゃないよ。今はとにかく来季に備えてゆっくりと休養を取ることが大事だと考えてるよ」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

有名どころです

2006年05月06日

シュスター監督が狙われているヘタフェは後釜としてウーゴ・サンチェス、ミカエル・ラウドルップの元レアル・マドリーのスターをピックアップした模様。両者ともリーガで指揮を執ることを希望しているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

狙われている

2006年05月05日

予想以上の好成績を挙げているヘタフェには他クラブから熱い視線が送られており、リキ、ディエゴ・リバスを始め何名かが補強リストに挙がっている。その中でも一番視線が注がれているのが監督のシュスターでレアル・マドリーの会長選の結果次第ではメレンゲのベンチで指揮を取る可能性も大きいとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

補強リスト

2006年04月20日

残留ではなくUEFA杯出場の可能性がでてきたマドリー第3のチームヘタフェが来季の補強リストとして20名の名前を挙げていることが判明している。

既に加入が決まっているのはペルニアのアトレティコ・マドリー移籍との関連でアトレティコFWマヌ・デ・モラルだけだが、その他にもFWの補強としてレアル・マドリーのソルダード,マジョルカのブラウリオらの名前も挙がっている。

ヘタフェは来季の一番の補強ポジションとしてGKを上げバジャドリーのアルゼンチン人ビッサーリ、デポルティーボ・ラ・コルーニャのモリーナ獲得を目指しているが、その他にレアル・マドリー ディエゴ・ロペス、サラゴサ バルブエナもリストにあげている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

特等席だね

2006年04月18日

getafe gente.jpg
以前はゴール裏の丘に登れば只見が出来たヘタフェのスタジアムだったが、壁が出来たことでレアル・マドリーとのマドリーダービーでは多くのサポーターが登って観戦。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

一ソシオとしてだ

2006年04月15日

元レアル・マドリー会長フロレンティーノ・ペレス氏に対する自身の発言がレアル・マドリーの公式HPで侮辱ものの発言と発表されたことにヘタフェのアンヘル・トーレス会長はヘタフェの会長としてでなく、マドリーソシオナンバー30648番である一ソシオの発言で侮辱した発言ではないとコメント。

ヘタフェ会長アンヘル・トーレス
「マドリーのソシオとしての意見を持っていて、ダービーの前にちょうどそれが書かれただけのことで、レアル・マドリーに対して敬意を払っているし、過小評価をしているわけではない。この発言に同意するかしないかの話で、怒らせる類の話ではないはず。

自分はマドリーに対して侮辱的な発言をしていないはずだし、全ては逆の話で、マドリーのここ3年間の置かれている状況を話しただけだ。軽率な発言だったかもしれないが、マドリーが自分の発言を重く取るとは思わない。なぜならマドリーには8万から9万のソシオがいて、一人一人の意見に対処していたら毎日公式発表されることになるだろう。誰もが間違いを犯すものだし、自分は全ての意見を尊重している。

フェルナンド・マルティン会長と話すときに自分の考えをしっかりと伝えるつもりだ。自分はこの件で試合を因縁めかせることを望んではいない」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

次こそは

2006年04月13日

ヘタフェFWリキは次節レアル・マドリーと行われるマドリーダービーでの勝利をヘタフェに残された課題と話し、前半戦サンティアゴ・ベルナベウでマドリーを圧倒しながらも勝利できなかった雪辱をはらすことを望んでいる。

ヘタフェFWリキ
「マドリーに勝つことはヘタフェに残された大事な課題だ。ダービーは決勝戦と同じ気持ちで戦わなければならないし、勝ち点を重ね上位に進出するためにも良いプレーをしなければならない。ロナウドが出れないことはヘタフェにとって有利なことだが、マドリーはラウール、カッサーノブラジル人FW同様に素晴らしい選手がいるので油断は出来ない。得点を決めることはどのチームからでもうれしいことだが、古巣からの得点は自分にとって特別なものだし、ヘタフェにとって大きなゴールになるだろう」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

やっぱりそこが鍵ですか

2006年04月12日

来季の選手補強として6月にバジャドリーと契約の切れるMFダビド・ソウサをあげているカディスだが、ソウサ側はプリメーラでのプレーを希望しており、セグンダ降格が高い現状がネックとなっているため可能性が低いと同様に獲得を目指しているヘタフェ、オサスナとの争奪戦から後れを取っている。

ダビド・ソウサ代理人マヌエル・ガルシア氏
「現状から正直に話すとヘタフェ、オサスナが自分たちの候補だ。カディスもひとつの選択肢だったが、プリメーラ残留が厳しい状況では可能性は残念ながら少ない」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

その判断は間違いじゃないよ

2006年04月06日

来週月曜日に行われる代表合宿に同僚のリキ,ガビランが招集される可能性があることを知らされたヘタフェMFアルベルトは彼らを招集することが間違いだなんてルイス・アラゴネス代表監督が言われることはないとチーム初の代表選手誕生を楽しみにしている。また古巣マラガに対しては力はあるのに降格しないためにいろいろと物事を複雑に考えすぎて逆に上手く行ってないと分析している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

冷静に考えよう

2006年04月05日

2シーズン目の今季も残留が濃厚なヘタフェ。次なる目標はヨーロッパリーグ出場だが、DFペルニアは現在の勝ち点ではヨーロッパは難しいと冷静に判断し、浮かれあがる周囲に釘を刺している。

ヘタフェDFペルニア
「今自分たちが持っている勝ち点ではヨーロッパを目指すのには十分なものではないし、チームはヨーロッパを目指して勝ち点を稼いできたわけじゃない」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

4ヶ月

2006年03月31日

デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で肩を負傷したヘタフェMFセレスティーニ。30日信頼をおく医師団のいるリヨンで無事手術は成功したものの復帰には4ヶ月かかる模様。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

あまりしゃべらないで

2006年03月30日

アンヘル・トーレス会長が5人の選手と既に契約をしたとまだ残留が確定していない状態で発表したことに対しヘタフェの選手たちは今季で契約が切れる選手たちに対しての配慮が欠けていると会長のリップサービスに不信感を表している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ヨーロッパも戦える

2006年03月14日

グィサにかわり先発出場を果たし2戦3得点と結果を残し、チームを残留に近づけたセルビア・モンテネグロ人FWパウノビッチはチームの勝利はもちろん、ゴールを決めることが出来幸せだと率直に話しているものの、まだまだうまくなる必要があると自分に厳しく当たっている。また、次節デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦に勝利すればヨーロッパリーグをを目指すことも夢ではないし、チームは戦える力を持っていると息巻いている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

うちで引き取りますよ

2006年02月25日

ヘタフェのアンヘル・トーレス会長はバレンシア戦を利用し、現在バレンシアからレンタル移籍中のガビランの来シーズンのレンタル延長、もしくは獲得交渉をするとのこと。

バレンシアに復帰したとしてもビセンテ、レゲイロと同ポジションに強力なライバルがいるガビラン。ガビラン自身、バレンシアでプレーできない場合、一番に考えるのは自分をプリメーラの選手として育ててくれているヘタフェと公言していることから、今回の交渉で少なくとも来シーズンのレンタル延長の確約をアンヘル・トーレス会長は望んでいる。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

1ヶ月前に決まっていた

2006年02月21日

帰化申請が終了しだいスペイン代表入りが期待されているヘタフェのアルゼンチン人DFペルニアの来期からのアトレティコ・マドリーへの移籍は1ヶ月前にマドリー近郊のレストランで結ばれていたことが判明した。両クラブともこの事実を隠すつもりはなかったものの、情報が予想以上に露出してしまったため、前節の対戦も絡み事が緊張感のあるものになってしまったとのこと。

契約期間は4年にオプションとして1年の延長があり、違約金は420万ユーロ。またヘタフェはアトレティコから3人の選手獲得の権利を得ている。ペルニアの加入により左サイドバックに代表クラスが2人になるアトレティコだが、アントニオ・ロペスが中盤も出来ることから両者の併用も考えに入れているとの事。また、。アントニオ・ロペスが中盤でプレーする場合はペトロフはより高い位置でプレーすることになる。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

監督はしない

2006年02月09日

ヘタフェの最年長プレーヤーFWジカは前節対アラベス戦をスタンドから観戦したとき、シーズン終了を待つことなく引退する事を考えたと告白。また、引退後は決して監督業をやる事は無いと宣言。

ヘタフェFWジカ
「自分自身今シーズンもっとプレーする機会があると思って契約を延長した。だけど今のところ思っていたとおりの出場時間からはかけはなれてしまっている。だから日曜日にスタンドから試合を観戦した時には全てを終わりにしようかなって考えてしまった。こんな事はサッカー人生の中で初めての事だったよ。だから6月には絶対引退するよ。

引退後は監督業をやるつもりはない。何故なら自分は試合に出れずに苦しんだ経験があるから、それを自分の仲間に自分の手で押し付ける事を考えるとできないよ。それに自分自身その決定をするために寝れない夜を過ごすの嫌だから」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

お前何してんだ

2006年01月26日

対エスパニョール戦のFK、対バルセロナ戦のボレーシュートを決めDFで最多得点を決めスペイン国籍を獲得次第代表入りが噂されているヘタフェのアルゼンチン人左サイドバック ペルニアについて父親のビセンテ・ペルニアは「スペイン代表のユニホームを着て息子がプレーをするのを見るのはとても誇らしいこと」と自身が果たすことの出来なかった代表でのプレーを息子に期待している。

ボカ・ジュニアーズの名プレーヤーだったビセンテ・ペルニア“エル・タノ”。ボカで3回のリーガ王者、2回のカップ戦王者に輝いたものの当時のアルゼンチン代表監督であったメノッティから召集されることはなかった。だからこそ息子には代表でプレーして欲しいと言う気持ちは強く「自分たちの祖父たちがスペイン人だったから我々にはスペイン人の血が流れている。今はドキュメントが届くのを待っている状態だが、マリアーノはプレーをする力を持っている。自分よりもいい選手だ」と太鼓判を押している。

また、今季ファインゴールを連発している息子のプレーに一挙手一投足とのことでバルセロナ戦の中盤からのパスをエリア外から決めたシュートに関して「ここで息子に回ればチャンスだと考えていてそのとおりにパスが来た。トラップしても十分余裕があったからするだろうと思っていたらダイレクトでシュートを放ったものだから、気が狂ったのかと叫んだけどボールは見事にネットに突き刺さっていた」と笑いながら息子のプレーを分析。

また、ファインゴールを続いてることに関しビセンテ・ペルニアは「決して偶然で決まっているわけではない。マリアーノは何千何万回と練習を繰り返しあのようなプレーが出来るようになった」とコメントしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

来期は大丈夫?

2006年01月25日

ヘタフェの躍進を支えるアルゼンチンDFペルニアの来期のバレンシア移籍が濃厚となっている。移籍金は400万ユーロでヘタフェはバレンシアから見返りとして現在レンタル移籍中のガビランの完全移籍、左サイドバック ホセ・エンリケの獲得を要求しているとの事。

また攻撃の柱となっているFWリキにはイタリア セリエAのパルマが600万ユーロで獲得に動いているとの事。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

選手だけでなく

2006年01月08日

アトレティコ・マドリーからは昨シーズンのガビを初め、今シーズンもナノ、コントラをレンタルで獲得と良好な関係を築いているマドリー第3のクラブヘタフェだが、アトレティコ・マドリーGMトニ・ムニョスを同ポストに迎える事を検討していると噂されている。

2007年までアトレティコとの契約があるトニ・ムニョスだが、今季ヨーロッパリーグ出場のノルマを果たせなかった場合契約解除の条項が含まれている。クラブはノルマを達成できなくても契約延長を提示するといわれているが、ヘタフェもトニ・ムニョス獲得に興味を示している。

選手のセッションなどで頻繁に連絡を取っているヘタフェのアンヘル・トーレス会長とトニ・ムニョスGMは良好な関係を築いており、同GMもヘタフェで仕事をすることに興味を持っていることから、話が具体化した場合とんとん拍子で決まる可能性を秘めている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

これだけ話が来ています

2006年01月04日

出場機会を求め移籍を希望しているレアル・マドリーDFメヒアはクラブに対しリーガのクラブだけではなくイタリア、イングランドからもオファーが来ていることを伝えており、クラブも数日中にユース出身選手の将来を決定するとの事。

代理人のフアン・アシア氏はメヒアの心はマドリーで一杯だが、その気持ち以上にサッカー選手として成長するために他クラブでのプレーを希望し、今はフィールドにたつことしか考えていないと選手の現在の心境を打ち明けている。

移籍先の有力候補として上がっているのが同じマドリーにあるヘタフェ。シーズン開幕前からラブコールを送っていることや、フロレンティーノ・ペレスマドリー会長がアンヘル・トーレス会長に選手の供給を約束していることから本命視されている。とはいえ、ここにきてイタリア、イングランドのクラブからもオファーが届いており今後の動きが注目される。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

2009年

2005年12月31日

今季5ゴールとチーム得点王の活躍を見せているFWリキと2009年までの契約延長で合意したとアンヘル・トーレス会長が公式に発表。

他のクラブがリキに興味を示していたが、先月約束したとおりに2009年までの契約延長で合意に達したとアンヘル・トーレス会長は発表。とはいえ、ビッグクラブからのオファーがあり違約金を全額払う場合には選手のためにも譲渡も止む無しというスタンスは変わっていない。また、アンヘル・トーレス会長は冬の補強として外国人選手と交渉しており、成立間近であることも名言。

ヘタフェFWリキ
「練習、試合に出て毎日サッカー選手として上達して行きたい。自分にはまだ覚えることがたくさんあるからね。上昇志向が自分は強いんだ。ヘタフェとの契約延長は望んでいたことだよ。他のクラブに移籍しても今のようにプレーが出来る保障はないからね。だから、とても満足しているよ」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

16歳以下はタダ

2005年12月27日

ヘタフェとマドリー.jpg1月4日に国王杯でエスパニョールと対戦するヘタフェは1月6日がレイジェス・マーゴス(東方の三賢人がイエス・キリストの誕生のお祝いとして訪れた日とされスペインでは子供たちがプレゼントをもらう日)ということで16歳以下の子供へのスタジアム無料開放(満員になり次第終了)を決めている。

いつもはスタジアム裏手にある丘の上からこっそりと見ている子供たちもこの日ばかりは堂々とスタジアムで選手を応援することができそうだ。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

2年延長

2005年12月15日

開幕ダッシュに成功したことから古巣アトレティコ・マドリーなどが来シーズン監督のオファーを出すのではと言われていたヘタフェ監督シュスターだが、14日、2008年までの契約延長にクラブと合意したとアンヘル・トーレス会長が発表。

アンヘル・トーレス会長
「この5ヶ月の働きを見てシュスター監督の契約を2年間延長することを決定しました。開幕のような勢いが無いとはいえとても満足しています」


ヘタフェ監督シュスター
「これ以上望むことはない。クラブともメンバーとも気持ちよく仕事が出来ている。クラブが自分の仕事に満足してくれているなら、全てが上手くいくだけで契約更新も驚くべき事柄ではない。自分が幸せなら他人の芝を見る必要も無い。しかもマドリーと言う大きな都市で仕事ができることのほかに、ヘタフェが描いているビッグプランを完成させることが自分の考えでもある」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

昇格の英雄にチャンス

2005年12月09日

2年前の冬の移籍市場でバジャドリーから当時セグンダのヘタフェに移籍しゴールを量産し昇格の英雄となったパチョン。今シーズンは昨シーズンの怪我の影響とグィサの加入から出場時間は少ないものの、次節ラシン戦で先発する可能性が出てきている。

また、チームを離れていたコントラ、パウノビッチだが前者は合流を果たしたものの、後者は依然チームを離れ別メニューで練習を消化している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

自分たちのせいじゃない

2005年12月06日

対レアル・マドリー戦、試合には負けたものの内容では圧倒していたヘタフェ。その直後マドリーはルシェンブルゴを解任したが、それはヘタフェ戦が決定的なものではないと選手たちはコメント。

ペルニア
「監督が代わるときは一試合の結果だけでなく、長いスパンの積み重ねを判断してのものだと思う。チームが不調にあえいでいれば監督解任はあるもの。自分たちにとってはリーガの1試合である以上に意味はないし、負けたことにくいが残っている」

ベレンゲル
「何故自分たちがマドリーの監督交代の責任を持つのだろうか。自分たちは自分たちの試合をしただけのこと。ルシェンブルゴの辞任については自分たちが関与する必要はない。それぞれのクラブが自分たちで内情を解決しなければならない」

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

Aのジダンが移籍?

2005年11月26日

一部サポーターからその容姿から俺たちのジダンと呼ばれているコルサ。ビアンチの元出場機会はおろかメンバーに入ることも少なく、出場機会を求め移籍も考えているとの事。

第4節対レアル・ソシエダ戦以降プレー機会を与えられていないコルサ。リーグ戦は2試合のみの出場で監督の構想外にいる。そのコルサにはイングランドのクラブがプレシーズンマッチの出来から興味を示しており、多くのスペイン人がプレーしているプレミアリーグへの移籍を検討している。

また、同様にビアンチの構想外となり未だ試合出場を果たしていない右サイドバックのモリネロにはシーズン前からラブコールを送っているシュスター率いるヘタフェが獲得に名乗りを上げている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

世界王者がやってくる

2005年11月23日

20050911Getafe_vsABilbao_0106.jpg第13節ヘタフェ対マラガ戦の始球式にF1世界王者に輝いたフェルナンド・アロンソが登場することが正式に決定した。アンヘル・トーレス会長は「F1世界王者が最初に訪れるスタジアムにコリセウム・アルフォンソ・ペレスがなることはクラブにとって歴史的な出来事」と世界王者の登場を歓迎している。

ヘタフェの胸スポンサーPSG(スペインの不動産会社:パリ・サンジェルマンとは関係ない)がフェルナンド・アロンソが搭乗するルノーのスポンサーもかねていることから今回実現。昨シーズンも対レアル・マドリー戦での始球式をお願いしていたものの日程の都合がつかず断念していたが、2年越しの思いがかなった。

アンヘル・トーレス会長は「きっとクラブのことは良く知らないだろうが、彼が若く、0からスタートさせ成功を勝ち取り、青い熱狂(ルノーのチームカラー)の後押しを受けていることは昨年プリメーラに昇格し、スタジアムを青く染めたサポーターに応援されているヘタフェと共通しているといえる。もちろんサプライズを用意しているよ」とコメント。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

行けるものなら行きたいよ

2005年11月12日

水曜日のコパ・デル・レイ対ジェイダ戦でハットトリックを決めたパウノビッチ。母国セルビア・モンテネグロ代表としてW杯ドイツ大会出場を夢見ている。

アンヘル・トーレス会長の2年越しのラブコールを受けてヘタフェに移籍したパウノビッチだったが、ここまで先発と控えの間を行ったり来たりという状態が続く期待以下の働きであったが、コパ・デル・レイ対ジェイダ戦でハットトリックを達成し1アシストとチームのゴールに絡むプレーを見せ復調の兆しを見せてきた。

また、パウノビッチは「W杯に行くためにはチームでの活躍、主軸になることが絶対条件だ。もちろん、チャンスがあれば代表に選ばれたいといつも思っている。だけど今はチームで結果を残すことだけに集中している」とクラブでの活躍が認められれば代表入りの道が開けると語っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

来期は隣のチーム?

2005年11月09日

現在3連敗中とはいえヨーロッパ圏内を狙える位置にいるヘタフェ。今シーズン開幕前、バレンシアにキケ・サンチェス・フローレスが引き抜かれたのに続き、シュスター監督にも引き抜きの噂が立たず、監督自身も古巣アトレティコ・マドリーからオファーがあれば喜んではせ参じると地元ラジオのインタビューに答えている。

アトレティコの選手として91/92シーズンにコパ・デル・レイを獲得しているシュスターは「選手としてすばらしい時を過ごせたので私は自分をコルチョネロ(アトレティコ・マドリーの愛称)だと思っている。アトレティコが望む監督像に自分が適し、オファーがあるのであれば喜んでいきたいと思っている。ただ自分は今ヘタフェにとても満足しているし、この話は自分ひとりでどうにかできる話ではない。」といつの日かアトレティコの指揮を執りたいと心境を吐露している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

奴らはサッカーマシーン

2005年11月05日

2連敗をしているとはいえ、やっているサッカーの内容自体は首位にいたとき同様悪くないヘタフェは今週末にバルセロナをホームに迎えるが、シュスター監督は「バルセロナは「機械のような正確で早い攻撃を仕掛けてきて他のリーガのクラブより抜け出ている」とバルセロナの強さを認めている。

またシュスターはバルセロナとの対戦で大事なのは「シャビに代表される選手に考える時間を与えないこと」と前線のロナウジーニョ、エトー、ジュリにつながる前に中盤を抑えなければならないと分析し、ただ守るのではなく恐れず前からアグレッシブにプレーすることが出来るかどうかが勝敗の別れを決めると考えている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com